大洋ボート

吉村昭『大本営が震えた日』

  太平洋戦争がはじまったのは、日本時間の昭和16年12月8日。空母6隻を主要とする大規模編成の連合艦隊がハワイ近辺に到達し、オアフ島真珠湾に停泊中の戦艦群に航空機による攻撃をくわえ大損害をあたえた。またイギリス領マレー半島にも同時に上陸作戦が開始された。東と南西方面におよぶ、日本軍としては前代未聞の大掛かりな作戦であり、しかも望外ともいえるはなばなしい戦果をえられた。緒戦の大勝利である。だが吉村昭がこの小説で滲ませようとするのは、この大規模作戦の大ばくち的な無謀さであり、情報漏えいは大きい確率で避けられなかったということだ。にもかかわらず、アメリカ・イギリスは日本軍の動きを警戒しながらも、その動きを正確には把握することができず、結果的には効果的な迎撃態勢をとることができなかった。何故か、油断があっただろう。たとえば、真珠湾は水深が浅く、航空機による魚雷攻撃が不可能と決め込んでいたのだが、日本軍は訓練によってそれを可能にしたのは有名な話だ。またイギリスはドイツとの戦闘の真っ最中で、思い切った兵力投入をアジアに向けてできなかったということがある。だがそれらにもましてアメリカ(イギリスも同じと思われる)の戦争方針の大局である。小説のネタばらしになってしまうが、歴史的事実だから記しておかなければならない。
  「米国ハ日本側カラ先ニ軍事行動ヲ起コサセルコトヲ希望シテイル」末尾近くに紹介される、アメリカ軍のスターク作戦部長という人から、アジア、太平洋両艦隊司令長官宛てに発せられた電報の一節だ。「日本軍ノ侵略行為ガ数日内ニ予期サレル」とも記される。吉村昭は「アメリカが、戦争挑発者という汚名を避けようとしたと同時に、反戦気風のあるアメリカ国民に自発的に銃をとらせようと企てたからであった。」と解説する。攻撃の直前にアメリカに届けられるはずだった宣戦布告が遅れてしまったことも、アメリカ国民の反日感情をさらに増幅させたことも知られている。
  わたしたちは、このようなアメリカの戦争方針を今日仄聞することができるが、指導的立場にある日本人は果たして知悉していたのか。ましてや、末端の兵や民間人は知ることができなかっただろう。日本の不敗神話を信じ、ついていくことしか選択の余地がなかったのか。この小説では、12月8日の大作戦に向けての機密保持のためまた作戦実行のため文字通りの命がけの戦いを強いられる場面が、吉村昭らしく取材にもとづいた事実がつらねられて進行する。個人はその力では国家の方針を覆すことなんてできない。情報を幅広く手に入れられなければ批判することも思い及ばない。必死に国家方針に食らいついて責務に忠実であることを強いられる。読んでいるうちに悲痛さが少し湧き上がってくるのは、そういう「個人」が豆粒のように小さく見えてしまうことだ。未来や事実を個人単位では知ることができないが、国家全体がそれを知れば、個人にもやがてそれがもたらされるが、そういう時代ではなかった。
  冒頭からかなりの頁が割かれるのが、民間航空機「上海号」事件。広東到着予定の時刻を過ぎても機は姿をあらわさず、航空隊は探索にとりかかる。機には暗号ではなく、平文で作成された開戦に関する命令書を持参した某少佐が搭乗している。それが敵の手に渡れば作戦全体に重大な障害となることは明らかで、軍指導者をあわてさせる。機は中国軍支配地域の山岳地帯で不時着の状態で発見されるが、はたして機に生存者はいるか、書類はどうなっているのかは不明。そこで軍は機の爆砕命令を出したり、地上部隊を機に接近させたりする……。
  海南島の三津から出港した大規模な輸送船団のために航空機が哨戒と護衛にあたるが、航空距離の短い陸軍の一式戦闘機(隼)が基地に帰還できずに何機も墜落してしまう。また作戦決行を時間厳守のもと行うために、波浪の激しさにかかわらず上陸用舟艇を輸送船から海面に降ろす前後でも、戦車などを誤って沈めたりし、人身事故も多発する。本格的な戦いに遭遇する前に命を落としてしまうという例だ。さらに開戦前日にあたる7日には、航空隊が哨戒中のイギリス軍の飛行艇に遭遇し、撃墜してしまうということも起きる。マレー国境近くのタイ領に上陸するのも強引そのもの。開戦の数時間前にタイ首相にそれを告げて、タイ領内の移動をもとめるありさま。
  わたしが思いつくまま印象に残った場面をあげてみた。読む人によっては、当然のように別の場面を紹介するだろう。

スポンサーサイト
    16:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

松本清張『Dの複合』

  売れない作家伊勢忠隆が「草枕」という小さな雑誌の依頼を受けて、浦島・羽衣伝説にゆかりのある場所を訪ね行くエッセイを連載することになる。熱心に勧めたのは雑誌の編集係の浜中三夫で、民俗学の知識豊富なうえ仕事熱心で、旅行のコースも彼が企画して案内をかねて同行する。交通費も雑誌社もちで原稿料も悪くないから、伊瀬にとっては渡りに舟といったところだ。浜中は強引さをときどき見せ伊勢を閉口させることもあるが、そこはせっかく舞い込んできた仕事だから、ほとんど彼の方針どおりに動く。だが最初の訪問先から早くも不穏さが立ち上がってくる。殺人事件らしきものに遭遇するのだ。兵庫県北部の網野町というところにある網野神社近くの林に死体が埋まっているという投書があって、警察がちょうどそこを捜査する最中に出くわすことになる。結局死体はそのときは発見されなかったが、後日「第二海竜丸」という古い木札がそこから出てきたりして不可解さをつのらせ、白骨死体もやがて発見される。浜中はその出来事を連載文にも挿入するよう伊勢に要請し、伝説にまつわる辺鄙な場所をめぐる紀行文というコンセプトには不釣り合いと思って渋ったが、結局浜中の要請通りに原稿を書き上げる。そしてこれが結構読者の反響を呼ぶことになる。
  浦島・羽衣にくわえ補陀落国伝説というものも後半に出てきて、頁が随分と割かれる。それら古伝説にまつわる神社やゆかりの地が全国に存在しているというが、わたしには興味はともかくも応答するだけの知識がないので、例をあげて感想なりを書くことができない。ミステリーとしてしか読むことしかできないが、ただそれら伝説は、ロマンというよりも現実に起こりうる「淹留・抑留」として読み換えられて、ヒントとなってストーリーの中心に合流してくる。読者(この小説の)からすれば、伊勢は何者かに操られて雑誌連載をものにしているということが少しずつ見えてくる。はたしてそれが浜中なのか、それともその上司なのか、また別の人物なのかということだ。伊勢を操る人物が即網野神社にまつわる事件の犯人という可能性もある。また彼の周辺の人物がつぎつぎと被害に遭う第二、第三の殺人も起こるが、それが彼の雑誌掲載の記事の影響によるものらしいこと、犯人をあわてさせた、危機意識を植え付けさせた結果だということも朧気ながら見えてくる。勿論、伊勢自身もそういうことをうすうすは感じつづけるが、推理でもって鮮やかに解決まで自分の力でたどりつくということはない。読者に錯覚をあらかじめ与えたうえで、最後にそれをひっくり返すという類いの方法も採用されない。松本清張らしく、伊勢と浜中を全国の関連地に飛びまわらせる展開となる。つまりは、松本は随分と伊勢と読者を遠まわりさせる。読み物として長すぎるきらいがあると書いておこう。
    だが読者にとっては遠まわりさせられることに苦笑混じりに楽しみを抱かせられないこともない。最初の旅行コースがのちに北緯35度と東経135度の交差する地点付近に集中していることが明らかにされ、また関東、東海など、事件に関係する地が同じく北緯35度につらなることも発見される。ここから読者がただちに犯人にたどり着けることはないが、一種スケールの大きさは感じさせる。また中程に不意打ちのように登場する坂口みま子という「計算狂」の女性も印象的だ。伊勢のファンを自称して彼の宅に訪ねて来て、1回目と2回目の旅行距離が350キロでまったく同じだと指摘する。35という数字が前掲の経緯度の数字ともぴたり一致するのだが、坂口みま子自身はその経緯度の数字をどうやら知らないらしい。彼女の語ることが事件にどれほどの関係性をもつのか、伊勢はもとより、読者もわけのわからなさに誘われて戸惑いを抱くが、長い読み物にはこんな風に目先をにわかに変えることも効果的なのだろう。
  伊勢を操る人物(「重要参考人」としておこう、殺人犯の可能性もある)には多くの協力者がいて、これらの人々の乱れない行動が重要参考人の企みにとっては不可欠なのだが、はたして個人単位でここまで実現できるのかという疑問はのこる。



    07:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2016/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク