大洋ボート

ファーゴ(1996/アメリカ)

ファーゴ (ベストヒット・セレクション) [DVD]ファーゴ (ベストヒット・セレクション) [DVD]
(2007/11/21)
フランシス・マクドーマンド

商品詳細を見る

  完成度の高い作品だ。偽装誘拐にからむ連続殺人事件とそれを捜査する女性刑事フランシス・マクドーマンドの活躍が描かれるが、見終わったあと強く印象に残るのは主役のマクドーマンド。そろそろベテランの領域の入ったかという手馴れようで捜査をするが、とくに映画の刑事にありがちな超人的な働きをするのではない。セオリーどおりに堅実に進めるのだが、その微笑を浮かべた明るさと余裕が、なんともいえないいい空気をふりまく。彼女は妊娠中で体の動きはやや重いが、それを苦にするどころか幸福感に満ちている。血なまぐさい事件捜査に翻弄されるどころか、その対照でかえって幸福感が見る者に浮かび上がってくるのだ。雪深いミネソタ州の景色さえも好ましい鮮やかさに映るほどだ。

  自動車販売会社の幹部が一攫千金を画策する。最初は土地購入の話を義父(男の会社社長)に持ちかけるが断られ、それならばと、共犯者をスカウトして妻の偽装誘拐を企てるのだ。実際に妻を共犯者に誘拐させて身代金を要求させる。男の出せる金額の金ではないから、当然義父は娘のためにその金を出すだろうという魂胆だ。勿論警察には秘密にする。冒頭は、男が共犯者の二人組の要求どおりレッカー車に新車をつないで待ち合わせの場所に運ぶ場面だが、ここではやくも両者のあいだに齟齬が生じる。待ち合わせの時間に遅れたのだが、これは両者の仲介者がいいかげんな連絡をしたからだ。象徴的な場面だ。つまりこの犯罪者のグループはひとりひとりがてんでばらばらで連絡が不徹底で協調性もなく、そのために予想外の事態に出会うことで足がつくのを早めてしまうことになる。その前兆がここで描かれるのだ。新車に登録ナンバープレートが付けられていないのも、男が自分の会社から闇雲に盗んだからだろう。やがてその車に誘拐した妻を乗せての逃走中に検問に引っかかることになる。

  悪とは何だろうか。この映画の場合は、自分の欲望を優先すること以外に何も興味をもたない、何も見えないということだろうか。共犯者ひとりひとりが他のメンバーを利用しようとする。あわよくば分け前を独占しようと狙っている。そして、他のだれもが自分と同じ考えを持っているのではないかと恐怖と疑心に駆られるので、反逆の兆しがあればたちまち亡き者にしようとする。信頼関係など微塵もない。刹那的で、病的な自己過信に支配されている。最初は、他のメンバーが自分の都合のいいように動いてくれると勝手に思い込んでいる。そこに少しでもひび割れが生じれば、そう受け取れば、たちまち粗暴化する。そんなところだろうか。この映画は、それぞれの立場、つまり自動車会社の男、二人組、それに義父からの、ひとつの事件への関わりと経過を丹念に追っていく。義父は悪人とはいえないが、吝嗇家で大金を出し惜しみするという点で、強い焦りがある。マクドーマンドの捜査の手が伸びることもあるが、書いたようなことがあって、彼らはおおむね自滅の過程をたどる。

  こうした悪人の群れに比較して、女性刑事フランシス・マクドーマンドは分不相応な欲望はなく、それで十分満足している。普通の生活に根っこをはって楽しんでいる。やさしい夫が傍にいる。やがて新たな命が生まれつつある。やはり警察勤務らしい夫が趣味でやっている図案が3セント切手に採用された。小額の切手だから使用料も(著作権料?)も大したことはないだろう。それでも満足、めでたい。格別に収入が多くなくても安定した生活がある。それを繰り返すことの満足感がマクドーマンドはよく表現しえている。楽チンではない生活ではあるだろうが、羽のような軽々した、さわやかさが残る。ちなみに同じくコーエン兄弟の近作の『ノーカントリー』も同じような構成の犯罪映画であるが、犯人のハビエル・バルデムがあまりにも怪物的で、少し異質だ。
★★★★★
関連記事
スポンサーサイト
    01:07 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/347-2a814c61
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク