大洋ボート

スラムドッグ$ミリオネア

 インドという国の勢いを感じさせてくれる映画。BRICsといわれる新興国の一翼を担うインドは今経済成長のさなかにある。経済成長とは古いものがどんどん壊されて新しいものにとってかわられることだ。この映画でも描かれるようにバラックが立ち並ぶ大都市のどまんなかに巨大なたけのこのように高層ビル群がどんどん出現する。都市名もボンベイからムンバイへと変わる。旧態依然とした宗教間抗争や人身売買の組織も残存するが、それらも前へ前へつきすすむ国全体の勢いにかすんでくる気になる。もっとも勢いだけで国がよくなるはずもなく、それらの組織が消滅するはずもないのだが、「勢い」にそれだけの幻想を自然に抱かせてくれるところは素晴らしいものだ。またこの映画の監督がインド人ではなくて、イギリス出身のダニー・ボイルという人であることもうなづける。つまり外側から見たこの国の勢いといったものを如実に感じさせてくれるからだ。成熟してしまった先進国の人が嘗ての自分たちの姿をそこに見る。それどころか、自分たち以上のエネルギーを見いだしてしまって、ちょっと末恐ろしい気にさせられる。わからないが、インド人の監督がこの映画を製作したならば少しちがった感覚がにじみでたのかもしれない。

 映画は青年が警察のなかで拷問を受けるところからはじまる。青年はテレビのクイズ番組に出て見事に全問正解を果した。高額な賞金も手に入れた。だが警察はこの結果を疑う。学校もろくに出ていない青年に難解な問題が解けるはずがない。きっと不正をはたらいているのだと。インドとはこういう荒っぽい国柄なのか、ほんとうのところは私にはわからないが。やがて場面はクイズ番組に切り替わるが、そこで何故青年にクイズの答えがわかったのかという謎が解けてくる。無学であっても過去において出会った事柄は、特に人生の節目の重要な出来事において出会った事柄は覚えているものだ。それからは青年の少年期から今日に至るまでの人生の流れが描かれる。クイズは人生の折々の題名みたいで、クイズから人生へ、人生からクイズへとつながれる。切実な過去とクイズ番組という現在とがこうして同時進行する。これはわかりやすい。たとえば青年が子供のころ、閉じ込められた野外のトイレから糞尿まみれになってアイドル歌手にサインをもらいに行った。身につけたその歌手の写真だけは濡らさないようにして。やがてサイン入りのその写真は高額で売れることになる。その歌手の問題が出るから容易に正解にたどりつけるというわけだ。

 青年はムンバイのスラム街で育ったが、宗教間抗争のあおりで母は惨殺される。ここから青年と兄の運命は狂いはじめる。ホームレスの生活を余儀なくされ、やがてボランティアを装った人身売買の悪辣な組織で同じように孤児になってしまった少年たちと共同生活をし、そこでひどい目にあわされた仲間を目の当たりにして脱出する。やがて青年は贋の観光案内やら窃盗やらで食いつなぎ、兄はヤクザ者になる。その間、短い間いっしょに生活した美しい少女を青年は忘れられない。少女に会いに行くが、出会えたと思ったらまた行方不明になってしまう。そこで誰もが見ているテレビ番組「クイズ・ミリオネア」に出演して少女に見てもらって再会を果そうと意図する。これがあらすじである。

 途中ものすごい難所がある。少女と兄と青年とで三角関係になってしまい、青年は裏切られた思いを募らせる、兄と少女は青年を除け者にしたのだ。だが青年は少女を好きなことは変わりないし、少女もそうだし、兄は二人に対して同情的なことがのちにわかる。ここだけでも長いストーリーになりそうだが、省略されている。しかしのちの展開を視聴者は自然に呑み込める。何故か、少女の列車を見上げる映像がはじめから何回か挿入されるからで、これによって青年の思いが伝わるからだ。青年は一貫して少女が好きだ。それにやはりここは「勢い」で押し通してしまえるところで、映画全体の空気が強くはたらくのだ。また、三人は肉親を喪ったから、家族というつながりへのあこがれが「愛」をよりせきたてさせるということもあるだろう。

 言い遅れたが、音楽が素晴らしい。インドの今日の流行だろうか。インドの伝統的な楽器の音色に世界的潮流であるロックのリズムを融合させて全編に響かせて「勢い」に一役も二役も買っている。ミュージカルをのぞけば、これほど音楽が映像を後押しした映画は稀ではないだろうか。それに映画がひとまず終わったあとの青年と少女を中心にした駅のプラットホームでのダンス。北野武監督の『座頭市』に刺激されたのかもしれないが、これまたインドの「勢い」をダメ押しさせる強さがある。楽しく陽気なこと。

関連記事
スポンサーサイト
    12:25 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/281-8152617e
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク