大洋ボート

『万葉集』巻三・338、340,343、344,347,348、353,354

  大宰府時代の大伴旅人は「酒を讃(ほ)むる歌十三首」を残している。そのなかのいくつか。

験(しるし)なきものを思はずは一杯(ひとつき)の濁れる酒を飲むべくあるらし(338)


 「験」は効能やきき目をさし、いつまでたってもそれをえられない物思いをするよりは酒を飲んでひとときを過ごしたほうがよっぽどましだ、という意。
  旅人が大宰帥であった時代は728~730年であるから、六世紀半ばといわれる仏教伝来以来、すでに180年ほどが経過している。各地に大規模な寺院や仏像が建立され人々の信仰の対象になっていた。また経典の勉強も盛んにされ、インテリであったであろう旅人もそれに没頭した時期があったのかもしれない。だが旅人には仏教経典は結局は難解で、身につけることはできなかったようだ。わからないことをあれこれ考えたって空しいばかりだ。わからないことをわかったつもりになって偉そうにすることはなお醜くて悪質だ。それよりも肩の荷をおろしてゆったりとして酒を飲むべきだ、そういう時間こそ大切にすべきだ、という主張であり、思想である。 

古(いにしえ)の七の賢(さか)しき人たちも欲(ほり)せしものは酒にしあるらし(340)
なかなかに人とあらずは酒壷になりにてしかも酒に染みなむ(343)
あな醜(みにく)賢しらをすと酒飲まぬ人をよく見ば猿にかも似る(344)
世の中の遊びの道にすずしきは酔ひ泣きするにあるべかるらし(347)
この世にし楽しくあらば来(こ)む世には虫にも鳥にも我はなりなむ(348)

  340の「七の賢しき人たち」は脚注によると魏晋時代の「竹林の七賢人」を指すそうだ。私はそれについては無知。賢人と呼ばれる人たちもやはり酒を愛した。禁欲的ではなかった、先達のそいう姿勢を習って私も酒を愛そうという意。343は、人として中途半端に生きるくらいなら、いっそ酒壷になって酒に染みこんでしまおうという意。344の「賢しら」は利巧ぶって相手に不快さを抱かせる意。340の「賢しき」とは正反対なくらいだ。難しいことをわかったつもりで滔滔と語る人は自分から見れば猿に似て醜いものだ。酒を飲まないので、その好さを知らないままだから。347の「すずしき」は心が清々してなんのこだわりもない状態の意。最高の心境をさすのだろうか、それが飲酒して酔い泣きすることだという。348は仏教の教えを直接に意識して、それに対抗する思想が歌われる。死んだあと、何に生まれ変わるのか、はたまた地獄へ堕ちるのか、極楽へたどりつけるのか、そんなことはどうでもよい。現世でせいいっぱい楽しむことができればそれで十分ではないか、来世のことなど私は心配しないぞ、という意。
  大伴旅人のこの思想には賛同すること大である。旅人は経典を勉強したのであろうから、そしてその難解さを身をもって痛感したのであろうから、経典を語る輩の半理解をも敏感に見抜いたのであろう。くすぐったくも醜いという印象をえたことも納得できるのだ。またそういうことを抜きにして酒を愛するという中心部分だけを取り出しても、私も酒好きであるために共感できる。享楽主義的で、老年に達したためか諦念にも染められている。だがそれもよいだろう。しかし反面、どれもこれも同工異曲でつまらないという印象も抱かざるをえない。飽きてしまうのだ。思想が固定化されてしまったうえ、どの短歌にもそれに付加するものが見あたらないからだ。心が揺れ動くとまでいかないにしてもその兆しがみえない、思想だけの短歌ではつまらない。短歌に限定せずともひろく芸術全般において思想が固定的に表現されるだけではつまらない、ものたりないのではないか。このことは個別の思想にたいする賛否とは別の領域のことである。思想の表明なら芸術ではなく、思想の書で展開したほうがよりすっきりと読者に訴えかけられるのだと思うが。たとえば柿本人麻呂は皇室尊宗思想を強固に維持したが、人麻呂の歌にはそれだけではない、皇室への恋情のようなもの(「恋闕の情」ともいわれる)をそこに付加して肉付けし、最終的に歌にした。付加されたもの全体を私たちは呑みこんで感動を覚えるのだと思う。それにしても『万葉集』は『万葉集』だ。旅人の「酒を讃むる歌十三首」は万葉のなかにあって特異な歌群で、目立つことは否定できない。

み吉野の高城(たかき)の山に白雲は行きはばかりてたなびけり見ゆ(353)
縄の浦に塩焼く火(ほ)のけ夕されば行き過ぎかねて山にたなびく(354)

  353の作者は通観、354の作者は日置少老(へきのをおゆ)。雲が山の方向に移動しないでとどまって見える。塩を焼く煙が風がないためかいつまでも山にたなびいている、という意で、いずれの歌もそれほど非凡さはないが、それでも大伴旅人の一連の思想歌と比較すると、すっきりしていて入りやすい、これこそ短歌ではないかとゆったりできる、落ち着ける思いがする。風景が歌われるとその空間が想像されて広がりができるからだ。雲も煙も少しずつ移動し姿を変えていく。しかし風がなかったり弱かったりすると、それがとどまってみえる、その姿に作者は心惹かれるものを感じて率直に歌にした。何を感じたのか、鮮やかさか、それとも小さな倦怠感か、それはわからないが、わからなくてもよいのだ。束の間の風景の1ショットに私たちも心惹かれることがあり、それはたんに美しかったり、奇妙さを感じただけで、それ以上ではないとしてもやはり印象に残ったことは確かであり、忘れてもかまわないが、少し忘れるにはもったいない気がして歌にとどめた。
  人は勤労一辺倒では息が詰まるものだ。そこからほんのひととき、わずかに距離をおく時間がだれにでもあるが、それは貴重というべきではないか。大いなる感動を読者にもたらすばかりが短歌ではない、短歌の原点をこの二首に私は見る思いがする。

日本古典文学全集〈2〉万葉集 (1971年)日本古典文学全集〈2〉万葉集 (1971年)
(1971)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
    14:11 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

大草原の渡り鳥(1960/日本)

大草原の渡り鳥 [DVD]大草原の渡り鳥 [DVD]
(2003/03/21)
小林旭、宍戸錠 他

商品詳細を見る

  若い時代の小林旭と浅丘ルリ子、それにいかにも1960年代はじめらしい北海道の手付かずの大自然、あとはわざとらしくにやにや笑う宍戸錠、これくらいが見どころで、他には見るべきものがないのかなという感じだ。
  話の構造としては、流れ者の小林旭が北海道の釧路にたどり着いて、地元の善良な人々の見方をして、彼等の土地を奪おうと画策する悪徳実業家の金子信夫の一味を殲滅したあと、さっと立ち去るというもの。小林が浅丘ルリ子と仲良くなりかけながらも、恋愛が禁じられている宿命であるかのようにみずからその発展を断ち切ってしまうのも、流れ者が主人公の映画には常套的なパターンだろうか。
  名作『シェーン』などの西部劇の模倣であろうことは誰にでもわかるだろう。小林旭はわざわざ馬に乗って(それに子供を乗せて)移動するのだから。映画文化を軸にイメージされた大国アメリカへの憧憬が根強かった時代なのか、アメリカ映画がやってヒットさせたのなら日本でも是が非でもやってみたいという思いがあったのか、当時の映画人やこの映画シリーズを支持した観客の心情は今となっては、私にはつぶさにはつかみとれないが。
  小林旭のコスチュームはジーパンに黒の革ジャン、赤いマフラーだ。ヘアスタイルは当時流行った慎太郎刈りで、スポーツ刈りとあまりちがわないが、頭の裾野部分の短いのは同じだが、慎太郎刈りは頭の上部を少しボリュームアップしているのが特徴だ。若かった石原慎太郎の独特のヘアスタイルからこの名がついた。理髪店にも料金表に貼りだされていたのを覚えている。
  小林旭で思い出すのは、あの時代、私の住む大阪市の下町に小林と同年代の若い人たちが溢れていたことだ。中卒で地方から出てきて町工場で働いていた人たちだが、皆さん、うすよごれた作業服にもかかわらず颯爽としていた。子供の目から見てのことだったのかもしれないが、未来を切り拓くようにも思えた。当時は日活映画の映画館も下町の各所にそろっていて盛況だったようで、彼等若い世代の支持も得て、小林旭も輝いていたのだろうと、今からふりかえると思う。
   ★★★
    21:15 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

『万葉集』巻三・328~332,334

あをによし奈良の都は咲く花の薫(にほ)ふがごとく今盛りなり(328)


  有名な歌で、作者は小野老(おののおゆ)。平城京の隆盛をたたえた内容で、まるで平城京のキャッチコピーだ。三十一文字のはじめから終わりまで淀みがなく覚えやすい。しかし感動は少ないのではないか。短歌は実景があって、遠くても近くてもそこに作者がいて心の動きがあるものでなくては佳作とはいえないと思う。都の盛りとは、新しくできた都に人が活発に往来し経済も潤うということだろうが、それも実景にはちがいないが、たとえば繁華街の交差点を映すニュース映像のようなもので、それほど心を動かされはしない。少しは幸福な気分になるのかもしれないが、現況報告という以上にいくらも出ない気がする。なお、「薫ふ」は匂いとともに色の鮮やかさも指すそうだ。
  この歌が披露されたのは大宰府における宴会でのことだそうで、(つくられたのが奈良においてであったにせよ)それならばまた別の意味合いをもつのかもしれない。宴会だから出席者に酒食が供されるのだろうが、創作歌の発表の場でもあった。詳しくは知らないが、現在でも俳句や短歌の合同の発表会があるそうで、万葉の時代からそうしたことが行われていた。この歌が順番として最初に披露されて、都をなつかしむことに関連づけられた歌が、別の歌人によってつぎつぎに披露された。歌の題を限定づけるためにもこの歌は供されたといえる。だがその席で歌のかずかずはいわば即興でつくられたのか。推測するしかないが、わたしはそうではないと思う。あらかじめ小野老のこの歌だけが複数の歌人に知らされて、歌人は宴会にさきがけて想を練ったと思うのだが、どうだろうか。

やすみしし我が大君の敷きませる国の中(うち)には都し思ほゆ(329)
藤波の花は盛りになりにけり奈良の都を思ほすや君(330)

  小野老の次であろうか,「あおによし」の歌に沿って披露された歌で、作者は大伴四綱(おおとものよつな)という人。「わたしは日本のなかではやはり奈良の都が一番になつかしく思うばかりだ」「藤の花が満開になった。奈良の都を思うのでしょうか、あなたは」という意味。「ここにいる誰もがそうでしょうが、わたしも奈良が恋しい。あなたもそうじゃないですか」と列席者に同意を求めた内容だ。わざわざ歌にするほどのものではなく、平板というしかないが、司会進行役を自覚したうえでの発言と受けとるべきだろう。それでも歌にしたのは三十一文字という表現手段が当時大流行下にあって不自然ではなかったからか。現代のツィッターみたいなものか。なお(330)の「君」は大伴旅人を指すとも出席者一同を指すとも諸説ある。そして大伴旅人の歌につづく。
  大伴旅人(665~731)は728年頃から730年まで太宰帥(だざいのそち)という位にあった。大宰府における長官に相当する最高位にあり、歌人としてもリーダー的存在であった。真打の登場というところか。

我が盛りまたをちめやもほとほとに奈良の都を見ずかなりなむ(331)
我が命も常にあらぬか昔見し象(きさ)の小川を行きて見むため(332)
忘れ草我が紐につく香具山の古りにし里を忘れむがため(334)

  「をちめやも」の「をち」は若返るという意味の「をつ」の連用形で、若返ることがあろうか、いや、という反語。「落ち目」ではない。「ほとほと」は不確実や不安をあらわす副詞。奈良の都に帰りたいが、それまで元気でいられるだろうか、自信がもてないという意味。332の「象」は奈良県吉野郡の地名で、吉野離宮のあった宮滝付近。「常にあらぬか」はいつまでもあってほしいという希求の意味。旅人は当時60代前半だから、その時代は現代よりも平均寿命がかなり短かっただろうから、健康にたいする不安は当然あっただろう。334は悲痛さが少し高じているのか。もう都に帰れなくてもよい、都を思い出してじりじりするよりもいっそ忘れたほうがすっきりする、ということか。「忘れ草」は衣服につけると憂いを忘れられるという言い伝えがあり、流行したようだ。効果を限定した一時的なお守りというところか。ユリ科の植物で、ネットの写真で見るとなるほどユリに似ている。望郷の念を中心に据えた、いずれも堂々とした歌いっぷりである。旅人は730年に無事帰郷を果たし、翌年死去した。

日本古典文学全集〈2〉万葉集 (1971年)日本古典文学全集〈2〉万葉集 (1971年)
(1971)
不明

商品詳細を見る
    13:03 | Trackback : 0 | Comment : 1 | Top

『万葉集』巻三・253

万葉秀歌〈上巻〉 (岩波新書)万葉秀歌〈上巻〉 (岩波新書)
(1968/11/25)
斎藤 茂吉

商品詳細を見る

  一首の短歌が人によって解釈がまるでちがうことがあるようだ。

稲日野も行き過ぎかてに思へれば心恋しき加古の島見ゆ(253)


  柿本人麻呂の一連の羈旅歌のなかのひとつで、「稲日野」は「印南野」とも書き、現在の兵庫県明石市から加古川市一帯を指す。「加古の島」は加古川のあたりで、陸地や岬であっても「島」と呼称する用法。または加古川河口の三角州に当時は文字通りの島があったとも推察されている。二つの地名はいずれも景勝の地で、人麻呂は船上の人で、船は明石海峡を過ぎて稲日野の岸に沿ってゆっくり西へとすすんでいく。歌の解釈としては、稲日野の眺めがいいのでいつまでも眺めていたい、船足よ、そんなに急がないでくれと作者が思っていたところ、別の景勝地である「加古の島」が見えてきた。これまた稲日野に勝るとも劣らないすばらしい眺めで、人麻呂は「心恋しき」という最上の褒め言葉を書く。同列か、「加古の島」が眺めとしては少し上回るほどの関係がふたつの地名の間にある。船上からの移動しながらの風景を読んだ歌として、私には自然な解釈に映る。
  ところが近代歌人の斉藤茂吉の解釈はこれとはちがう。「行き過ぎかてに」は行過ぎがたいの意味だが、それは作者の「もうすこしいい景色を眺めていたい」という主観ではなくて、船足が実際に遅くてなかなか進路をすすまないことと受け取る。それにつづく「思へれば」は「もの思う」「もの恋しき」と同類の意味で、旅にあって故郷や家族のことや歌作りのこと、さらに人麻呂にあっては国家や皇族にたいする思い、さまざまな思いが抱懐されることを指す。感傷的であったり、沈鬱であったりしてしまう状態を指すとされる。したがって「思へれば」は行き過ぎがたく「思った」のではなくて、船の進行の遅さによってしだいに旅情に陥ってしまったという独立した句である。第二句とこの第三句とのあいだに「小休止」があると茂吉はいう。「心恋しき加古の島見ゆ」はようやく船がそこまで近づいたという思いがこめられていると受け取るようだ。茂吉は一般的な解釈とは逆に、船は西から東へ進んでいると受け取る。(稲日野は加古川を中心とした東西一帯とする)そうすると茂吉の解釈をひろげれば船は故郷の大和をめざしていることになり、故郷への通過点としてのいくつかの指標のひとつである「加古の島」が見えて故郷により近づいたという感慨であり、その思いによって「物思い」の沈鬱から解放された、ほっとした心情ということになる。
  茂吉の見方によれば「稲日野」と「加古の島」は並列的ではなく目的地により近いということで後者に感慨がこめられている。どちらも景勝地であるにちがいないが。
  私は素人であるから茂吉のような解釈はそれを知らなければ思いもつかないが、それだけに新鮮である。やや無理があるとは思うが、歌が立体化して感動がますように思える。素直に読めば最初の解釈に軍配があがるのかなと思うが。また私は三十一文字を一気に読んでしまう習癖があるが、これも要注意であろう。額田王の「三輪山をしかも隠すか雲だにも心あらなも隠さふべしや」(巻一・18)も二句で切れ、四句目でも切れるそうだ。
    14:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

『万葉集』巻三・235、239

  天皇は「現人神」(あらひとがみ)と呼ばれる存在だ。人間のなかで階層序列的に最高位にある人であり、神としてもっとも崇め祭られるべき存在だ。人間界を代表し統率しながら、人間界の幸福を先頭に立って実現する存在であり、一般人はその行動につきしたがわねばならず、天皇の下に結束しなければならない。天皇はまたあまたある自然界の神のなかにおいてもそれらを下におく最高位の神であり、自然神にたいしてその意思を霊性をもって吹き込んでその意思の実現に役立たせる存在である。万葉の時代にあっては、一般人のすみずみまではどうかわからないが、少なくとも天皇の周辺にある人々にとっては、天皇はそのようにとらえられていた。政治と信仰が天皇という存在によってひとつに纏めあげられていたということになろうか。

大君は神にしませば雨雲の雷(いかづち)の丘に廬(いほり)せるかも(235)


  柿本人麻呂の歌である。詠まれた天皇は特定できないとされ、天武、持統、文武のいずれかとされる。「雷の丘」は現在の奈良県高市郡明日香村で今もその地名は引き継がれている。その地名に自然神としての雷を連想して、雷を落下させる雨雲のうえに仮の宿舎を立てられたということだ。雷をもしたがえる存在としての天皇が称えられている。

やすみしし 我が大君 高光る 我が日の皇子の 馬並めて み狩立たせる 若薦(こも)を 猟路(かりぢ)の小野に 鹿(しし)こそば い這ひ拝(おろが)め 鶉(うづら)こそ い這ひもとほれ 鹿じもの い這ひ拝み 鶉なす い這ひもとほり 恐(かしこみ)と 仕(つか)へまつりて ひさかたの 天(あめ)見るごとく まそ鏡 仰ぎて見れど 春草の いやめづらしき 我が大君かも(239)


   口語訳・( )内は枕詞

(やすみしし) わが大君の (高光る) わが日の御子長皇子が 馬を並べて 狩りに出かけていらっしゃる (若薦を) 猟路の小野に 鹿なら ひざまずいて拝もう 鶉なら 這いまわろう その鹿のように ひざまずいて拝み その鶉のように 這いまわって 畏れ多いことだとして お仕え申し (ひさかたの) 天を見るように (まそ鏡) 仰いで見ても (春草の) いよいよお慕わしい わが大君よ

  
  長皇子(ながのみこ)が猟路という場所に狩に出かけて人麻呂も同伴した。歌はそのあとの宴席で披露されたといわれる。長皇子は天武天皇の第四皇子、「猟路」は奈良県桜井市と推定されている。皇族も天皇の血族であるから天皇と同等の身分であり、暮らしぶりも裕福であっただろうし、崇められたであろう。
  私は人間は互いに平等だという現代の人間観にどっぷりひたっているのか、特定の地位や身分にある人間にたいして「怖れおおい」という感情が湧きにくい。この場合、相手を無際限に高めることと自分を卑しい存在として無際限に低くすることの両方の感情の操作が必要だが、つまりは自己の感情を強引に捻じ曲げなければならないのだが、時代の風潮がはじめからそういうものならともかくも、にわかにはそれはできない。たとえば私が特定の人に悪事をしたとして、その人が必要以上に怒らずしだいに忘れてくれるというなら「怖れおおい」という感情もわくだろう。逆に私がその人から多大な恩を蒙ったとしたなら、やはり同じ気持ちになるだろうが、それでも人間は平等だという人間観は固く、動かしがたいものがある。
  柿本人麻呂はこの時代にあって誰でもが抱くであろう天皇崇拝の感覚を有していた。またさらにそれを強め純粋化しようと心を砕いた人である。それを歌として実現し披露し、人々に心地よく納得させ広げることに生涯を費やした。人麻呂の天皇観を現代の風潮や感覚から批判してもはじまらないのだが、それはそれとして、鹿や鶉が皇子に従順につき従っている、そればかりか畏拝するという歌の光景はやはり私には異様に映る。鶉のことは知らないが、鹿ならいまでも奈良公園にいってせんべいをあたえればおとなしく従順なものである。つまりはごく自然な動物のありかただが、これを人麻呂は皇子の霊性が動物にも吹きこまれた結果であり、うつくしくもありがたい光景としたのである。人麻呂は普段から皇族への「怖れおおさ」の感情を抱いていて、それを皇子のまわりにいる動物を見て、はっとなって思い出させられたということではないか。歌としては鹿と鶉がとりあげられたことが新鮮で、すぐれた部分であるといえるが。これに比べると「春草のいやめづらしき我が大君かも」は自然な感情がこめられているように映って、腑に落ちる。なにかしら安心する。長皇子という人が見目麗しい人であろうという気持ちにすっと持っていかれるから。
  もっともこれほどつきつめて考察することは不要かもしれない。狩のあとの宴席で披露されたというから、現在でも宴席で社長を祭りあげ美辞麗句を呈すことは、礼儀にのっとるかハメをはずすかさまざまにしてもごく一般的なことだから、その範疇として人麻呂のこの歌も受け入れられたとみなすこともできるだろうから。

日本古典文学全集〈2〉万葉集 (1971年)日本古典文学全集〈2〉万葉集 (1971年)
(1971)
不明

商品詳細を見る
    13:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

最初の人間

  真面目な映画だ。物語としては盛り上がりにとぼしく、映像としてもはっとするような美しさも奇抜さもない。それほど印象深くはないのかと見終わった直後は思ったが、何日か経つとこの映画のよさがじわじわと体内に染みわたってくる。ここにあるのは、映画としてことさら奇を衒うのではない、私たちが普段すごしている日常の世界であり、それを再現しようとして映画は何気なさを装って腐心しているのだ。日常といってもひとりひとりちがったものだが、それぞれが毎日自分にとって同じ仕事をして同じ風景に接しているというそのこと自体は共通している。また同じ肉親と毎日のように顔を合わせることも共通している。舞台は1950年代中頃の対フランス独立運動に揺れるアルジェリアの首都アルジェで、何年ぶりかで帰郷した作家の主人公(俳優名・ジャック・ガンブラン)や一人暮らしの老いた母がいるが、作家がかつて毎日接したであろう風景を彼が見るようにカメラは画面に定着させるのだ。砂漠の土の色とそっくりな色の石造りの家々のたたずまい。坂道が多く、小高い場所からは手に取るように地中海の紺碧の海が見渡せる。名所旧跡を撮るのではなく、アルジェで暮らす人々にとってはありふれた風景にちがいないが、ああ私たちもこうやって同じ風景に接しているのだなと、心に染みた。
  母役のカトリーヌ・ソラという女優が疲弊した表情を一貫して顔に刻みつけている。夫を戦争で亡くし若い頃から女手ひとつで主人公を育ててきたその生活の辛苦が刻まれているという風だ。作家は母の苦労を知り尽くすかのようで、肉親を喪った者の打撃がいかに大きいのかも少年期をふりかえりつつ身に染みている。有名作家(アルベール・カミュ)である主人公は学生たちから帰郷を歓迎されるが、アラブ人とフランス人の共存と融和を訴える彼の講演は落胆と失望とで迎えられる。独立かフランス領維持か、旗幟鮮明にしない彼の態度はかえって双方から攻撃される。もはや双方のたたかいは爆弾テロが横行するまでに発展していたので、作家の影響力もそれを制止するに足るものではなくなっていたのであり、作家も十分にそれを知り無力感に打ちのめされる。この無力感及び苦渋が少年期における家庭の貧しさや苦労と二重になって何ともいえない重苦しさを形成するのだ。
  物語が動きそうになる場面がある。作家が少年期にいじめられたアラブ人がいて今は友人関係であるが、その息子がテロ事件の容疑者として収監されている。作家はそれこそ作家の権威を借りてか裁判所に直談判したり息子に面会したりして一筋の光明が見えかかるが、詳しくは書かないがここでもその目論見は挫折し、かえって無力と疲弊がましてくる。青年の死を厭わないひたむきさに作家はなすすべがないのだ。
  ラストではテーブルをはさんで向き合った主人公と母がぼんやりした眼差しをしてうつむき加減になる。ちょっと芝居くさいかなと感じさせられ、さあこれからどんな展開が待っているのか、そう思った瞬間に映画は閉じる。そっけないような、こういう終わり方もありだなと納得した。
        ★★★★
    13:56 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
12 ≪│2013/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク