大洋ボート

吉見直人『終戦史 なぜ決断できなかったのか』

  大変な労作である。著者はジャーナリストで、NHKのテレビ番組『終戦 なぜ早く決められなかったのか』(2012年8月15日放送)の制作にかかわった。その際に土台にした資料に、その後の調査と探求によって新たに得られた資料をさらに加えてこの著書はできあがった。終戦時に政府中枢を担った重臣や彼等に仕えた人々の当時の日誌やメモ、戦後の回想録、さらには近年の現代史研究者の著作やらの膨大な引用がある。さらには各国大使館・領事館の大使・領事・駐在武官からの日本本国への電報と、その暗号電文を解読したイギリス諜報機関の現在公開された資料もある。(日本側が受け取ったであろう電報は軍部によって焼却処分されたものも多数あるという)
  著者の問題意識は題名やテレビ番組題名からもわかるように、何故当時の日本は戦争遂行能力がとっくに喪われているにもかかわらず、ずるずると戦争を昭和20年(1945)8月までつづけたのか、ということで、わたしも同じ思いを抱く一人である。20年6月から8月までの3か月間で日本人死者の総形は60万人であるそうで、全期間(日中戦争も含めて)の死者数が300万人を超えるのであるから、当の3か月間の人命喪失のおびただしさがわかろうというものだ。ぞっとするしかない。当たり前だが、せめて沖縄がアメリカ軍に占領された直後に戦争終結を為しえていればそれら人命は喪われることはなかったのだ。
  戦争終結の研究は19年7月に(陸軍)参謀総長に就いた梅津美治郎(大将)のもとで始められたが、後に外務大臣となる東郷茂徳も腹案を練っていたといい、この二人が終戦工作に携わった主要人物としてとりあげられる。だが、19年末にフィリピンを喪い、20年に硫黄島、沖縄を喪っても依然として政府中枢の方針は表向きは「継戦」であった。まもなくそれは「一撃和平論」なるものに収束されていき政府と軍の上層部で公然の秘密となっていく。つまり敵(アメリカ)に打撃を与えて戦局を有利にしたうえで講和に持ち込むという構想であった。さらに東郷茂徳は当時中立国であったソ連の仲介をつうじての和平構想にもとづいた外交を担わされることになる。現在の広く知れ渡っている知識や常識からすると、愚かとしか言いようがない。戦力の著しい劣化は「一撃」など望むべくもなく、また後に参戦してくるソ連に和平を依頼するなど見当違いもはなはだしいのだが、これは軍のかなりの部分がソ連という国にたいして好意的な見方をしていたからだ。また連合国側の降伏勧告(ポツダム宣言)の受諾が遅れたのは日本側が「国体護持」(天皇制の維持存続)に固執したからで、その意味で無条件降伏ではなく有条件にこぎつけられた。雑然とした書きぶりになったが。
  終戦工作を担う組織が一本化されず、司令塔が不在だったとの吉見直人の批判は全く正しい。一つには、情報の共有がなされなかった。在外公館からの情報にしても武官からのそれは軍特有の秘密主義で国務側(主に外相や首相)に積極的には伝達されなかった。同じく、大使・領事の情報も軍には伝えられなかったようだ。例えば、有名とされる駐スウェーデン陸軍武官・小野寺信大佐の昭和20年2月の電文「ソ連はドイツ降伏より3か月を準備期間として、対日参戦する」があるが、この情報は軍においてはともかく外務省側には伝えられなかった可能性があると吉見は説く。もっともソ連の参戦への否定的な観測の電文も伝えられたので、小野寺情報が日本側で確定されたのではないらしい。また「一撃和平論」や「本土決戦」を実現しうる戦力が底をついていることを軍部は知ってはいたが、それも国務側には伝えず、東郷は「一撃和平論」をかなり遅くまで構想として抱いていて、外交の柱にしていた。一方、梅津という人は秘密主義者として徹底していた。直属の部下さえ、何を考えているのか把握しがたい人柄で、その点で部下には不評だった。そのかわりというのか、天皇への「輔弼(ほひつ)」には忠実で、軍や戦況の実情を昭和天皇に丁寧に説明することを怠らなかった。昭和天皇が「一撃和平論」からしだいに後退し、ポツダム宣言受諾に傾くのは梅津のこの輔弼による情報が大きく作用したという。しかし梅津の終戦工作が天皇への輔弼が主だったとすれば、随分と迂遠だといわざるをえない。
  吉見の批判のもう一つは、司令塔を担いうる傑出した人物が不在だったということで、これは日本的な組織の在り方にも深くかかわるという。「継戦」「一撃和平論」、これが軍や国務の支配的な思想であった。それがたてまえでありながら本音は和平であり、もしくは降伏であったかもしれない。だが戦闘意欲を挫くという心配もあって誰も言い出せなかった。戦闘意欲の旺盛さもまた敵をひるませる大きな要素とみなされたからだ。たてまえや「空気」と呼ばれる全体性、これがゆっくりと動くのを重臣が担当の役割をしこしことこなしながら仰ぎ見るように待つ、これが当時の政府中枢組織のありようだった。(海軍大臣の米内光政がわずかに降伏を口に出したことがあったそうだが、これも米内の「根回し」不足で、かえって他の重臣の反発を食らったらしく、すぐさま引っ込められたという)梅津は「中間派」と呼ばれた。これは複数の案を内包しながら全体を見て齟齬をきたさないように気配りして、ひとつの案を意見するという方法で、彼は最後まで陸軍大臣の阿南惟幾らとともに御前会議においてポツダム宣言受諾反対派だった。軍の突き上げを防ぐためといわれる。内心においては天皇の「聖断」を期待しながらトップの会議においては反対の意見を述べるという二重性。もっとも梅津は梅津のやりかたで陸軍大将にまで登りつめた人で、そのやりかたが組織の「全体」と当時としてバランスが執れていれば、その手法を今さらのように変えることはできなかったのかもしれない。老獪と呼ぶにふさわしいのか。
  東郷茂徳にしても、その外交なるものは随分とゆっくりしていた。腹積もりとしては満州や朝鮮半島、樺太、北千島からの日本の撤退や割譲を覚悟していたらしいが、大胆にそれをソ連側に切り出すことはなく、外交のセオリーなのか、ソ連の真意(参戦か否か)を探るという入り口でもたもたしていた印象がある。だが東郷もまた梅津と同じくそれまでの自分なりの方法を踏襲したといえないことはないだろう。
  個人として突出せず、全体とともに動く。国体護持と引き換えに膨大な人命を犠牲にする。これが重臣の執った行動だ。「天皇は神聖ニシテ侵スヘカラス」という旧憲法体制ならば、いたしかたない面もあったのか。しかし戦争の継続は人命軽視に容易につながるとだけは記しておこう。現在が旧憲法から脱却したのはいいことだ。

スポンサーサイト
    22:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

レヴェナント:蘇えりし者

  森のなかを流れる豊富な水。増水した川のものか、大量の雪解け水かわからないが、カメラはしばらくその水の滑らかな表面を追っていく。やがて主人公のレオナルド・ディカプリオとその息子そのほか数人の男が映し出される。ディカプリオは鹿を発見し銃の照準を合わせて見事に仕留める。だがその銃撃音を合図にこれでもかこれでもかと矢が飛んでくる。ここまでカメラはワンカット、つまり長回しだ。やや距離のはなれた場所にはディカプリオと同じグループの多人数の仲間がいて次々に無慈悲に矢の餌食になる。ディカプリオらは彼等と合流し銃で応戦するが、「敵」はひるむどころか、距離をつめてきて姿をあらわし矢と銃、さらにはナイフを手にして襲いかかってくる。矢の命中によって人は絶命しあるいは失神するが、無残さを嘆く暇がない。同じ悲運に突き落とされる人がそこここに現出するからだ。あわてる、だが震えてはいられない。人々は最善の対処と感覚した行為に即座に就かなければならない。戦闘とはこんなものだろうなと思いを新たにさせられた。この冒頭の場面は観客を引き込む力がある。
  北米大陸の開拓時代が背景で、動物の毛皮採集を生業とするグループが記したように原地住民と激しく対立する。原地住民(昔は「インディアン」と呼ばれた)としては自分たちの土地への侵略であり略奪であるという思いは当然すぎるので、戦争になるのはやむをえないかなと認識させられた。
  それよりも、わたしが印象的だったのは現代との食文化の著しいばかりの相違だ。息絶えたばかりの血まみれの動物から肉を取り出してむさぼり食らう人々の姿で、彼等は餓えているのだろう、また眼の前にあるその死体=肉に激しく食欲をそそられるのであろう。これは、家には冷蔵庫があり、街にはスーパーやコンビニがあり、瞬時にして食欲を満たすことができるわたしたちの食習慣ではない。はたして現代人のわたしがああいう場面で、はたして同じように食欲を刺激されるのだろうかと思ってみた。やはり慣れてしまえばがつがつ口に入れるかもしれないが。
  この作品の見どころとしては全体の4分の1くらいか。グループが原地住民から逃亡する過程でディカプリオが瀕死の重傷を負い、仲間から足手まといにされて見捨てられる。以降は彼の奇跡的な生還と復讐(相手は原地住民ではない)のストーリーだが、これが長くて退屈する。ディカプリオが主演だから、生きようと死のうと彼の溜飲を下げる展開になることはわかりきっているのではないかとの思いがどうしてもつきまとってきた。手を代え品を代えの冬の北米の風景はなるほど美しいにちがいないが、長時間見せられると食傷してくる。
  ★★
    14:19 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

黒い影

  あるいはきな臭さを発散させる黒い影どもがわたしを興味深げに上目遣いに眺め涎さえ光らせて少しずつ距離を縮めやがて取り囲む。しかし彼等のほうから近づいたのではなくて寧ろわたしの恣意の所作が彼等を近づけさせたというべき成り行きと自覚するが長年にわたるその習癖の持続はわたしにとって「初期」と呼べる時期におけるその所作の実感を忘れさせいつの間にか攻守ところを代えた観がある。そういえば彼等のとおさや動き過ぎて不鮮明なその映像に苛立ちとじれったさを覚えさらには空無の塊に連続的に拳を突き入れてわれに立ち返ったときのような徒労と力の不可抗力的な減衰感に陥ったことくらいは記憶にある。あるいはきな臭さを発散させる黒い影どもは当然ながら胡散臭くその実相を毛細血管の隅々までも暴露してみたいという欲望に駆られての手招きするようなこちらからの接近であったのか。あるいは無意識なままの接近は寧ろ彼等とのわたしの同化を促進させるのではないかとの危惧は十分にわたしにはあったがわたしは彼等への意見表明をあえて行わなかった。わたしはわたしの意見を鍛え上げるためにのみ彼等に接近したつもりでもあったがそれというのも彼らの内包するであろう統御不能のエナジーを剽窃したいという欲求をどこかしらに蔵していたのだ。彼等の有するであろう胡散臭さやエナジーがわたしの意見にどういう経路で蔦のように絡まりあるいは貢献してくれるのかという見通しもないままに。
    彼等もまたわたしをとりかこんだまま動かず沈黙を維持し寧ろ彼等のほうがわたしの意見表明を待つかのようでありそのさまはまるで忠実な下部でありながらときにはその様が露骨になることを怖れるかのようにあらぬ方角に視線を向けたりもするが本心はしっかりした梃によって中心を支えられながら「悪事を為せ悪事を為せ!」とわたしを督促するのだ。わたしの意見とはわたしのリズム及びわたしの暴虐と一緒くたになった見かけではあるものの両者はわたしのなかで分離可能であるらしくわたしは後者のみをとりだしてより大きな黒い影とも仮に呼ぶべき「全体」そのものの無慈悲によって中断されたかに見えるまたわたし自身の臆病風によって中断されたかに見える不用品として扱われかねないそれを彼等黒い影どもの唆しに便乗することによって賦活させようとするのではないか。「悪事」の棒切れを噛もうとするのではないか わたしは色気に半身を乗っ取られている脳内のとある部分の痺れによって一時的にせよ堕落してしまっている 黒い影どもの発散させ瀰漫させる大げさな音たてる摺り足と上目遣いと塗料のように盛り上がった涎 それら下品さのことごとくがわたし自身と寸分ちがわないのではないかとの疑念に逢着する 凝視によっては何も見破れず解決しないことを飽き飽きするほど知りながらも黒い影どもへの凝視を依存症としてやめられず停滞が同時的に始まっている その凝視の過剰さのなかでにわかに変成してしまったわたし自身に疑念を呈することは忘れまい。
    13:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

断片

  自己とは何か。環境や他者との関係性によって、おのずからその内容は決定づけられる。人は純粋に孤立したまま生を持続させることはできないので、何らかの職業に就いて社会や他人の役に立つことによって、報酬をえて、それを消費に振り向けることによって生を営む存在だ。だから同じ職場の同じ部署に就いているAという人とBという人がいた場合、しかも性別も年齢も同じならば、第三者の目からすれば、それほどの差異はないといえる。立ち入れば外見やら性格やらその他の差異が見出されようが、そこまでする必要がない場合もある。社会的存在によってふりわけるならば、AとBはまったく同じ立ち位置にある。だがわたしがAであったとすれば、わたしはBとはまったく異なる人間であることは自明だ。たとえば、わたしAは欲望やわたしに固有な観念にもとづいて、自らをいかなる行動に赴かせようかと空想し考える。逆にいえば、行動につく以前の自己を、弓を引き絞るようにして眺望している。行動が実現に至らなかったとしても、だ。無限ではないにしても、わたしは自己にたいする決定や変更の余地を自由として有しているということだ。社会的ふりわけによって、わたしAはBとほとんど差異がないということを十分に知っている。にもかかわらず、わたしAはBもまた当然内包するであろう自己には、わたしがわたしAの自己に関わるようには絶対的に関われない。たとえBがBなる自己を言葉によってわたしAに表白したとしてもだ。触発されることがあってもなくてもだ。Bなる自己は、わたしAの自己とはその距離感や手触りの奇妙さ、また価値観の相違以前にそのかかわりあいにおいて、所有意識において根本的にちがうのだ。つまり自己というものは、わたしAが自己なるAを意識する時間のなかにしかない。外側からみてもその存在は見つけられず、Aという区分のみが抽出されるのみだ。

  特定の社会的対象やら人やらにたいして、わたしは想像し、空想する。関係性を構築してそこに定住するように不動のものにしようとするのか、それとも破壊しようとするのか。指一本触れないことを前提とするならば、どんな想像も空想もまったく自由であり、罪もない。行動に着手しないならば何も変わらない。わたしは依然として同じ職業に従事するAのままである。だがわたしは想像と空想にこだわり惑溺する。何故か、「想像と空想」それ自体をわたしが好むからかもしれない。弱気で意気地なしかもしれない。また現前する社会やら人やらとは直接は無関係なわたしの過去の行動をとらえ返そうとしてなかなか居心地のいい解答を出せないからかもしれない。色々あるだろうが、自然に生起するままの自己にたいしては、正直さは認めつつも不満であり、わからないとしか応じられない。言葉を使って断定し、発現させることができない。行動は萌芽と断片のままで、くだらないこともあり、そうではないことも展望されるのであろうが、不毛といえば不毛だ。わたしはそういう非力で非行動な自己を意識する。そこにはひねくれた自己満足もあるのか。
  ひとつとして同じ「想像と空想」はない。同質と言えないことはないが、微細には少しずつ変成していく。均質な同一性に人は退屈を覚えて飽き足らなくなるからであり、またその間、実際に退屈三昧を十分に浴びてしまっている。「特定の社会的対象と人」もまた「想像と空想」のなかで微細に変化し、その固有性が痕跡をのこしつつもしだいに溶解する。固定した「特定の社会的対象と人」はそれ自体として依然として自己の外側に存在しつづけるが、それとは別個に、社会性という自己以外の外側の領域から自己内に、自己に適合するように変成する。つまりは二重化される。自己にとっては居心地のよさを「想像と空想」が獲得する過程である。何もしなくてよいのかという自己への詰問は衰え、むしろそういう「想像と空想」に惑溺する自己をわたしは無意識に擁護し、また逆に赤面する。そういうわたしとは何なのか、執拗に意識せずにはいられない。惑溺する時間帯に入ってしまったわたしもまたぼんやりした輪郭をもった特定の自己をえて、変成してしまっているのだ。そういう自己になにやら薄気味悪さを覚えてしまうのは、もう少し時間が経過してからだ。
    13:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
04 ≪│2016/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク