大洋ボート

ある漂流

   不明瞭な言葉を不明瞭な映像に投げつける。フラッシュが断続的に焚かれ何がしかの輪郭を垣間見せるが、確認できないままに闇に戻る。これでいいんだと思うのか。映像の中身をすでに知悉していると自惚れ混じりにみずからに言い聞かせるが、ほんとうは知ったつもりの映像をそこに固定したくない、決めつけたくはないのだ。ほんの少し後退したい、それでもって安心と猶予を得たい繊弱の気質だ。それどころか居心地いい暖かい一家団欒の妄想にも通じる気分を無意識裡に導入してしまっているのではないか。そのくせ一方ではそれを断定してしまいたくはなく、一時しのぎ、もしくは不調を自認する。真逆の「知悉した輪郭」がその映像のなかに確固として在ることをみずからの存在理由として言い聞かせたい、「知悉した輪郭」と格闘したいという義務意識めいた執着もどうやら未練がましくもあるようでもある。切れかかった縄に無謀にしがみつくように。それらの理由や背景が総じて襲いかかりもたらすところの映像の不明瞭さの呑気さまた頑固さ、贔屓の見方をすれば壮大さでもあるが、それ以上のことをおまえはできやしない、やろうともしないと誰が言うのか、この言はわたしを大いに慌てさせる。もっとも縄が切れようと切れまいと縄は映像の不明瞭さとほとんど同義だから視認はできない、いや不明瞭さゆえ縄は無限に再生されることにもなる。このことが不明瞭な映像の寿命をおそろしく永いものにしているから、みずから果断によって縄を切断することもその方法はにわかには会得できないもののわたしにとっては視野に入ってくる。
   不明瞭な言葉を投げつける。堰は開かず孵化した魚卵は放流せず、断続的に沸きあがる情動を吐き捨てて始末し、あたかも平常に戻ることをよしとする生活習慣にしたがうかのようにほどほどに定期的に、不明瞭な言葉を不在の聞き手に投げつける。自己満足の極み、行為にも対話にもならない、ましてその言葉の痴呆性の酸鼻を嗅ぎ取られて顔を顰められることもない。いや言葉の不明瞭さのむにゃむにゃは闇に限定されて発せられたつもりでもまわりまわって明瞭に存在する聞き手によって掟によって変換された信号として受け止められて排除される運命にあるのかもしれず、わたしの鈍い感覚は鬱陶しくもそうではないかと怖れるが、それでも不明瞭な言葉は性懲りもなく発せられつづける。希望のように、痛みのない打擲を甘受しつつ見えない聞き手にたいしてもそれを返すように。性懲りもなく。



スポンサーサイト
    13:46 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

引き摺られて

  正義は迂遠だ。肉襞の隘路に迷い込んでみえなくなった。前に進まなくてはならないが、お祭りのような義務がそうがなりたてるが、車輪を押しているのか、それとも足が自然に浮いて運ばれるのかわからない。手続きとか方法とかを学ばされ鵜呑みにしてしまうが、とおざかってから直接性に気づく。恨みや異議申し立てが素朴であっても確かであれば、それを文字通り素朴に発信することが何故できないのか、何故後ろ足で蹴らなければならないのか。肉体を鍛えいじめることによって主義主張は向上するのか、向上しはしない迂遠になる。不確かさを内部に置き去りにしたまま不恰好な鎧を纏うことになるだけだ。理論武装といってもまた同じこと。いくつもの峠を越えて、超えてきたというわずかな事実がみせかけの肉体のナルシズムを生むだけだ。傲然たる猶予期間が与えられて、何をしてよいやらわからない快楽がもたらされるだけだ。そのメダルの裏で一方的な依頼心が流入してきても嬉々として引き受ける。悪の媚薬を嗅がされるのもごく自然な成り行きだ。
  やってしまわなければならない、やりつづけなければならないという、恨みではないが恨みに近接した一時しのぎの感情、惰性にわずかに着火してかろうじて保たれる感情の勢いに翻弄されかつ翻弄されつづけることを願う。餌が眼前にぶらさがっているので顔と口を出して食べた気になる。不格好さと怠惰を忌み嫌う人間の群れのなかに仮住まいのようにして居て、上下と並列の関係ともにそこに身を置くだけでかろうじて保たれるつながり。やってしまわなければならないから形だけのほんの少しの貢献でも群れによって賞賛されるが、笑いは木の葉のように軽くさらさらと安っぽく降ってきてとめどなく、腑に落ちない感覚はどうしても残る。もしかすると群れの全員が仮住まいとしてそこに身を置くのかもしれず、そこで終わりではないからやってしまわなければならないという意識は思い出され、例によって恨みのようになお引きずられるが、辞すればたちまち無と化す仮住まい。
  勢いを後生大事にしつつ勢いのまま人の大海に立ち向かおうとするが虚偽意識がまとわりつき、それどころか虚偽への殉教を強要され暗黒の隘路に案内されて人の大海は見えず、終末と疲労を意識させられる。灰汁がにじみだす。目を閉じての激突だけがイメージされ巨きな壁となる。最後の血をふりしぼったつもりが抜け殻の身体をみっともなくも人の大海に晒すことになり、打倒され痕を引く負傷も蒙り、こんなはずじゃなかったと薄汚い涙を流す。痛恨といえるほどのものかはわからないが自分でも飽き飽きした肉体をふり動かして刻み込まなければならず、芝居でもそれは自分に一旦は見せつけなくてはならない儀式だ。だからその後暫くは痴呆となって宇宙を泳ぐ夢に生きる。

    13:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

遁走

  説明すべきだったにちがいないが、敗北を認めることが無性に腹立たしかった。第二幕があることを、まだまだ終わりではないことを自らに言い聞かせていたのか、それも自分では曖昧だった。曖昧さのなかで矜持と憎悪を維持しようとしたのか。正当性は肉襞に縫いこまれ見えなくなった。へし折られつつ、狡さを自覚しつつ、みっともなくも沈黙に沈み込むしかなかったのか。道半ばで投げ出したため度の過ぎたいたずらに過ぎなかったと自他によって見做されることは仕方なかったにしても、時間はあった。今一度問題と脆弱性を俎上にのせ整理整頓し体勢を立て直したうえで、再度進撃する時間はまだまだ残されているとの認知と自覚をうながすことで自らを慰めた。だがもっぱらは空想に終始した。全体に対抗すべく付和雷同以外の拠り所を今さらながら零から建築するにはわたし個人はあまりに力不足だった。それでも自らをふるい立たせようとする鍛錬は日記を付けるように怠りなかったが、また用意は堰を切る直前のように尖鋭に整えられていたが、結局は付和雷同の行動様式の延長線上にあるわたしにとってのわずかな未踏の領域に、空想的にわたしを置くこと以上にどれほども踏みこめなかったのである。
  知らないぞ知らないぞと、わたしは自らのやったことをそう言って顔をそむけたいのが本心としてあったことを否定できない。もしやの報復を恐れたからで、ハリネズミのように身を硬くして防御の姿勢をとった。身の回りをおおげさに監視することに怠りなかった。それでいて誰もいないことに、埃と光が巡回するだけの光景に物足りなさを感じもした。つまりは某月某日以降わたしは楽になった。眉のゆがみが残ったに過ぎない。薄情者がにわかに注目されたごく短い時間が消失して元の薄情者にもどっただけだ。わたしを頼る者などいなかったので、あえて人情を吐露する必要にも迫られなかった。一方では真っ黒な汚物をあの場所に、逃げてきたあの場所に置いて金の宗派像のように堅固に据えつけたい、破壊と醜悪の極みを演出したいという願望も燻ぶりつづけた。王の傲慢を実現することで人格が裏返ることを怖れて後退したが、未練が跡を曳いた。まだまだやり足りなかったのだが、それだからこそ安全に逃げ込めた。そこに居ないからこその無人格だからこそのこの夢は空想の弾力を得て野放図にひろがり、わたしはそれを弄ぶことで時間をつぶした。自由は退廃を呼び込み、退廃のつまらなさを長く味わいつくしてやがて飽きた。
  抽象的善意はともすれば具体的悪行にすり替わるが、前者の抒情性と闘争心は発掘されなければならない、それどころかその不徹底性を鍛え直さなければならない。痴呆性の傷の手当ては施さねばならない。後者の不遜と犯罪性も切り捨てることはできようが、できるかぎりはやはり擁護されなくてはならない、あいつはほんとうはいい奴なんだと。これこれしかじかの理由と背景があるのだと。面映さに身体が浮きあがるような薄気味さにとらえられるとしてもだ。断罪すべき罪は徹底して断罪すべきだし、受け入れるべき罰には従容として従わなければならないとしても。そのなかにはわたしも数えられる。

    13:15 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

熱気の代弁

   わたしの熱気はいいかげんの代名詞だった。死をたとえぼんやりとでも彼岸に眺めたのだろうか、ちらちらと意識したのかもしれないがむしろ遮断した。映像をかき消すために汗をとばして必死に踊った、安全地帯で。汗を宝石と称し、自他を騙して売り込んだ。蒼い大きなかたまりが身近をとおりすぎ地響きがした。木の柵が壊れ、土がぼろぼろと崩れ落ちるのを視認して恐ろしくなった。だが時間と食糧はまだ少し残されていると勝手に決め込んで、踊った。刺すような視線ははやとおざかり、わたしのなかで爪楊枝のように追憶に転落し、だれも見ていないのだった。すべてが曖昧、踊れば踊るほど恐ろしくもあるようなないような、とおざかる曖昧さのなか、世界の巨大な曖昧さのなかでの踊りであることを、うそ寒い孤独を、茫然と自覚した。
   記念碑の覚醒の瞬間を維持し酔いつづけることが今の今でなくなりしだいに昨日の出来事となった、分離した。だが追いつづけて模倣しなお酔っ払ったふりをした、これ見よがしに舌のなかの標的を罵倒した。わたしの熱気はいいかげんの代名詞。手が無数に生えてきて、全方位曖昧に伸ばしては欲望の無際限、意志であるかのように見せかけて汗をとばしたが、手も汗も闇に消えた。欲望をいたずらに伸張させると手のとどかない背負いきれない義務と化すのだ。濡れた大きい葉っぱだけがかさばって残り、わたしの頬を舐めいたずらに打った。世に言う屈辱というものだろうか、そう理解して歯噛みすべきだったろうか。だがまだまだ保護されている若い肉がのほほんと下方に在った。傷口は開いていても痛みはなかった。ゼリー状のものがどろっと落ちた。すべてを曖昧にしつつ放擲しつつ痴呆化も厭わず、強がり、熱気を持続させたつもりだったが、下手な芝居の堂々めぐりを自覚せざるをえなかった、飽きてきた。熱気でもって自分で自分をねじ伏せることができると非常手段的に思いついたが、できなかったのか。馬鹿馬鹿しさが湧いてきた。微小な虫の群れがぬるい水の底からゆらめいて昇って来て、たくさんの発疹が赤く灯っては意地悪げに消えた。そんな下方から上方に流れくる河のなかにわたしは浸っていた。訪れてくるものをわたしは無性に期待した。わたしはわたしを絞めつけられるように愛するしかない自分に気付き、足蹴にし裏切った。
    07:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
03 ≪│2014/04│≫ 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク