大洋ボート

夜の街で

灯りの色の混じる夜
人通りの多い橋を渡り終え
さらにつづく下り坂をせかされるように歩くと
流れをさえぎるようにあの女
十年以上前には頻繁にあっていたあの女が
誰かを待ち受けるように
人の流れをさえぎって流れの中に立っていた

女の目はあやしく見開かれた
私を発見したことによって見開かれるのを
私はうごきかけた追慕の情とともに見守った
女の腕が何らかの動作をしたのかわからない
鞄の中から何かを取り出そうとしてあわてて途中でやめたのか
鞄などは持っていなかったが

急に女の目は私のうしろから近づきつつあった存在に移った
夜目にも青年とわかるその人の腕をさわると
女は安心したようにその人を連れて行った
窓灯りがちらほら無秩序に点る
向こう岸にそびえるような大きなマンションの
こちらには斜めに背を向けたエントランスに消えた
もはや私のことなど忘れ去ったのだろう
安心して忘れ去ったのだろう
関連記事
スポンサーサイト
    21:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/195-14745432
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク