大洋ボート

バタリアン(1985/アメリカ)

バタリアンバタリアン
(2004/04/02)
クルー・ギャラガージェームズ・カレン

商品詳細を見る

 ゾンビものだが、お笑い的要素が多分にこめられている。笑ってやってくださいという空気がみえみえではなく、気味悪さ、こわさのなかに、ほどよく馬鹿馬鹿しさがまぎれこんで、意外性があっておもしろい。

 倉庫会社に死体が保存されている。特殊な化学性ガスにひたされて密封された状態だが、社員がいたずらをして容器がこわれてしまう。漏出したガスで社員二人は体調を崩し、死体も生き返って暴れだすというのがはじまり。なんとか捕獲してノコギリで「死体」をバラバラにするが、それでも各部位は動きをやめない。こわくなって焼却炉にいれて燃やすが、その煙が雨と混じって墓地に降りそそぎ、そこに眠っていた死体の多くが生き返る。いやいや、煙がそんな力をもっているなんてまったく読めない、やられた!

 それから駆けつけた救急隊員が衰弱した社員二人を診察する場面。体温が21度で脈拍がゼロ。あおざめる社員、「何故生きているのかわからない」という隊員。見ている私もわからない、苦笑するしかない。

 あとは増殖する死体=ゾンビが人間の頭をつぎつぎにまるかじり。警察も歯が立たない。ついに軍の幹部は非常手段をとるが、ここもブラックユーモアが効いている。

 今見ても新鮮さはうしなわれていない。
関連記事
スポンサーサイト
    23:31 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/235-3156dc62
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク