大洋ボート

『万葉集』巻八・1431,1435,1446,1447

百済野(くだらの)の萩の古枝(ふるえ)に春待つと居(を)りしうぐいす鳴きにけむかも(1431)


  山部赤人の作。赤人の歌は、眼前の風景や出来事に心を動かされてそれをそのまま率直に表現することが多い。その際のあざやかさが赤人の歌の生命だ。歌作りの時間が実際は後刻にずれたとしても、即応的に作られたかのような印象を読者にもたらす。しかし一転してこの歌の場合は、歌われているうぐいすが目の前には存在せずに赤人の想像のなかに存在するところが、赤人の歌のなかでは異例といえる。「百済野」も赤人は訪れたことがあるとみるが、歌の現在では赤人はそこには居ない。萩は落葉樹で「古枝」だから大きさがあって、早春にはまだ枯れたままで全体が白っぽいのだろう。そこに一羽のうぐいすがとまっているという構図。複数のうぐいすよりも一羽としたほうが絵になるように思える。うぐいすが可憐な鳴き声を発することは、うぐいすが春に目覚めて大げさに言えば自己解放することだ。作者にとってもそれを自分のことのように共感したい、また想像のなかの一羽のうぐいすにたいするやさしさでもある。
  うぐいすや梅や雪などは春の歌の定番であり、それらを題材に多く歌がつくられたが、うぐいすが春を告げるように目の前で鳴いて、人がその季節にはじめてその声を聴いて心を動かされたとしても、それをそのまま歌にしても感動にはつながらない。歌としては飽き飽きしているので、そこで歌作りとしては個性化、固有化するための創造的工夫が要求されるのだが、この赤人の歌は見事にそれに応えた。なお「百済野」は現在の奈良県北葛城郡広陵町ということである。「鳴きにけむかも」の「けむ」は過去推量の助動詞で、この歌の場合は目の前ではない場所で起きたことの推量。

かはづ鳴く神奈備川に影見えて今か咲くらむ山吹の花(1435)

  厚見王(あつみのおほきみ)という人の作。「神奈備川」は明日香か竜田のいずれかの川だという。山吹は晩春に開花する落葉高木で、あざやかな黄色の五弁の花をひらく。「今か咲くらむ」は今ごろ咲いているだろうかの意。「らむ」は現在推量の助動詞で、この歌では直接に見ることができない事象を推量することでもちいられる。開花した山吹の花の姿が川面にも映っているという風景。これだけでは単調に感じられたのか、かはず(蛙)の鳴き声を添えた。かはずの姿は直接は歌からはみえないが、読者に想像をうながす作用もあるとみる。絵画的な歌だが、少し弱さもあるか。

春の野にあさる雉(きぎし)の妻恋(つまごひ)に己(おの)があたりを人に知れつつ(1446)


  大伴家持の作。餌をあさる雉が妻の雉をさがしもとめて鳴いて、目立ってしまって人に知られてしまう、という。恋愛中か結婚間もない時期の家持自身を雉になぞらえている。上古においては恋をしてデートの現場を見られてしまうとその男女は注目されることは勿論、激しい非難にも晒されることがあったといい、それを怖れることを歌にした例もある。この時代の結婚事情は詳しく知らないが、おそらくは親同士の合意で結婚させられることが多く、それを男女二人の力で打ち破ることは容易ではなかったのではないかと想像したくなる。身分の高い家持であっても、そういう社会的風潮には無縁でいられなかったのであろうか。
  複数の人にうるさく注目を浴びることは予想を超える緊張と混乱をその人にもたらす。恋の相手に注目されることこそが目的であっても余計な注目が纏わりついてくる。群れのなかに埋没することの平穏さを今さらのように噛みしめるのかもしれないが、よほどの時間がたたないとそれもかなわないのだ。この歌はただ「妻恋」の最中を人に知られてしまった、自分という人間が人々に意識されてしまったという事実だけを淡々と書いた以上の歌ではないが、作者が家持だけに引かれるものがある。読み過ぎを承知でもう少し書くと、家持は恋を意識することとは別に「注目」されることを冷静に意識しようとしたと思う。恋に関して注目されるのは長い時期ではないだろうが(相手を次々換えるようなことをしないかぎりは)歌人としての家持は注目されたがったにちがいない。恋における注目は屈辱の側面があっても、歌人としてよい歌を公表して賞賛を浴びることは当然ながら誇らしいことで、同じ「注目」を意識しながらも、注目されることから逃げずにむしろそれをエネルギーとして歌人として生きたのではないか、そんなことを思った。

世の常に聞けば苦しき呼子鳥声なつかしき時にはなりぬ(1447)


  大伴坂上郎女の作で、彼女は家持の叔母にあたる。「呼子鳥」はカッコウ、ゴイサギ、ホトトギス、ツツドリなど諸説あるそうで、この歌の場合も断定できないという。人に呼びかけるように鳴いてうるさく感じられるという。その鳥の鳴き声がなつかしくなった、好ましく聴かれるいい季節(春)になったというのである。春になって心身ともにいい状態になった、逆に心身の調子がよくなって春を迎えることができた、そのどちらかであるが私は後者かなと思う。恋愛に関することは記されないが、女性にとっては恋愛と心身は男性以上に密接に関係すると愚考する。体調が回復し、煩悶との対話にもほどほどにケリがついた。だから恋も遠望できる。そこまでは読み取れないが、前向きで素朴で、積極性の感じられる歌である。「世の常」は普段という意訳になるそうだが、少し大げさに感じられることもかえって印象深い。
スポンサーサイト
    10:36 | Trackback : 1 | Comment : 0 | Top

『万葉集』巻八・1418、1419、1424,1427

石走(いはばし)る垂水の上のさわらびの萌え出づる春になりにけるかも(1418)


  『万葉集』のなかでも特に有名な歌で、作者は志貴皇子。しかし私は長い間誤解していた。「上」は「ほとり」の意で、滝の頂点を指すのではないという。滝の水が落下したあたりの川原に春になって蕨が萌え出したという風景だ。「さ」は美称の接頭語。春という季節が人にもたらす清新の気が素直に心に伝わるいい歌で、言葉が初句から結句まで淀みなく一気に流れて覚えやすい。春を直接に表すのは無論蕨であるが、それだけではなく春の清新さが滝(垂水)の水にも反映して、結果表現されていて、小さな眺めの全体として春の季節が歌われている。新しく良いことがこれから始まりそうだという予感まで遠望させる。清新の気分とはそういうものではないか。なお、斎藤茂吉はこの滝は小さな滝であろうと推測するが、そのほうが据わりがよくて同感せざるをえない。

神奈備(かむなび)の磐瀬(いはせ)の杜(もり)の呼子鳥(よぶこどり)いたくな鳴きそ我(あ)が恋増さる(1419)

  作者は鏡王女(かがみのおほきみ)で、この人は系統不明となっている。額田王の姉とも舒明天皇の皇女ともいわれる。「神奈備」も「磐瀬」も所在地を断定することはできないという。都のあった現在の奈良県か隣接する大阪府のあたりと思われる。「呼子鳥」もかっこうとも推測されるも他の鳥の可能性もあって、断定できないという。耳にうるさいほどに鳴く鳥であることだけは確かだ。短歌にとどまらず詩全般には風景のなかのモノや動植物に作者や他者を置き換えて表現することはごく一般的で、ここでも鏡王女はみずからの恋心を鳥の鳴き声に置き換えている。しかし作歌するにあたってにわかにそれを思いついたのではないと推察したい。作者は呼子鳥の鳴く季節の日々を同じ場所で暮らしてその声を聞いていて親しんでおり、普段から抱いていたであろうみずからの恋心とごく自然に重ねた。そう思うとまったく無理なく読める。「そんなに鳴くな、私の恋心が一方的につのるではないか」という。恋心はどろどろしたものかもしれないが、鳥の声に置き換えられると騒々しくても何かしら単純化され、すっきりとした印象をもたらしてくれる気がする。

春の野にすみれ摘みにと来(こ)し我そ野をなつかしみ一夜寝にける(1424)


  山部赤人の歌。すみれの花は当時食用に供されていたらしく、赤人もそのために野原に収穫に来た。しかしすみれが野原一面に咲いて埋め尽くす風景がなんともうつくしかったので、予定を変えて野宿してしまったという意。感動を素直に歌うばかりでなく、さらにそれを「一夜寝にける」という行動に移して駄目押しをするところが赤人らしいといえるか。風景に即応的に感動し、それを素直に歌にするのが赤人の特徴だが、歌作りが同時的であったかどうかはわからない。自分の歌のスタイルや傾向を赤人という人はよく自覚して、それに沿って歌作りをしたと思う。

明日よりは春菜摘むと漂(し)めし野に昨日も今日(けふ)も雪は降りつつ(1427)

  同じく山部赤人作。この時代に土地の所有権がどの程度確定されていたのか私にはわからないが、赤人は菜を摘むためにある野原に目印をつけておいた。それで採集の権利をえることができたのだろうか。
「漂む」(シム)は「自分の所有であることを示すために目印をすること」とテキストにある。動詞で、シメシだから昨日のことでそのときも雪が降っていた、今日も同じで、残念がる作者赤人である。それほど印象にのこらない歌とおもうが「雪は降りつつ」について書きたくなった。雪は北国の人にとってはそれほど歓迎すべきものではないのかもしれないが、南国の人にとってはめずらしくうつくしいといえるのかもしれない。またそれがこの歌のように春菜を摘むことを不可能にした原因で作者を不快がらせたとしても、読者にとっては「雪は降りつつ」は言葉として格別に不快ではない。後にこの言葉が頻繁に短歌に使われることになったことを思うと、歌の内部と歌以外の外部とにある言葉の受け取り方のちがいに思い至らざるをえない。歌(詩)の外部では言葉はモノや事象や人に直結し、それらが人に与える影響や損得までも喚起するが、歌の内部ではなにかしらそういうことがややぼんやりしてくる。そのうえで、映像は勿論のこと、気分までも呼び起こすのだ。歌のなかの言葉としての美の固有の世界と、歌の外部の言葉が持つ騒々しくもせわしない世界は明らかにちがいがある。もっとも「雪はふりつつ」という言葉の歌のなかでの「定番」もまったく雪の人にたいする害を排除するのではなく、その意が少しぼんやりするということだ。
    14:14 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

殺人の告白

  この映画のなかの一番面白い部分は、冒頭から10分ほどの刑事と連続殺人犯との追跡・格闘シーンだ。刑事のチョン・ジェヨンが夜居酒屋に入ってきて焼酎を注文する。くだんの殺人犯を追い続けているらしく、疲れきった冴えない表情だ。そこへ、いきなりガラス戸を突き破って何とその殺人犯本人が侵入してきてチョン・ジェヨンに襲いかかる。侵入してきたのが人ではなく、まるでオートバイか小型車両のような勢いで、まず観客はここで驚かされる。即座に二人の格闘となり、二人はせまい居酒屋のスペースで暴れまわり、殺人犯は女将を人質にとったりするが、まもなく戸外に逃走し、刑事も追う。外は激しい雨で、建物が密集した夜の街をどんどん移動する。二人の暴れっぷりが凄いので、街でさえ室内のように狭く感じられる。破壊的で痛快そのもの。二人とも無限の体力があるかのように見る者に思わせるのは、チョン・ビョンギル監督の力量だ。道路のみならず、殺人犯が道を挟んで建物から建物へ飛び移ると刑事も負けじと後を追う。
  すぐれた格闘シーンは観客の眠っている体力を呼び覚ます効果があるのではないか。登場人物の暴れっぷりにつられてもっともっとという気になって、こちらはそれほどの体力など無いことも忘れて映画にいつのまにか参加しているような錯覚に陥る。それに夜の暗さと豪雨が映画ならではカッコよさで興奮を増幅させる。追いつめられた殺人犯が建物の壁に敷設された看板に飛び移るが、看板が人の重みで落下する。これは痛い!と思っても殺人犯はまるで不死身だ。殺人犯の「顔」がようやく正面から撮られるが、ソフト帽とマスクで隠している。ここで憎々しさがまた喚起されるのだ。殺人犯のほうが刑事よりも体力がわずかに上回っている。
  格闘シーンは以降2回、計3回あるが、あとのものは少し雑だ。とくに走行する最中の車両の上での格闘などは、そんなことできるわけないと誰もが思うだろうが、これも冒頭のシーンがあまりによくできているので、その余韻で肩入れできる。話としては「時候成立」のあと「真犯人」が名乗り出るということからあらためて始まるが、目新しさはそれほどでもない。
 いや、しかし、韓国映画の暴力・アクション描写は世界的水準に十分に達している。
   ★★★
    21:21 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

『万葉集』巻七・1367、1398,1409,1410

三国山木末(こぬれ)に住まふむささびの鳥待つごとく我待ち痩せむ(1367)


  譬喩歌(ひゆか)という分類にされた歌の一首。思ったことを直接には表現せずに物にたとえて詠んだ歌だという。私は不勉強でよくわからないが、雑歌(ぞうか)相聞(そうもん)という他の分類との画然とした区別はないといわれる。また恋愛を題材にした歌が多いというが、万葉全般が恋愛を多くあつかっているといえる。
  作者が自分をむささびに譬えて鳥を捕らえようとして待ったが、それがかなわず、つまり食べられずに痩せてしまったという意。「譬喩歌」にこだわらずとも自分の恋をむささびと鳥の関係にたとえていることは容易にわかる。印象に残る言葉は「むささび」と「待ち痩せむ」。むささびは映像でしか見たことがないが、飛膜と呼ばれる肉の膜をひろげて滑空することができる。木から木へ飛び移ることができて便利そうだ。私にはこの動物の肉体のやわらかさをこの歌から受け取る。鳥類も哺乳類も肉体のやわらかさは同じ程度と思われるが、表面をおおう羽毛と体毛のちがいか、哺乳類のほうがどんなに痩せていても余分な肉が垂れたように見えるからか。鳥類が痩せる状態は大きい鳥でないと想像しにくいが、哺乳類だと想像しやすいということがあるかもしれない。むささびの痩せた肉体の哀れさ、やわらかさ。第5句の「待ち痩せむ」は直前の第4句「鳥待つごとく」で「待つ」が使われているにもかかわらずいちばん吸引力がある。一首の錘となっている。作者の恋はいったんは成就したもののその後、会えない状態が長くつづいて憔悴してしまったということか。

楽浪(ささなみ)の志賀津の浦の舟乗りに乗りにし心常忘らえず(1398)


  若い時代の恋愛は実らないことが多いのかもしれない。万葉集でも同じで、恋愛を歌ったものの大部分はその成就がかなわず、幸福よりも不幸や無念さや憔悴が歌われる、また死別の悲しみも「挽歌」その他で多く歌われる。そんななかにあってこの一首は特異だ。またこの歌は注釈がないと私には読めず、ようやく「理解」したあとこの歌に頼もしさを感じた。テキスト「日本古典文学全集3 万葉集2」(1972年初版)の口語訳は「 楽浪の 志賀津の浦で 舟に乗るように 妻が乗りかかったこの心は いつも忘れられない」となっている。第3句「舟乗りに」を「舟に乗るように」と解釈すべきという断りは私にはできなかった。私が敷衍すると舟が作者の男性で、それに乗った人が妻となった女性となる。過去が歌われているようだが、作者は妻に先立たれたのか。しかし作者についてきてくれた妻にたいして作者はたいへん感謝するのだ。妻のおかげでたいへんいい人生が送れたという幸福感の表明であり、死別としてもその悲しみよりもむしろ確固としたいい思い出ができたことを誇らしく思う。夫婦関係を自慢すると、わが国ではすぐに「のろけ」と言ったりして遠ざける傾向があり、それを思って自慢する側も控えめにしたりもするが、この歌ではそういうみみっちい配慮はなく堂々と歌われるのだ。この歌の気風は万葉ではめずらしいのか。同じ作者と思える同工異曲の歌「百伝(ももづた)ふ八十(やそ)の島廻(しまみ)を漕ぐ舟に乗りにし心忘れかねつも」(1399)

秋山の黄葉(もみぢ)あはれとうらぶれて入りにし妹は待てど来まさず(1409)
世の中はまこと二代(ふたよ)は行かざらし過ぎにし妹に逢わなく思へば(1410)


  二首ともに挽歌。1409の「あはれ」は面白がること。「うらぶれて」はうちしおれて。秋の季節の黄葉のうつくしさに惹かれて弱々しいさまで入っていったきり、妻は待てども帰ってこない。実際に妻がそういう行動をとったのではなく、死後の霊魂が山に入っていくという思想に基づいているという。幻想を喚起させる歌だ。死を予期した妻が、はっきりとそれと言わずに別の言葉で別れを告げる場面が思い浮かぶ。1410番も妻の死の寂しさを歌う。妻の死は疑いようがないが、もしかして妻に逢えるのではないかという幻想をいったんは喚起されるように私は受け取る。だがそれは未練だ、非現実だと作者は自分に言い聞かせる。「世の中はまこと二代は行かざらし」。二代あるならもう一度妻に逢える、もういちど人生を妻と送れる、ということだ。それができそうに思える時間が、幻想がわずかに人にはある。死は、ことに若年や壮年の死は無念であるとともに「謎」であるだろう。昔も今もそれは変わらない。
    14:08 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

『万葉集』巻七・1268、1269、1271、1304、1336

児らが手を巻向山は常にあれど過ぎにし人に行き巻かめやも(1268)

  「児らが手を」は巻向山の枕詞。恋人の手を借りて枕にすることから枕を巻向山のマキにかけた。「児ら」は単数で「ら」は接尾語。「過ぎにし人」はすでに他界した人で、作者にとってはかつての恋人か配偶者を指すのだろう。死別した人への思いが常に胸中にあって、たまたま目にした巻向山とその名に触発されて歌にした。「行き巻かめやも」は、死者のもとへ行って手枕をさせることができようか、できないという反語的抒情。常住する思いの痛切さと外部の風景や言葉の移り変わりとが巧みに交錯されて歌われる。すると「児らが手を」もたんに枕詞としてではなく、死者の生前の姿を彷彿させるはたらきを持つ句としてもとらえかえされるのではないだろうか。

巻向の山辺(へ)とよみて行く水の水泡(みなあわ)のごとし世の人我は(1269)

  「山辺とよみて」は山部を響かせての意。「行く水」は麓をながれる痛足(あなし)川を指す。「痛足川川波立ちぬ巻向の弓月が岳に雲居立つらし」(1087)という同時期同じ作者によって詠まれたと思われる歌もある。川の水が勢いよく波立てて流れるさまを見るのは爽快にちがいなく、見入ることに没入する時間が短くてもある。だが同じ風景がしだいに微視的に移り変わって「水泡」に凝結する。時間の経過のなかで風景が二重性を帯びるのだ。心の動きがある。そして自分という存在が「水泡」のようにいかにもはかなく小さいものでしかないことへの思いにつながる。この思いも前出の1268番と同じく作者のなかで常住するものだろう。また自分ひとりだけがそうではなく、生きているかぎりは人はみな同じく小さく力なく寂しい存在の「世の人」であるという視点もこめられている。

遠くありて雲居に見ゆる妹が家に早く至らむ歩め黒駒(1271)


  「雲居」は雲のある場所、または雲そのものをさすというが、この場合は「妹が家」のある場所とかさなるので前者とすべきか。地平線に近い雲でなくてはならないだろう。この歌は視線の移動が印象的だ。はじめに「妹が家」のあたりを遠望し、つぎに間近にともにある馬が歌われる。作者は馬上の人なのか、それとも手綱を引いて歩くのか。早く恋人のもとへ到着したいのに馬を走らせようとはせずに「歩め」と諭すのも面白い。以上三首はすべて柿本人麻呂歌集に収録されているとの記述がある。三首とも人麻呂作ではないかと私は思いたい。もっとも1271番は喜びと機知があって、調べは同じではないが。

天雲のたなびく山の隠(こも)りたる我(あ)が下心木の葉知るらむ(1304)


  「下心」は現在でもよく使われる。周囲には知られまいとする強い欲求をさし、下品さや肉体的欲望をからめて使われることも多そうだが、この歌の場合はどうだろうか、後者の要素は希薄だと私は受け取りたい。この歌では下心は恋心だ。恋が成就するかそうでないか、まだ結果はわからない段階か。見初めた相手にもまだ打ち明けていない段階のようにも思われる。恋愛関係が明らかになると、たとえそれが二人にとって幸福をもたらしても周囲の人々は冷たく、ときには非難叱責することが万葉の歌の多くに歌われている。恋愛にとっては現在よりも厳しい環境下にあったのかもしれない。だから安易には漏らさないが、その反対に下心はますます固く確信的になっていき、自己確認し良しとする。そういう頑固さがうかがえるのではないか。「天雲のたなびく山の」は「隠りたる」の序詞で、雲がかかったから山の姿が見えないように、隠すのでわたしの「下心」も見えない、だが木の葉だけは知っているという。「天雲のたなびく山の」は平凡にしか受け取れないが、第5句「木の葉知るらむ」となって作者のごく近い場所へ視点が移動してにわかにリアルさが立ち上がる。木の葉に作者の心が映るのだ。山や木の葉は恋の譬えで、作者が実際に山のなかに居ると解釈してはいけないのかもしれないが、そう受けとってもいいような力がこの歌にはある気がする。

冬ごもり春の大野を焼く人は焼き足らねかも我が心焼く(1336)


  「冬ごもり」は春の枕詞。「大野を焼く」は雑木林を焼いてその跡を農作地にすること。「心焼く」はこの場合、恋愛におけるじりじりして焦り、落ち着かない様子を指す。進行中の恋が思い通りに行っていないことの表現とみる。農作業をする人がそのついでに作者の心まで「焼く」ことはありえないが、作者は実際の恋の深刻さはともかくとして、歌の狙いとしてはおどけて詠んだ。「心焼く」という言葉には万葉集上でははじめて出会うのか。
    11:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2013/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク