大洋ボート

ワルキューレ

 実際にあったというヒトラー暗殺未遂事件をベースにしているが、さして面白くない。最近のテレビでみかける「再現ドラマ」を映画の世界で予算規模を大きくしてやって見せたといえば酷評に過ぎるだろうか。

 トム・クルーズ(シュタウフェンベルク大佐)はアフリカ戦線で左目を失明する重症を負ったことがきっかけで、ヒトラー体制打倒を決意するが、その心の転回があまりにもあっさりと描かれてはいないか。軍人の眼にはドイツが敗色濃厚であることは、たしかに一般国民よりはよく見通せたのだろう。だが、まだまだ士気旺盛であっただろうドイツ国民全体から見るとトムの決断と行動は裏切りだ。また、しくじれば自分は勿論、家族の生命もついえることも承知だろう。だがそれらの敷居をまたごうとするときの悩みや恐怖がずいぶんと省略されている。もしかしたら今日既に定着して久しいヒトラー=巨悪という歴史観に依拠して、それを当時のドイツにそのまま移行させたうえで反逆は当たり前のことだと製作者はいいたいのだろうか。勿論そんなことはなく、暗殺・クーデター計画への参加者は自分たちなりに考え抜いたうえでの決断だったにちがいない。そういうことがこの映画からはほんの少ししかうかがえない。

 近年『白薔薇の祈り』というすぐれたドイツ映画があった。少数の学生組織のメンバーが大学内で反戦ビラを撒いて逮捕され、あえなく処刑されてしまうという筋書きだが、彼等の反逆の動機がたいへんに説得力をともなって描かれていた。アメリカの音楽がたまらなく好きなことかから出発して、やがてその政治制度や文化も吸収していくという経路を彼等はたどった。連合軍の爆撃機さえあこがれの眼を持ってまぶしく見上げたのだ。

 『ワルキューレ』はそのへんははしょって作戦計画の構築と実行を、トムの視線を中心にして経過どおり順番にたどっていく。トムが中心だからトムと他の人物との距離の遠近がそのまま頼りになる同志、日和見主義者、中立派、敵という風に色分けされて見えてしまい、なんだか平板だ。ヒトラー山荘でのヒトラーも交えた最高幹部会議にトムも参加するまでにこぎつける。そこに書類鞄に偽装した爆弾を置いて起爆装置をセットして脱出するのだが、このあたりはさすがにスリルはある。だがそれまでずっと音楽が煽情的に過ぎるのがどうかなと思わざるをえない。不満や疑問はまだまだあるが、この辺にしておきます。
関連記事
スポンサーサイト
    00:18 | Trackback : 1 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/272-a08d696f
「ワルキューレ」★★★☆ トム・クルーズ 主演 ブライアン・シンガー 監督、2008年、120分、アメリカ、ドイツ 「ドイツ帝国の全部が ヒトラーを支持して居たわけではない、 歴史に埋もれた真実の片鱗を知る」 第二次世界大戦時に実際にあった ヒトラー 2009.04.05 19:33
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク