大洋ボート

ハモンハモン(1992/スペイン)

ハモン・ハモン 無修正版 ハモン・ハモン 無修正版
ペネロペ・クルス、アンナ・ガリエラ 他 (2005/09/22)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る

 ラテン系という言葉をときたま耳にする。本来的な使われ方があるのかどうか知らないが、礼儀作法や道徳にはルーズだが情熱的、攻撃的というイメージが中心にあるならば、本作はまさにそれを地で行っている感がある。恋愛関係において浮気っぽく、気が多いのだ。また出現したあたらしい相手の情熱にぐらついてしまうのだ。その場合、相手もまた同じく気が多い気性であることが多いようだ。この映画の主要な人物全員がそれにあてはまる。三角関係、四角関係が数珠つなぎになっている。そしてそういうルーズでおおらかな人間性全体が不思議に明るくて、ギャグも取り入れて笑わせてくれる。最後に悲劇が待っているが、あっけらかんとした空気は消えることはない。スペインの恋愛事情や国民性をこの映画がどれだけ反映したものかは私にはわからないが。まあ、日本人がマネしてもなかなか板にはつかないだろう。

 貧しい母子家庭の長女であるペネロペ・クルスは男性用下着メーカー社長の長男と交際中で、妊娠する。二人は結婚しようとするが、青年の母は猛反対。のみならず、母は二人の仲を壊すために計略をはかる。すなわちマッチョな男ハビエル・バルデムをペネロペのもとへ送り込んで強引に関係を持たせて二人の仲をこわしてしまおうとする。だが社長の長男が優柔不断なこともあって、ペネロペとハビエル・バルデムは本当にいい仲になってしまうのだ。ハビエル・バルデムもまた、青年の母の情熱にほだされて肉体関係を持ってしまう。他方、ペネロペの心変わりに耐えられない青年は、小さな酒場をやりひそかに売春もやっているペネロペの母と泣きすがるようにしてこれまた関係をもってしまう。まだあるが、ざっとこんな人間模様だ。入り組んでいる。それに裕福な社長一家の三人(社長も含めて)がこの男女の騒ぎに入り込んでくることは、その範囲では階級格差が消滅して、たちまち「平等化」された人間関係がつくられる印象もある。困惑し泣きながらも、どこかそういう境遇を全員がひそかに楽しんでいるように見える。

 豚や犬、それに看板の象など動物がたくみに取り入れられて笑わせる。青年が劣勢挽回のため、メス犬用の生理パンツの試作品を父に見せて一蹴されるところなど、いくらなんでもそれはないだろと、突っ込みを入れたくなる。決闘に骨付きのハムが用いられるのもおもしろい。

関連記事
スポンサーサイト
    01:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://oceanic.blog70.fc2.com/tb.php/136-139060e9
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク