大洋ボート

自虐の詩(2007/日本)

自虐の詩 プレミアム・エディション [DVD]自虐の詩 プレミアム・エディション [DVD]
(2008/03/14)
西田敏行中谷美紀

商品詳細を見る

 中谷美紀という女優はよく知らないが、たとえば竹内結子と比べると泥臭いところがあるのかもしれない。もっとも、もっと泥臭い人はいっぱいいるので適度なそれと記さなければならない。また、とくに薄幸そうな顔立ちでもなくむしろ快活さがまさっているが、何故か不幸な星のもとに生れた女性を演じると似合う気がする。これは今風の映画の個性と密接に関連している。不幸を絵に書いたようではなく、むしろ楽天的にふるまう、そうすればするほどどつぼに嵌ってしまう、そういう女性が似合うのだ。「嫌われ松子の一生」がそうだったし、この映画もよく似た風味だ。

 学生時代に父が犯罪者となってしまい、中谷は追われるように故郷を出て大阪の新世界(通天閣近辺)にたどりついた。そこで一緒になったのが阿部寛。無口で腕っぷしは強いが、ヤクザと親しくし、ぶらぶらしている。気に入らないことがあればたちまち食卓をひっくり返す、という、どうにもならない男だが、中谷は健気にもついていく。安食堂の給仕をして家計を支えるのだ。今どき、白の上っ張りに白の髪覆いというふた昔も前の定番の姿が面白い。

 古めかしい話だが、コメディっぽい味付けが主に映像によってなされる。嘘ですよ、笑ってくださいよ、と表面的には言いたげで、その狙いは成功している。しかしまるっきり「嘘」として作っているのでもないというバランス感覚がある。――例えば食卓をひっくり返す場面が何度も出てくるが、決まってスローモーションだ。また、中谷が瀕死の重傷を負ったとき、夢の光景が長く映されるが、これがなかなか素敵だ。中谷が娼婦となって街の片隅で客引きをしていると長髪姿の阿部が近づいてくる。後悔している様子だが、中谷はまるで知らない男のように冷たくあしらう。夢のなかだが、実際の物語のつづきのようでせつない。二人並んで故郷の海を眺める場面、これもいい。中谷が快復したとき、阿部が「海を見に行こうな」という。たぶん、うわごとで聴いていたので、この言葉によって夫婦関係も回復するのだろう。学生時代にたった一人味方をしてくれた友達と再会する場面も涙ものだ。冒頭の気仙沼だったか、漁港の風景もうつくしい。
関連記事
スポンサーサイト
    01:11 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/256-bb243657
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク