大洋ボート

墓参り

 昨日は、父の墓参りに行った。私はズボラで行ったり行かなかったりだが、母は春の彼岸と盆には休むことなくお参りをしている。だが母も八十代半ばの高齢で足腰がかなり弱ってきて歩行が困難になった。まだ車椅子を使用するには至っていないが、長い距離の歩行は不可能になった。そこで私が軽四トラックに母を乗せて墓地まで直行した。バス停、駅、墓地、この間の歩行をしなくて済む。

 それでも、墓地は山林を切り開いて作られたので平地ではなく、要所に階段がある。事務所・販売所のある頂上までは車で直行できるが、そこからは階段をとおらなければ父の墓までは行けない。幸いに階段に手すりが敷設されていたので、それをたよりにして、母はゆっくりゆっくりと上り下りすることができた。その様子を見て、母はこれからあと何回この場所へ来ることができるのかなあと、思わないではなかった。私が背負ってあの階段を上り下りすることも想像しなければならなくなった。

 季節柄、墓地は賑わっていた。墓石に水をかけ、花かざしに溜まった雨水と塵をきれいにし、両手を合わせて父の墓石を後にした。大和平野のひろがりを見下ろせる絶景の場所に父は眠っている。

関連記事
スポンサーサイト
Genre : 日記 日記
    08:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/312-6380f25b
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク