大洋ボート

ワールド・オブ・ライズ

 CIAのエージェント、レオナルド・ディカプリオがヨーロッパ各地で爆破テロをくりかえすアラブ・テロリストグループの頭目を追う。彼をアメリカ本国から携帯電話で指揮命令するのが直属上司のラッセル・クロウ。ときには予告なしで現地に飛んできてレオナルドの前に姿を現す。

力強くてなかなかおもしろい。派手なアクションは勿論だが、映画はレオナルドを中心にして描くので、ラッセルの有無をいわさぬ指令によっての彼の混乱ぶり、現地サポーターはいるとはいえ、イラクやヨルダンの街中で敵方のスパイにつけ狙われる彼の孤立無援ぶり、またCIAに協力するヨルダン治安組織との提携と齟齬、こういうことが生き生きと描かれている。雑踏の雰囲気もカメラはよくとらえている。

 そういう混乱と錯綜のなかで交戦状態におちいった場合、最終判断はレオナルド自身で下さねばならない。例えば、アラブ・テロリストグループから寝返った情報提供者に対する措置だ。はじめはレオナルドはラッセルにその男の保護と亡命を要請するが、その男が元の仲間に拉致されかかった瞬間に銃殺してしまう。自分の情報が漏れることを怖れたからで、ラッセルは、裏切り者は「どうせ死ぬんだから」とレオナルドの行為を擁護しなぐさめる。レオナルドの行為はエージェントとしての本能みたいに見えてうならせる。こういうときは人道主義よりも自己防衛的本能が剥き出しになってしまうのだろう。

 一方のラッセル・クロウは優雅なものだ。命の心配はないうえ、レオナルドを駒のように使って楽しんでいるみたいだ。自宅で幼い男の子にトイレをさせてやりながら携帯で話すのだ。離婚調停中というレオナルドの境遇と比べても、はるかに幸福に見える。

 そんなラッセルが編み出したのが、贋のテログループをでっちあげて例のテログループをおびき寄せるという作戦だ。即席におもいついた様子だが、これが見事にはまる。一昔前なら成りすましの人物を作ってテログループに接近するはずだが、そんなことをしなくとも、小規模の爆破事件を自演自作したうえでネット上にその情報を流せばよいのだ。贋の頭目もまったく無縁の人物になすりつける。情報漏れを防ぐために携帯やパソコンを連絡手段に使わないテログループであっても、情報収集のため閲覧は怠らない。いかにもネット社会の現代らしい作戦だ。また謀略としてはここがいちばん面白いところで、一昔前の映画ならこの作戦を中心にしてきめ細かく作ったのかもしれない。だが作戦の開始を後半にもってきたところは、先に書いたような現地でのCIAエージェントの混乱振りを重視したからだろう。少々あらくても成功した。

 最後にレオナルドが「中東が好きになった」というと、ラッセルは信じられないような、嘲るような表情を浮かべる。レオナルドを本国へ帰還させて「楽」なデスクワークをさせるつもりだったのが、彼はヨルダン永住を決意してしまった。恋人ができたからでもあり、ヨルダンの治安組織のリーダーと信頼関係を築けたからでもある。同時にこれはリドリー・スコット監督はじめ製作者たちのアメリカ人に対する痛烈な挑発的メッセージとしても読みとれた。

関連記事
スポンサーサイト
    00:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/255-ff4ee6fc
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク