大洋ボート

きれいなおかあさん(2001/中国)

きれいなおかあさん きれいなおかあさん
コン・リー (2003/11/27)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る

 コン・リーが障害を持った子の母の役。子供は難聴で補聴器が欠かせないうえ、話すことも不自由だ。養護学校ではなく、普通の小学校へ入学させようとするが、受け入れてもらえない。既に夫と離婚し、子供との接触の時間をもつために外資系企業を退職し、新聞配達に家政婦にと、ときには子供をつれて駆け回るコン・リー。

 障害を持つ子供が主人公にしては、この映画はずいぶんと明るい。それはコン・リーの好演によるところが大きいのだろう。喜怒哀楽の表現が自然で力強い、土の匂いがする。なおかつ気品がある。だがもっと時代的な背景があるのではないか。文化大革命の時代の政治色に収斂される表現や思考から、ここへきてようやく掛け値なしに解放されたように思える。そのことが、この映画をおおう自由の気風だと思う。コン・リーが本の不法販売に手を染めるのも、あながち「自由」と無関係ではないだろう。子供のためなら、やりたいことをやっていいのだ。それにカメラワークも軽快だ。人がはげしく動く場面では、携帯カメラに替わっていて、これが無理がない。

 映画的な表現として印象に残った場面を記しておく。離婚した父の死を子供に伝えようとするコン・リーだが、子供が「死」の意味をのみこめない。戦争の絵をひらいて倒れた兵隊を示す。その際、絵そのものは画面に映らない。コン・リーはそれを「死」だと教えるが、子供は血の赤色に注目して、元気いっぱいに「赤!」と口に出す。困ったコン・リーだが、次に食糧にする生きた海老を持ってくる。海老が足をもぐもぐ動かす。それを見せたうえで、今度はゆでて動かなくなった海老を持ってきて、生きた海老との対比で「死」を理解させようとする。だがゆでた海老は赤いので子供はやはり「赤!」としっかりした声で答える。子供にはにわかに理解できない世界がある。
 
関連記事
スポンサーサイト
    23:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/27-a3bae8f8
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク