大洋ボート

堀井憲一郎『若者殺しの時代』

 若者文化という領域がある。私の年代で覚えているのは、ビートルズやフォークソングなどの音楽だ。レコードは当然売れたし、エレキギターや普通のギターなどの楽器も売れた。日本の音楽界も影響を受けて、グループサウンズやフォークグループが多数生まれた。若い人たちのジーパンと長髪のスタイルも流行った。60年代のことである。私個人は、60年代後半は政治運動にのめり込んだ方なので、音楽方面にはさして関心を寄せなかったが、とくにそこに違和感を覚えた記憶もない。大いに難癖を付けたのは大人たちだった。

 ちょっとついていけないな、と感じたのは少し後の70年代中頃あたりで、キャンディーズやピンクレディといった女性グループ歌手に男の子が大声をはりあげて声援を送る姿だった。テレビで見た客席の彼らは、自分たちで作ったハッピをそろって着たり、鉢巻きをしたりしていた。私たちの世代はコンサート会場では、少なくとも女性アイドルに対してはもっと静かだったと記憶している。古いが、園マリが順番がきて歌い始めると、それまで男性アイドルに金切り声をあげていた女性客がなりをひそめ、その代わりにといっても若い男性客が声援を盛り上げることはなく、集中の気配を漂わせる静けさが不気味なほど支配していたものだ……。かわって、キャンディーズやピンクレディを取り囲む男子への私の感覚は、若者が夢中になっている姿を傍から眺めたときには、まずは異様に映るという一般論の範囲の出来事なのだろうか。私も70年代のその頃は、まだ20代だったのだが。若者はいつでも新しい、ということだろうか。ともあれ、若い年代をターゲットにしたポピュラー音楽は、その後も担い手を交替させ享受者も入れ替わらせながら、現在に至るまで隆盛をつづけているのだが。
                
 おとなにとって、若い連中とは、社会で落ち着く前に少々あがいているだけの、若いおとなでしかなかったのだ。その後、「若いおとな」とはまったくちがう別個の「若者」という新しいカテゴリーが発見され、「若者」に向けての商品が売られ、「若者」は特権的なエリアであるかのように扱われる。若い、ということに意味を持たせてしまった。一種のペテンなのだけれど、若さの価値が高いような情報を流してしまって、とにかくそこからいろんなものを収奪しようとした。そして収奪は成功する。 
 
こう書く堀井は1958年生まれ。80年代がおおよそ堀井の20代にあたり、「若者」としてのリアルタイムであったわけで、被害者的観点にあえてたつことによって、そのころの「若者文化」のあらたな勃興をスケッチしている。私は80年代はおおよそ30代なので、とっくに若者ではなくなっていた。当事者意識も当然なかった。また、テレビドラマやアニメや漫画など、私には知らないことが多すぎるのだが。このころには若者層をターゲットにした商品は音楽以外の領域からも頻出していたらしい。今ではすっかり定着したらしい、若い恋人同士のクリスマスイヴにおけるシティ・ホテルでの宿泊は、堀井によると雑誌「アンアン」の1983年12月号での提案が火付け役になった、という。それまではクリスマスといえば、男女ペアのどちらかの住まいで、手料理とワインで祝うのがパターンだった。また70年代から80年代前半にかけて流行った、女性からの手編みのセーター、マフラーのプレゼントも、シティ・ホテル宿泊が定着しだしたころからめっきり減ってしまったともいう。バレンタインデーのチョコレートプレゼントも、起源は60年代初めらしいが、80年代前半に「義理チョコ」と名付けられたものが販売されてから、一気に売れ行きが伸びた、という。また、女性客の要望を入れてラヴホテルから回転ベッドが消え、けばけばしいインテリアがシティ・ホテル並の地味なものに変化した、という。70年代の日活や東映の映画で回転ベッドなるものはよく見たが、それも含めて、ここに挙げたいちいちの事情を私はまったく知らなかったので、面白かった。

 この時代以降、グループ交際も含めて、若い男性が同世代の女性により多くの金銭を支払わなければならなくなったのだ。(可愛い女性にかぎるのかもしれないが)それだけ若い女性の金銭的価値が上がった、ということだ。それは今日に至るも不変だ。高価なプレゼントもしなければならない。アッシー、メッシーなどという若い男性に対する侮蔑的な言葉が流行ったのは90年代だろうか。カッコいい男を演じて女性を引きつける時代ではなくなり、男はひたすら消費させられた。堀井は嘆く。

 80年代は若者にとって、わけがわからないまま、何かが変わっていった時期だった。
 個人的な記憶によると、1984年はおしゃれなことをはじめた年で、1985年は遊びに金をかけてもいいんだと気づいた年で、1986年と1987年に遊びにかけるお金をおそるおそるではあるが増やしていって、1988年にはもうこのあたりが限度だろうとおもったんだけど周りを見るとまだ天井じゃない感じがして、そのまま遊びほうけて、そのあとはそのままやけになって使いつづけた、(以下略)


 若者とは変わりたい存在なのだろうか。子供が若者になったとき、はじめて時代のブームに接することになる。変わりたい若者はブームの渦中に身を投じて興奮を味わう。身体を動かし金銭を投入する。ポピュラー音楽なら享受の実感があるのかもしれない。だが変わるといっても、個人としての器量がそう急激にあがるものではない。ブームの側が押し上げてくれるのでもない。風景が変わるとしてもだ。変わりたいという願望には何処か軽薄さがある。だからというべきか、変わりたいという欲求の裏側には「変わりたくない」「変われない」という芯の部分が実はあるのかもしれず、それを自覚してしまえばいいのだ。私の若い頃にはできなかったことだが、2番目に引用した文を読めば、堀井の80年代の若い頃には半分くらいはそれができていた、と思う。堀井が変わりたいと思ったかどうかはわからないが、とりあえずは時代の流行についていった、ということだろう。「若者の価値の高さ」に疑問を抱きながら。

 90年代にはいるとワープロと携帯電話が出現した。堀井はこの頃には若者を卒業しているが、これらの機器の文化と生活にあたえた影響も急ぎ足で論じている。ワープロによってはミステリー小説がやたら長くなった。ああ、そうだな。携帯は個人の秘密の空間をやたら狭めた。私は携帯を持っていないが、やはり、そうかもしれないな、という感じはする。最後の方は「若者論」ではなしに文化論、日本論になっている。大ざっぱだが、時代に巻き込まれるな、逃げろ、という提案だ。ニートというわけではなく、おどけた調子で、伝統文化を身につけろと提案している。私の先の言い方にならえば「変わりたくない」という座標軸づくりのための処方箋だと捉えられる。私には自信のあることは言えないが、「不変のもの」は「伝統」なるものと通じているのかもしれない。

           講談社現代新書 2006年4月初版
関連記事
スポンサーサイト
    23:43 | Trackback : 1 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/14-7566f355
突然のTB失礼します。時候のあいさつに関するブログを新しくオープンいたしました。もしよろしければ遊びに来ていただけると幸いです。それでは、失礼いたしました。 2006.12.21 01:08
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク