大洋ボート

宮廷画家ゴヤは見た

 ハビェル・バルデムやナタリー・ポートマンは現在油の乗った俳優といえるだろう。力のこもった芝居がはまっていて、それだけに見ごたえがある。だがゴヤ役のステラン・スカルスガルドという人はどうか。これは俳優としてよりも、監督やシナリオ作者の問題である。画家という職業に対する造形の念がどこにあるのかというくらいにショボい人物像でしかない。物語の中心にたえず居つづける狂言回しという以上の存在ではない。画家や芸術家がもつであろう誇りが、よく描けていないと思った。

 十九世紀前半のスペインが舞台。ゴヤは女王の肖像画も描くが、ハビェル・バルデム(ロレンソ神父)や資産家令嬢のナタリー・ポートマン(イネス)も描く。ゴヤはことにナタリー・ポートマンを気に入って彼のほかの絵にも登場させる。だがそのナタリーがレストランで豚肉を食ったの食わなかったので隠れユダヤ教徒の疑いをかけられて教会の異端尋問にかけられる。尋問といっても実際は拷問で、ナタリーは「自供」し、長らく獄舎に閉じ込められる。ナタリーの一家は当然激怒し、親交のあるゴヤをつうじてハビェル・バルデムに解決をたのむ。教会に大金を積むことは勿論、同時にハビェルに暴力を行使して言質をとることまでする。これは拉致問題そのままで、どんな手段を使ってでも娘をとりもどしたいという親兄弟の切羽詰った姿勢はたいへん共感できる。

 だが教会に顔が利くはずのハビェルは何も成果があげられない。あげくは獄舎のナタリーに近づき、神父の特権を利用して肉体を奪うことまでする。そして彼はフランスへ逃亡。だがやがて彼は革命思想家としてスペインにもどってきて権力を振るうにいたる。ナポレオン軍の進駐によるものだ。

 このあたりのハビェル・バルデムは悪人ぶりが板についていて見させる。傲岸不遜の面構えで、憎々しい。ゴヤが解放されたナタリー・ポートマンを彼に面会させ、生んだ子供のことを告げさせてもスッとぼける。一方のナタリーは精神が壊れているが、ハビェルのことは昨日のように覚えている。そこで時間がとまっているのだ。視線がうつろで、口を歪ませたメイクが効果的だ。

 ハビェルは悪人ぶりをつづけながらも、少しずつ革命思想家としての矜持に目覚めていく。いきなりではなく、実娘(ナタリーの二役)を探し出したりの過程を経てのことだ。このおくれ具合が思想の転開とはこういう風になされるものかもしれないと、私に思わせた。それに比べるとゴヤはどうか。ハビェルと言い争う場面がある。変節漢だの、ときどきの権力者に媚びる売春婦だのと罵倒しあう。だがゴヤは反論できないのだ。ここは残念だ。私の考えでは、画家という存在は巨大なパトロン無しでは成立しない。つまりは大なり小なり体制内的存在で、そのかぎりではうしろめたさはまぬかれない。だが作品制作に打ち込むことに、いいものを作りつづけることにこそ画家としての意義が、矜持があるのではないか。そんな反論をしてもらいたかったのだが。もっとも、最初のほうにいい場面があった。女王の肖像画の顔が思いのほか不美人で、それを王夫妻に指摘される。だがゴヤは微笑をたたえてひるまない。仕上がりに自信があるからだ。これでこそ画家といえる。

関連記事
スポンサーサイト
    00:18 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/227-d61ccb21
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク