大洋ボート

息子の部屋(2001/イタリア)

息子の部屋 [DVD]息子の部屋 [DVD]
(2006/06/23)
ナンニ・モレッティラウラ・モランテ

商品詳細を見る

 病気の進行による死ならともかく、健康な人の突然の事故死はまったく予測がつかない。とくに家族にとってはそうで、今日も明日も同じような日々がつづくものと思いなしている。予定調和的ではなく曲折はあるものの、生を前提としてあれこれと善後策を考える、そして少しずつ実行する。それが家族の日常といえるだろう。そんななかで高校生の長男がスキューバダイビングの最中に事故死してしまう。日常性がいきなり切断されてしまうのだ。何の罪もないのに奈落に突き落とされたようで、理解を超えている。息子の死を自分自身や家族にどう納得させるのか、家族がどういう道筋をとおって立ち直ることができるのか、そこがこの映画が描こうとしたところだ。

 家族の死ということなら私も若いときに父をなくしていて経験済みであるが、危篤状態であり心の準備は少しはできていた。それでも死は理解を超えていた。死は避けることのできない運命だが、当たり前のことだが運命とは人が乗り越えられないものである。そして乗り越えられないものに直面させられるということもあって、私にはどうにも腑に落ちなかった。重かった。しかし私はぼんやりとそんなことを想ってはみたものの、意識的にその時間に立ち止まることはしなかった。はやく普段の状態にもどろう、生活に向き合おう、という気持ちが勝って、そのときの気持ちはいつしかうやむやになっていったものだ。だから死の不可解さに向き合う自分(人間)についてはぼんやりとは覚えている程度である。また、そういう悲嘆の際の人間が外側からどんな風に映るのか、とはまったく思ってみたことがなかった。他人様の悲嘆のさまを覗き見るのも気がすすまなかったからでもある。

 この映画はそうした死に直面した家族を冷静にカメラにおさめている。もっとなりふりかまわず泣けばいいのではないかと想うくらい父の精神科医ナンニ・モレッティ(監督も兼ねる)は平静に努めようとする。気晴らしをもとめて遊園地に行ってみる。人々の賑わいのなかでアクロバティックな動きをする遊具に乗るが楽しさは湧いてこない。むしろナンニ・モレッティの視線でとらえられたぎくしゃく揺れる遊園地の風景のさまが悲しみをあざやかにすくいとる。母や姉はさめざめと泣くが、これも攻撃的に泣くことによって何かしら憑き物を追い払おうとするたぐいの涙ではなく、堪えきれずに流してしまう涙に見える。ベッドに横になって泣く母ラウラ・モランテが真に迫っていてたまらなくうつくしい。うつくしいという言葉が適するかどうか判断できないが、感じたままならうつくしいと記すほかない。またこの家族は、嵐が過ぎ去るのを身を縮めて待つように、ただ鎮静や忘却を願うのではない。本人たちはそう願うのかもしれないが、なってはくれない。中断された息子の物語が、彼の死後!ふたたび始まるのだ。

 息子の死をいまだ知らないガールフレンドから手紙が来る。ここからも少し曲折があるが詳細は省くとして、両親は彼女に対して生前の息子に対したのと同質の接し方をする。心配し遠慮しながらもやさしくする。それは息子が彼女にそうしたいと願っているのではないかという思いに促されるからだ。つまりは、両親からみれば彼女は息子にとっての形見として映るのだ。
関連記事
スポンサーサイト
    01:49 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/240-983d30e8
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク