FC2ブログ

憲法論ノート

自作エッセイ
02 /18 2018
  憲法は曖昧な部分を引き摺る。さまざまな解釈が思想的立場によって加えられる。またときどきの国民意識によって憲法が照らし返される。憲法は固定された字面だから、みずからはそれ以上のことは語らないので、不明な部分は「解釈」によって補填される。つまり、憲法は固定された条文とともにその解釈が加えられたかたちで一定期間の歴史を形成するといえる。
   天皇制は明治憲法以前からある。明治憲法は天皇の神話性と宗教性を追認しつつも、その権力に制限を加えた。たとえば勅命は担当大臣の副署が必要とされる、というように。だが「現人神」(あらひとかみ)「現御神」(あきつみかみ)というように国民の宗教的親密性をおのずから要求するところが天皇制にはある。この親密性を国民の側から意志的に強固にすればするほど、憲法によって加えられた天皇の権能の制限性は障碍にすら映るのではないか。天皇が政治権力を滅多なことでは行使しないことに物足らなさを感じるのではないか。また同じことの側面ではあるが、天皇の宗教的優位性は、政治を担当する政党や政治家にたいする侮蔑心を国民のなかになかば無意識的に造りだすのではないか。天皇よ、もっと民に近づいてください、普段から声をかけてください、そしてわたしたちからもまた天皇にもっと近づいても差し支えはない、近づくべきだという欲求が形成されるのではないか。天皇を憲法体制で定められた以上に祀り上げるべきなのではないか……。法と宗教との対立・分裂が生起する余地がそこにはある。「現人神」が同時に立憲君主を兼ねるという憲法制度は西洋では無いそうだ無いそうだ。
  「天皇機関説」排撃運動は国民の危機意識の反映だろう。数年前以来の満州事変や満州国樹立、国際連盟脱退、ナチスドイツの台頭など、1935年は国家的地殻変動を体感せざるをえない年だった。天皇への国民意識の結集の喫緊性がもとめられた。戦争体制への準備として。しかし国体明徴運動なるもの、まったく非論理的かつ排撃的で、首を傾げざるを得ないものだ。これに同調的態度を執った政治家は情けない。

スポンサーサイト



seha

FC2ブログへようこそ!