FC2ブログ

大洋ボート

伊勢物語・二十三段

  平安期のことはよく知らないが、男女間の結びつきは今日よりも比較的自由だったのかもしれない。無論、両家が認めた正式の結婚はあったが、愛人をつくったり、重婚状態を維持することにも寛容だったのではないか。それを嫌忌する道徳性が、男女二人の感情はともかくも、世間的には薄かったのではないか。この段を読んでそんなことを感じた。
  幼いころから相思相愛の男女がいた。親は別の異性を勧めたこともあったが、二人の結びつきは固く、成人するに及んで結婚にこぎつけた。だが女性の親が死んで窮乏に陥るおそれがでてきたので、男は大和から河内に仕事に通わなければならなくなった。おそらくよい稼ぎがあったのだろう。だが同時にそれは、男にとっては当地に棲む別の女性との同居状態をも受け入れなければならない事態を意味した。詳しくは書かれていないがそう読める。たぶん日帰りをつづけられる余裕はなく、食事や住居等を他人に世話してもらわなければならない環境下だったのだろう。女性の方もそれを知っているものの、快活に見送るのだ。男は自分とのひと時の別離を、女は喜ぶのではないか、別の男ができたのではないかと疑うが、出立するふりをして植え込みに隠れて女の様子を眺めていると、そうではないことが判明する。

(前略)この女、いとようけさうじて(化粧をして)、うちながめて、
  風吹けば沖つしら浪たつた山
   よはには君がひとりこゆらむ(48)
とよみけるをききて、かぎりなくかなしと思ひて、河内へもいかずなりにけり。

 
 「うちながめて」が重要で、物思いにふけってぼんやり眺めるもという意味らしい。こういう表情を男は女に初めてのように見出したのではないか。感動を呼び込むのだろう。それに歌がダメ押しする。「かなし」もいとしいという意味。

  だが男は仕事の事情でか、ときには河内の高安(当地)に赴かなければならず、くだんの女とも同居しなければならない。男は女の振る舞いを見て嫌気がさす。「正妻」にぞっこんなので仕方ないのだろうが、女の下品さが男によって強く軽蔑されることに特徴がある

  まれまれかの高安に来てみれば、はじめこそ心にくくもつくりけれ(奥ゆかしく装っていたが)、いまはうちとけて、てづから(自分で)飯匙(いひがひ=しゃもじ)とりて、笥子(けこ=飯を盛る器)のうつはものにもりけるをみて、こころうがりていかず。なりにけり。



  化粧しなくなった、自分でご飯をよそって食べる、これらのふるまいが下品だとはいえるのかもしれないが、わたし個人としては些事という気がするが、若年時にあっては大事なのだろう。こういう嫌悪がもとで異性への好感が消滅することもありうる。しかしそれだけで離別に至れるのならば、男にとっては身軽な時代背景だったのだ。また男が逆に好感を抱きつづければ重婚状態をながく維持できたとも考えられる。男にとっては「正妻」のもとに帰って行って、「正妻」にとっても日常の安定を取りもどせてめでたしめでたしで、ここで終わってもよさそうだが、作者は去られる高安の女の悲しみをさらにすくいとる。幸福よりも悲しみに執着するのが、日本文学の伝統なのか。

(先の引用からのつづき)、さりければ、かの女、大和のかたを見やりて、
  君があたりを見つつを居(を)らむ生駒山
    雲なかくしそ雨は降るとも
<あの人の住む大和の方を見ていよう。生駒山を雲よ隠してはならぬ、たとえ雨は降っても>(49)
といひて見いだすに、からうじて「大和人来む」といへり。よろこびて待つに、たびたび過ぎねれば、
  君こむといひし夜ごとに過ぎぬれば
    たのまぬものの恋ひつつぞふる
<あなたがいらっしゃると聞いたその夜ごとに、ただ空しく過ぎましたので、もうあなたを頼みとは思わぬものの、やはりお慕いつつ日を送っています>(50)
といひけれど、男、すまずなりにけり。


  男は内心とは裏腹に再訪を口約束したのだろうか。女はそれを信じ、かつ慕っていたので長く待ちつづけた。周囲の人もそれを知っていたので同情しで「大和人来む」と言ったのだ。切ない。
なお、渡辺実は、高安の女のように、相手の男にうちとけて油断することが「最もつつしむべきことであった」とする。普段から化粧することが「心の洗練の一つの姿」である。業平を中心として称揚される「みやび」なのだろうか。しかし、わたしにとっては高安の女の悲恋のほうに印象が傾く。


スポンサーサイト
    12:34 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク