大洋ボート

ブラックサイト(2008/アメリカ)

ブラックサイト [DVD]ブラックサイト [DVD]
(2008/09/24)
ダイアン・レインビリー・バーク

商品詳細を見る

 ネット上で殺人がつぎつぎに公開される。この設定だけでもかなりショッキングだ。犯罪を描く作家やらシナリオライターは色んなアイデアをひねりだすが、これは秀逸。将来、こういうことが起こっても不思議ではないという気持ちにさせられる。死刑直前の元イラク大統領の表情や、実際の銃撃戦の様子などをネットで見たことがあるが、録画だったものの殺伐とした印象を受けた。ネットでの映像公開は今後否が応でも行き着くところまで行ってしまいそうだ。

 犯人に拘束された被害者は、犯人の趣向を凝らした装置によっていたぶられてゆっくりと死に至らしめられる。しかもその装置の効き目がアクセス数の増加に比例して増大していくという残酷さ。出血を作用させる薬品が効いてきて最初は鼻血だけだった状態が全身から血が噴き出してくる……。こわいもの見たさでアクセス数は増加の一途である。ダイアン・レインをはじめとするFBI捜査官は発信場所を特定しようとするが、IPアドレスがめまぐるしく変わってコピーされてつかめない。まあ、犯人は、いやシナリオライターはよく考案するものだ。

 だが犯人にも油断があった。被害者は自分が映されていることを知っているので、瀕死の状態に耐えながらカメラに向かって言葉やら合図やらでメッセージを送ろうとする。捜査官らは細い糸のようなそのメッセージを手がかりに犯人に接近する。PCのむつかしい知識よりも、こういうシンプルさがいざというときには役立つということか。

 犯人の動機も今風だ。肉親が不幸に見舞われたとき、それをテレビやネットが興味本位で晒し者にした。これを逆恨みして関係者をつぎつぎに血祭りに上げていく。もっと残酷に晒し者にしてやろうというわけだ。PCの知識だけではこわくないが、それと犯罪やテロなどの専門知識、また人格的な歪みが結びつくとやはり恐いものだ。

関連記事
スポンサーサイト
    01:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/280-5af83825
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク