大洋ボート

ブラック・レイン(1989/アメリカ)

ブラック・レイン [DVD]ブラック・レイン [DVD]
(2006/04/21)
マイケル・ダグラス高倉健

商品詳細を見る

 公開から何年かのちにテレビで見た記憶があるが、そのときは日本人俳優の地位もここまで上昇したのかと、気をよくした。高倉健や松田優作がマイケル・ダグラスやアンディ・ガルシアとがっぷり四つに組んでいると見えた。また、大阪のようなたいして特徴のない都会にまでハリウッド映画がわざわざロケに来ることも嬉しいことだった。バブル全盛期のときで、日本の国際的地位もひときわアップしたのかもしれない。そういう周辺的な事情に幻惑されたのかもしれない、かつて見たときは小気味のいいアクション映画という印象を持ったが、今見るとそれほどでもない。駄作ではないが、今後どれだけ鮮度を保って、数あるアクション映画のなかで歴史に刻み込まれるか、微妙なところではないか。

 俳優人のなかでは松田優作が目だっている。はじめての悪役挑戦だったが、大成功だ。セリフが少ないわりに、ここまで存在感を出せたのは立派だ。彼のそれまでの作品を知らなくてもその好演ぶりは納得できるだろう。それまでの主演作品で形成されたイメージを彼自身があっさりとぶちこわして「この映画では悪役」と割り切ったのがよかった。悪役とは、「悪」にたいする理屈抜きの意欲ではないか、それをおしえられた気がする。映画の撮影中、すでに彼のなかで癌が進行中で、撮影終了後まもなく、松田は帰らぬ人となった。

 マイケル・ダグラスや高倉健はまあまあか。彼らの出演作品では他にもっとよいものがあるだろう。彼等二人がいっしょにうどんを食べる場面が二回あるが、二回目に、高倉がマイケルの箸の使い方を見て「うまくなったね」と褒める。くつろいだ気分がでていた。
★★★

関連記事
スポンサーサイト
    23:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/333-e0d0ec79
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク