大洋ボート

ブリジット・ジョーンズの日記(2001/アメリカ)

ブリジット・ジョーンズの日記 (ユニバーサル・ザ・ベスト第7弾)ブリジット・ジョーンズの日記 (ユニバーサル・ザ・ベスト第7弾)
(2007/08/09)
レニー・ゼルウィガー.コリン・ファース.ヒュー・グラント.ジム・ブロードベント.ジェマ・ジョーンズ

商品詳細を見る

 明るく軽い笑いと乗りで最後まで楽しめる。レニー・ゼルウィガーが題名の名前の主人公で、三十代前半の独身OL。両親から結婚をせっつかれ本人もそれを気にしている。独身のままで孤独裡に野垂れ死にしてしまうのではないかとの妄想にもときどき見舞われる。だが勝気で気ままでもある。ダイエットにはげむかと思えばヤケ食いやヤケ飲みにのめりこむこともある。寂しさや退屈をまぎらわすために何かやらずにはおれない。こういうキャラクターをレニー・ゼルウィガーは好演している。

 実は、彼女は職場の上司のヒュー・グラントにひそかに想いを寄せるのだが、その彼にスカート丈の短さを注意されると、今度はスカート丈は長くてもシースルーのファッションで出社して彼や周囲を唖然とさせる。こういうネジくれた行動がおもしろい。そんな彼女だが、ヒューに言い寄られてたちまち二人は結ばれる。だがヒューはプレイボーイで以前から深い仲のガールフレンドがいたのだ。それを発見したときのレニーの落ち込みようは、見ていてさすがにキュンとくる。シースルードレスの件と、もうひとつ、仮装パーティが中止になったのを知らずに一人だけバニーガールの扮装で出席した件、こういうドジもある楽しい出来事がつづいただけに、なおキュンとくるのだ。そんなときはレニーはやはりスポーツジムで汗を流したり、ヤケ食いヤケ飲み。ちょっと可哀想だ。

 後半は、辞表をたたきつけて会社を辞めたのにもかかわらずしつこく追いかけてくるヒュー・グラントと、同じく彼女を追いかけてくる弁護士のコリン・ファースという二人の男性に囲まれて、これまた、楽しくごちゃごちゃする。結果は書かないとして。

 この映画にかぎらないことだが思ったことを記しておく。レニーのバニーガールの扮装だが、あまりセクシーだとも感じなかった。別にけなすのではなくレニーが太り気味だからでもなく、唐突だが、欧米人はミロのヴィーナス以来の伝統か、肌を露出することにも見ることにもさほどの抵抗感がないからではないかと、思いついた次第である。これがアジア人だったら、おどけた雰囲気を作っても、多少なりとも隠微な雰囲気が出てくるのではないか。もうひとつはヒュー・グラントとコリン・ファースが、レニーを奪い合おうとして殴り合いの喧嘩をする場面。これが娯楽色たっぷりで楽しめる。アジア人はなかなかこれができない。殴り合いがどこかしら芝居くさくなってリラックスできる雰囲気にならない。武闘としての空手や少林寺はのぞくとして。
関連記事
スポンサーサイト
    01:36 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/176-cc6895dc
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク