大洋ボート

シンシナティキッド(1965/アメリカ)

シンシナティ・キッドシンシナティ・キッド
(2008/10/08)
スティーブ・マックィーンエドワード・G・ロビンソン

商品詳細を見る

 成長いちじるしいカードのギャンブラー、スティーヴ・マックイーンが、その道では全米に名をとどろかせる老練ギャンブラー、エドワード・G・ロビンソンに挑戦するという話。

 私にはスティーヴ・マックイーンは都会っ子のイメージ、つまりやんちゃで身のこなしが良くインテリではないが生活力はあるという印象があって、こういう役柄はうってつけだと思った。この映画の皮ジャンなんかは彼によく似合う。地元の町シンシナティで名が知れわたってきて子供からもあこがれの的。黒人の少年が彼を見かけてはコインを利用しての小さなギャンブルに引き込むところが、面白い。彼が面倒くさがらずに子供の相手になるのは、そこにかつての自分の姿をみるからだろうか。対するエドワード・G・ロビンソンは引き締まった表情でどっしりと構える。動きが少ないのだが、それは表情もふくめて無駄な動きを意識的にそぎ落としたかのように見えてしまう。これまた子供が、また大人でさえもあこがれを持って眺めても不思議ではない姿だ。ホテルのレストランで、生牡蠣をペロリと貝殻から直に口に持っていくところなんか絵になる。

 二人の勝負をお膳立てするのがカール・マルデンで、かつては自分もギャンブラーだったが、今はディーラーをもっぱらとするようだ。だが彼は八百長を知り合いの富豪から依頼されて悩みの種になる。その男がロビンソンと勝負して、こっぴどく負かされて腹に据えかねているからだ。ロビンソンに一泡吹かせたいのだ。またマルデン自身もマックイーンに勝たせてやりたいと願っている。勝負の最中にマックイーンにその仕草を見つけられて控え室で抗議を受けると、それで八百長は中止される。だが、実力で勝ってみせなければというプレッシャーがマックイーンを知らず知らず蝕んでいく。この辺が勝負のあやというのか興味深いところだ。この勝負、二日も三日もつづけられるので体力勝負でもある。ポール・ニューマン主演の『ハスラー』を思い出させる。小刻みに勝利をかさねるマックイーンであったが……。

 前半ではマックイーンの私生活を中心に人間関係が描かれる。浮き沈みのはげしいギャンブラーの生活をきらってか、同棲中の恋人は彼のもとを去っていく。一方、カール・マルデンの妻アン・マーグレットは真面目で堅物の夫に飽き足らず、マックイーンに誘惑の手を伸ばす、という風に。退屈さは少しはあるが、くどい描写ではない。
関連記事
スポンサーサイト
    01:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/273-43f2a477
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク