大洋ボート

暴力脱獄(1967/アメリカ)

暴力脱獄 暴力脱獄
ポール・ニューマン (2006/06/02)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

 ポール・ニューマンが懸命の役作りをしていて印象に残るが、映画自体としてはそれほどいいとは思えない。駐車場の設備を何の得にもならないのにわざと壊して、彼は刑務所に入る。そこで不屈の闘志で何回も脱獄を試みる、というのがあらすじだ。ジョージ・ケネディはじめ、刑務所仲間もポール・ニューマンを応援し、援助するのだが。

 ポール・ニューマンは一体何のためにこれほどつらいことに積極的に挑むのか、その中心の動機がまったく伝わってこない。たぶん、『俺たちに明日はない』など、このころから多く作られるようになった反体制的ヒーローものの作品群に括られると思うが、反体制のための反体制、映画製作のための反体制という以上のものではない。
関連記事
スポンサーサイト
    23:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/22-2be123fe
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク