大洋ボート

翼の女


蝶番が外れる
ふわふわの自在となって
別の意思として登場するのか

固い音がする
クレパスの闇に包帯を垂らす
その一方で
新月と虎が大嫌いで

さらに食べて肥る翼
瓦を落とす
あくまで清潔さが売りの
どこから見てもすべすべの女詐欺師

ふわふわの自在の
わたしの部屋の窓をこじあけるバールの
いやらしい腰付き
筒のなかを転がる方解石

その七色を
二人で覗きあうことで
あらたな抽象性を獲得しようとでもいうのか?
わたしは言おう

きみは一人で死んだほうがよくないか
つむぎだすカーテンの生地
アンモニア臭
空想の心血はなおそそがれる

関連記事
スポンサーサイト
    23:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/299-3a9624c8
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク