大洋ボート

黒薔薇昇天(1975/日本)

黒薔薇昇天黒薔薇昇天
(2006/03/24)
谷ナオミ岸田森

商品詳細を見る

 「やきもち焼いてしもた」――岸田森が意外さと感動を込めて叫ぶ。これがこの映画の眼目だ。岸田はブルーフィルムの製作者で、今しも、恐喝をし肉体関係も持った人妻の谷ナオミを被写体にして撮影の最中。当然男と谷がからみあう姿を間近で見て、あれこれ指示を出す。その最中に岸田は谷を心底好きになってしまったことを自覚するのだ。撮影は岸田監督の指示で当然中止される。このとき別世界のような「ブルーフィルム製作現場」が岸田の「やきもち」によって急に視聴者に身近になる。それどころか、あたたかい明かりがぽっと点るようなうれしささえ喚起されるのだ。「やきもち」が誰でもが覚えのある人間的感情だからだ。

 それまでは神代辰巳監督独特の卑屈で隅っこ的な世界がえんえんとつづく。最初の撮影は「女優」の芹明香が妊娠したために中断。つぎの「女優」を探さなくてはならない。その間にも岸田はテープ製作という別の仕事にはげむ。犬や猫の鳴き声を録音したりと、それがエロスになりうるのかと失笑を誘う、いじましい、小さい世界。女性の苦痛の声を録ろうと歯科医にも盗聴器をしのばせるが、ここで大きな獲物をえる。谷ナオミと歯科医の浮気の最中を偶然にも録音してしまった。ここから自称芸術家の岸田は俄然小悪党に変身する。テープをネタにして谷をゆするのだ。

 和服で着飾った谷と岸田が話しあう場所が、なんとも似合わない遊園地の狭苦しいゴンドラのなか。それにときどき流れる奥村チヨの「終着駅」こういうなんともちぐはぐな感覚が神代辰巳がつむぎだす世界だ。「明るい倦怠感」とでも言えばいいのか。さらに先に記した経過をたどることになるが、岸田森も谷ナオミもおもしろがって芝居をやっていて、その気分がこちらに伝わってくる。芹明香もこの女優の持ち味であるだらーんとした雰囲気も健在だ。被写体になる夫についていって「いったらあかん」を連発して岸田の「やきもち」に火をつけることになる。無関係に響いていた、愛の喪失を嘆く「終着駅」もここでつながる。

 繰り返しになるが「やきもち」とそれ以前の映画の大部分を占める胡散臭い世界との断絶とつながり、これがあざやかに刻まれた佳作。それから細部。岸田と谷がセックスしたあとで、せまい廊下で、裸でローラースケートをして戯れる場面。仲良くなったしるしで、この部分も輝いている。
関連記事
スポンサーサイト
    23:24 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/213-824481a7
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク