大洋ボート

ターミネーター(1986/アメリカ)

ターミネーター [DVD]ターミネーター [DVD]
(2008/10/16)
アーノルド・シュワルツェネッガーマイケル・ビーン

商品詳細を見る

  アーノルド・シュワルツェネッガーが最強のロボットを演じる。人間とまったく同じ外観をしているが、頑丈で精巧なコンピューターシステムによって制御されている。彼の役目は過去の世界にタイムスリップして、人間のリーダーとなっている男の母リンダ・ハミルトンを殺害すること。未来では、コンピューターシステムが暴走して核戦争が勃発してのち、生き残った人間とシステムとの間でなお戦争がつづいていた。それならば過去にさかのぼって、リーダーが生まれる前の母にあたる人間を殺害してしまえば、リーダーも自動的に消滅するというわけだ。また時を同じくして、人間の側からも母に当たる女性を救出すべくマイケル・ビーンがタイムスリップしてきた。かくして「現在」において、警察をも巻きこんだシュワルツェネッガーとマイケル・ビーン、リンダ・ハミルトンのアクション満載の闘争が繰り広げられる。

  ロボットは人間ではないから感情を持たない。ひるむことも恐怖心を持つこともない。殺人という目的に向かって、ひたすら突き進んでいく。それを人間が演じることがおもしろい。感情を持たない、こわがらない、また逆に冷酷に見えても冷酷ということでもない。人間から見れば途方もなく強いが、相手が弱いという認識も多分ないのだ。そういう人間でない人間を人間が演じるのだが、シュワルツェネッガーはときには「人間的表情」を垣間見せてユーモアもあり、なかなか堂に入ったものだ。

  腕が負傷すれば血にまみれる。その下には金属製のパイプがうごめく。目を負傷して眼球が壊れればそのままで、サングラスをして隠すだけ。なんともとぼけた味わいがある。乗ったトラックが炎上してどうなることかと思ったら、人間の外観はすっかり消失してしまって、剥き出しのロボットシステムとなってなおリンダ・ハミルトンにおそいかかる。いやあ、満喫。

  シュワルツネッガーは悪役だが憎めない。最後は、映画として勧善懲悪を実現させるため彼も滅ぼされるが、これがまた見ものだ。人間ではなく(操作はするが)機械よりも強い機械、大型のプレスにはさまれて最後を遂げる。私が見たジェームズ・キャメロン監督作品のなかでは一番の秀作。
★★★★

関連記事
スポンサーサイト
    23:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/345-a186b791
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク