大洋ボート

ハクソー・リッジ

  映画における映像が、つくられる度ごとに創造性を加味されてどんどん深化していく、そんなことを実感させられた。とりわけアメリカ軍と日本軍の至近距離にもみえる泥沼的な銃撃戦に目をうばわれた。銃弾の貫通を受けたアメリカ兵の身体が舞い上がり、後方に飛ばされる。その間スローモーションに切り換わり、血しぶきがはげしく四散する、手足がぶっ飛ぶ。別の場面では胴や首が飛ぶこともある。銃撃を受けた人間の身体的動きが、スローモーションは除外するとして、実際にこんなものなのかは疑念が生じないでもない。おそろしいまでに派手で、見世物的で、はなばなしさすら感じざるを得ない。残酷であることは勿論だが、目を背けたい気にはならず、もっとやってくれと念じる心が生じてしまっている。それに十二分に応えるだけの戦闘シーンがバラエティ豊富にこれでもかこれでもかと連続的に炸裂する。
  映像は出来事を再現するにしても、その身体の動きまでも実際の動きに忠実でなくてもよく、いかに斬新さを加えて観客に刺激を与えつづけることができるかという問題意識が、この映画の戦闘シーンには貫かれていて、見事に成功している。
  細部までこの映画のとおりではないのかもしれないが、兵員数と武器・兵器の性能で見劣りする日本軍の、なんとも言葉が見つからないくらいの頑強な抵抗にも震えを覚えた。ああ、もうこれでやっと戦闘がおわるのだなという安堵感を覚える場面がある。具体的には記さないが、誰が見てもそう思える場面にちがいないのだが、そこからまた日本軍は決死の抵抗を敢行する。現在の価値観からすると捕虜となって生きのびるほうを、大多数の日本人はえらぶのかもしれないが、当時の価値観ではそうではなかったということだろう。わたしは戦争反対の立場だが、それは抜きにして、何代か前の日本人はとにかく物凄かったのである。
  人間劇にはそれほど興味がわかなかったが、ただ「良心的兵役拒否」が許されるというアメリカの法規は覚えておくべきだろう。キリスト教の少数宗派にアメリカ国家は寛大であるらしい。主人公は銃を持つことを拒否する衛生兵だが「良心的兵役拒否」に準ずる立場として認容されたようだ。(それもイデオロギー一辺倒ではなく、子供期から青年期にいたる体験から受けた主人公の内省が支えとなっているものとして描かれる)それに比べて当時の日本人はどうだったのだろうか。例外の許されない天皇教一色か。
  ★★★★
http://hacksawridge.jp
スポンサーサイト
    10:32 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

人がいます
人がいます

ぷすぷす穴があいているのではない
空気でも青空でもない
眼の前に人がいるのに
何故あなたは気づかないのか

人がいます
人がいます

人の胴体を手応えなく通過する
あなたのフリーハンド
にやにや笑い
人の胴体は空気でも青空でもないのに

母は向こう向き
母はこちらを向いている
    09:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

『土佐日記』ノート

  承平四年(934)十二月二十一日、5年にわたる土佐守の任を終えた紀貫之は後任者の島田公(キミ)アキという人に引き継ぎを終えて帰京の旅につく。京の自宅に帰りついたのが翌年の二月一六日。この55日間の船旅が大部分を占める旅程のありさまを日記形式で纏め上げたのが『土佐日記』である。もっとも、全文を完成させたのは帰郷してからの承平五年から翌年のことといわれる。乗船中のメモがあったのであろう、また貫之がかつて創作した和歌が他の人のもふくめて、ふんだんに鏤められている。
  いくつかの特徴があげられる。「男もすなる日記というものを、女もしてみむとて、するなり」という有名な書き出しがある。貫之は男性であるのに書き手は女性とされるのだが、何故だろう。船中においては貫之は「船主」という立場で、船の運航に関しては「楫取り」と呼ばれる船員のリーダーに任せるよりほかないが、同行して帰京する人々にたいしては立場上、指図しなければならないこともあったのだろうが、それらを記すことを些事と見なしたのではないだろうか。「守」を解かれても「船主」であり、官職の痕跡を引き摺っているという実感がなくはないだろう。そういうしがらみから逃れたかったのだ。より解放された、より文芸者としての自己にふさわしい観察眼にもとづいて船旅における見聞を記したかったのではないだろうか。もっとも船主の立場がまったく書かれないのではない。例えば、肌のあわない楫取りとのやりとりがあって、書き手の女性が見聞きしたこととして記される。ただ、あげたような理由ならば、書き手は貫之以外の男性でもよいことになるが、貫之にはひらがなを用いての和文散文による文芸を創造してみたいという意欲があった。ならば書き手を男性よりも女性とするほうが、より似つかわしく思えたのではないか。
  船は土佐湾の大湊から四国沿岸をすすみ、室戸岬を回って鳴門へ、さらにそこから一晩で大阪湾南部の和泉へ、さらに大阪湾沿岸を北上し、さらに淀川を北上して京へと上るという旅程だ。逆風であったり、天候不順のために出港がかなわず、立ち寄る港に足止めされることが何度もある。このじりじりするような停滞感が執拗に記される。反対に、沿岸の松林に鶴が群れ集う風景などが記されて、そこにはうつくしさがある。風があり、波音や磯の香が向かってくるようで、航海の臨場感は現在と変わりがないと思える。(船は人力による漕ぎが主で、帆は補助的であったといわれる)
  貫之夫妻は京で生誕した子供を土佐へ連れて行ったのだが、子供はその地で死去し、連れて帰ることができなかった。その悔しさと哀しみもまた全編を貫く主題となる。官職という立場をひきずる貫之が表立った書き手であったならば、こういう個人的事情は記しにくいのかもしれない。十二月二十七日「或人(貫之)の書きて出だせる歌」

みやこへと思ふをものの悲しきは帰らぬ人のあればなりけり

あるものと忘れつつなほなき人をいづらと問ふぞ悲しかりける

  「死」という事実を納得できない、受け入れたくない。何処かに実在しているのではないかという強い思いが、どうしようもなく自然に湧き上がってくる。一月十一日「人(貫之?)のよめる」

世の中に思ひやれども子を恋ふる思ひにまさる思ひなきかな

  「子を恋ふる思ひ」は無論亡き子への思いで、全身に荷重がのしかかるようないつまでたっても逃れられない思いだ。せつなく痛く、何事も手につかない錯乱の一歩手前の心身ではないか。ならば早くそういう辛さから切り抜けたいという願いも起こりうる。「思ひ」が三度詠まれ、技巧的といわれる歌だ。二月三日「船なる人のよめる」歌と応答歌。いずれも貫之作といわれる。

寄する波うちも寄せなむわが恋ふる人忘れ貝下りて拾はむ

忘れ貝拾ひしもせじ白玉を恋ふるをだにもかたみと思はむ

  亡き子を思いつづけなければならない心身の負荷から解放されたい、このままだと狂ってしまう。そのために波よ、思いを忘れられるという忘れ貝を打ち寄せてくれ、拾いに行こう。いや、そうではない。忘れ貝を拾いには行かない。亡き子(白玉=真珠)を思いつづける心を生きる支えにし、後生大事にしていこう。今一度、その心に立ち帰ろうというのだ。

  土佐日記は和歌論でもあるが、その広範な言及にわたしは正直ついていけないのだが、その一端にはふれておこう。紀貫之は古今和歌集の撰者であり、歌詠みとしての声名は知れわたっていたであろうから、詠んだ歌を見てもらいたい、認めてもらいたいという欲求によって貫之に直に接しようとした人も少なからず居たにちがいなく、ここにも登場する。折詰料理を持参したその人は満を持したかのように

ゆく先に立つ白波の声よりも後れて泣かむわれやまさらむ

と貫之を前にして詠んだが、貫之は不快だったようで「しつべき人もまじれど」つまり返歌ができる人もいるにはいたが、しなかった。貫之一行との別れの辛さ、痛切さを「後れて泣かむわれやまさらむ」(後に残されて悲しみのあまり嗚咽するわたしの声は「立つ白波」よりも大きい。それほどわたしの悲しみは大きい)と詠んだのだが、小さな船で旅立とうとする人にとっては「ゆく先(航海途上)に立つ白波」は不吉とされたようで、その言葉(映像)を贈る歌に詠みこむこと自体が無礼だと貫之は直観したので、返歌をしなかった。和歌は自己表現でありながら、それ以前に儀礼としてのツールであることの厳格さを、この歌を持参した人は忘れていたのだ。現代ならば、紙媒体などをとおして和歌や詩は読者に広く届けられるから、あらかじめ贈る人を特定しないかぎり自己表現として受けとめられることが一般的だろう。この「ゆく先の……」という歌も、贈る歌としての限定をとりはずせば、自己表現として何気なく受け入れられる可能性もなくはないのではないか。そうではなく、やはり航海途上の白波はやはり不吉さの印象を拭いがたいのか。わたしはそんなことを頭に思い浮かべたが、にわかに結論を出しがたい。
  先にふれた楫取り(船子と呼ばれる船員のリーダー)についてもう少し書いておきたい。貫之は船主であるから、船を無事に運行してくれれば、それ以上のことをことさら望まなくてもよいように思えるが、人として肌が合わないようで批判的だ。肉体労働者の典型的タイプといえるのだろうか、快楽と実利を第一に追い求めるその姿勢になじめない。十二月二十七日、貫之は、見送りのために停泊中の船にわざわざ訪ねて来てくれた人々への惜別の意をこめて「さをさせどそこひも知らぬわたつみの深き心を君に見るかな」と詠んだ。「君」は見送ってくれる人々で、「深き心」はその厚情。しばし歌とともに人々と詠嘆を共有したかったのではないだろうか。だが「楫取りもののあわれも知らで(人の深い感動を理解しようともせず)」、潮が満ち風も起こってきたので、その時間を断ち切るように、さっさと船に乗ろうとする。貫之にとっては和歌づくりとその余情が第一義であるから、こう書かずにはいられないのだ。
    一月十四日、楫取りが釣った鯛をもってくる。返礼に米(よね)を与えると、後日にも同じことがかさなり、貫之は米や酒を与えると「楫取り気色悪しからず。(上機嫌だった)」貫之は特に鯛を食したいとも受け取られず、楫取りの強引さを描きたかったのだろう。貫之は官吏であるから俸給から食い扶持にあてがうしかないのかもしれず、また貫之は恬淡かもしれない。それにたいして楫取りは、利に敏い。欲しいものが眼の前にあれば、何とかして手に入れようとする。批判のみにとどまらず、自分にはない対蹠的な生活姿勢を楫取りに見出したことを記しておきたかったのだろう。二月五日、船は住江(すみのえ、現在の大阪市か堺市の沿岸部)にある。逆風が起って、漕いでも漕いでも後退を余儀なくされるので、幣を奉る。幣とは絹や紙を細かくしたもので、海の神に風が静まるように祈願してそれを海に投げ入れるのだが、いっこうに効果がない。すると楫取りが「神がもっと喜びそうなものを投げ入れよ」と勧めたので、大切な鏡を投げ入れた。すると風は静まり、海は鏡のように滑らかになり波が消えた。

ちはやぶる神の心を荒るる海に鏡を入れてかつ見つるかな

  神もまた楫取りと同じく強欲で、幣くらいでは満足してくれないのだ、という皮肉だ。恬淡で、文芸興隆をめざす貫之のような人は少数派たらざるをえない、ということだろうか。また楫取りをはじめとする土佐の地元の人々は伝来の俗謡をリズミカルに歌うことができる。そこには「もののあわれ」は見つけられないが、すっかり定着して、たいへんしぶとい存在であるにちがいない。和歌を高尚とする地点からの軽蔑ではなく、和歌のもつか細さを貫之は一抹の危惧とともに自覚したのではないだろうか。
小さい文字
    14:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク