大洋ボート

服部龍二『広田弘毅』(1)

広田弘毅―「悲劇の宰相」の実像 (中公新書)広田弘毅―「悲劇の宰相」の実像 (中公新書)
(2008/06)
服部 龍二

商品詳細を見る

  激動の一九三〇年代において首相、外相を歴任した広田弘毅の政治的足跡をたどった書。のちの東京裁判(極東軍事裁判)で広田は戦争犯罪者として訴追され死刑判決を下されて刑場の露と消えた。死刑に処せられたのは東条英機はじめ七人であるが、広田は唯一の「文官」で、残りの人はすべて陸軍軍人であった。いわゆる十五年戦争期にあって最重要の政治的立場にあった人だから責任を問われても仕方がないところだろう。裁判が「勝者の裁き」であっても見せしめであっても、また死刑という処断が酷であるとしても、それ以前の問題として。つまり裁判という形ではなく、公正さを旨としてあらためて戦争期を総括しても、やはり広田という人の立場上の責任は免れないだろう。
  そんななか、著者の服部龍二はつとめて冷静に広田の足跡を追うている。はじめから意図的に責任を追究するという立場ではなく、当時の政治情勢とそのなかの広田の言動をつとめて客観的に浮かびあがらせることによって、おのづからその政治的責任が明瞭化される仕組みになっている。だから逆に同時に広田の功績もまた読者は知ることができる。だがやはり批判をあまり控えるのも不自然で、そこにジレンマがある。極刑に処された人をあとから批判することは容易だが、気が重いものでもあるだろう。机に向かっても何も書けない日がつづいたと「あとがき」で服部氏は記している。
  この書にかぎらず当時の戦争に関する本を何冊か読んでみて一番思ったことは、政府=内閣が最高意志決定機関としての体をなしていないということだ。陸軍が首相や内閣の意向などおかまいなくアジア大陸で勝手なことをする。それが既成事実化してしまうと、それを首相等は後戻りさせようとは決してしないようだ。つまり陸軍という組織に大胆に手を突っこんで解体してしまうほどの行動を政府はついに執ることがなかった。シビリアン・コントロールという制度的保障がなかったことが第一要因だが(陸海軍大臣は当時は軍人にかぎられた)、さらにその意味合いの範囲を狭めると、よくいわれるように「統帥権」に政府が口出しできないという制度にもなっていた。戦争地域での作戦や兵の移動は軍が独自に決められた。政府は予算編成の決定権を有していたが、軍もまた政府の一員であった。それに一九三〇年代から終戦期までの内閣はほとんどが一年にも満たない短命で、あまりにも替わりすぎて、それこそ腰を据えて強固な「意志決定」を形成する時間が足りなかったようにも思える。なかには首相としての「大命降下」をくだされながら陸軍の反対にあって組閣できなかった宇垣一成という人もいた。通算で二年以上首相の地位にあったのは近衛文麿、東条英機と斉藤実(1932,5~34,7)のみで、前二者は戦争べったりの内閣であった。また三〇年代以降の十五人の首相のうち十人が軍人である。
  いったい内閣とは何だったのか。陸軍にとってはたんに自己主張をゴリ押ししたり予算をぶんどってくるだけの出先機関ではなかったか。政治・軍事方針は陸軍独自で自己完結的に練りあげ決定しそれに予算をつけて実行する。大陸における政治軍事施策は陸軍の独断専行であったようだ。内閣(およびその周縁部)とはまた戦争拡大に消極的な天皇の意を受けた元老西園寺公望やその周辺の人たち、国際協調を旨とする文民政治家たちが軍部と向き合う場所であったが、その対決姿勢がどれほどのものだったのか、今日において批判は容易だがやはり及び腰、軍部をなだめすかす、その方針をいくぶんか妥協させるという以上ではなかったと見える。そこには国内的まとまりを優先させるための双方の妥協があり、軍が優勢のときは軍よりの政策がとられたということがある。そのことが対外政策を結果的に変更させ歪ませた。また文民政治家が徒手空拳で軍部に立ち向かうことには限界がある、心身をすり減らすことは明らかで、とくに二・二六事件のようなテロを目の当たりにすればこわいだろう。そこに同情の余地はあるとしても、あまりに軍部べったりならばやはり批判を控えることはできない。とくに日中戦争を煽った近衛文麿はひどいもので、第一次近衛内閣の外相だった広田弘毅も近衛の方針に反対しなかったから同罪というべきだろう。以上は日本の戦争期にたいする私の現在までの概略的な観察である。
  広田弘毅が日本政治の表舞台に出るのは1933年9月、斉藤実内閣の外相就任が最初であるが、その前には駐ソ大使を任じていた。そのときの政治経済全般にわたる「粘り強い交渉」が信頼を得て外相を要請されたという。また外務省やその出身者の主流派であった幣原喜重郎(一九二〇年代に外相)の派に広田が属していなかったことも推薦者の意に適ったのだろうとの服部龍二の指摘である。すでに満州国が建国され、国際連盟から日本が脱退してしまった時期だった。広田は連盟脱退には反対だったが、政治の表舞台に立つとなると外交の根幹方針は継続させなければならない。満州国の隆盛と蒋介石の国民政府との融和、つまり日満支提携を構築しなければならず、他方では英米との国際協調もはからなければならなかった。服部はこれを二正面外交と呼び、その困難性、「隘路」を指摘する。蒋介石はもとより英米は満州国を承認しなかったし、(のちにドイツ、イタリア、スペイン等が承認)また蒋介石国民政府との交流も持続させていた。中国内の反満、反日の動きは活発で、中国領土内で日本人が殺害されたこともあったらしい。日本や陸軍は当然憤激したが、あまり国民政府にたいして軍事的攻勢を強めると英米の反撥を呼ばざるをえない。そこに「二正面外交」の困難性がある。
  だが広田は駐華(日本人)公使を大使に昇格させるという対中融和策を果敢に施行した。駐日(中国人)公使の大使昇格も同時的になされた。広田の中国重視のあらわれであり、汪兆銘をはじめ蒋介石政権内部の親日派を喜ばせたようだ。ソ連が権利をもっていた北満鉄道の買収成功につづく広田の外向的成果だと服部氏は指摘する。大使という地位は公使にくらべるとその政治的発言権は増大するものと推察される。また自国日本が「大国」として中国を認めたことのあらわれだろう。軍事一辺倒の陸軍とのあいだに一線を画したうえでの外交宣言とも受けとれる。だがこのことが逆に大陸の陸軍に危機感をつのらせたようで、ほとんど同時的に広田の外交も後退するにいたる。蒋介石政府は満州国の敵国であり、敵国を優遇するかのような施策は何事か、ということだ。陸軍は満州国国境に接する中国領内(チャハル省、河北省)からの国民政府の影響力排除の行動をとった。「華北分離工作」といわれるものである。当然中国は陸軍の行動にたいして不満で駐日大使蒋作賓は広田に善処をもとめたが、広田は不関与を表明した。出先の陸軍に交渉してくれということだ。なおかつ広田は陸軍に押されてか、その軍事的成果を前提にしてか、中国に不利な交渉条件を提示する。「広田三原則」といわれるものだ。排日の言動の徹底的な取り締まり、「欧米依存政策からの脱却」満州国の「事実上の黙認」、防共のための中国領内への駐兵(当時の田尻愛義(あきよし)青島総領事代理の解釈)などの条件が列記されていた。くわしいことはわかりにくいが「華北分離工作」については中止するともなんとも書かれていなかったようだ。また蒋介石が要求した「平和的解決」の条件も親善、融和という言葉でごまかした感がある。一連の流れをみると、広田は陸軍の大陸での勢いに押されて、最初の志とはうらはらに外交姿勢を妥協・後退させていったと見るほかないだろう。

スポンサーサイト
    02:30 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ノルウェイの森

  他者はわからない、何を考えどう行動するか予測がつかないし、その行動の結果も解釈することをときとして拒む。だが私たちは他者との交わりなしには生きていけない。たんに社会生活のうえでそれが必要不可欠というだけでなしに、人を好きになるという気持ちがあるからだ。愛という大きい感情に行き着けるかどうかわからないが、少しでもたがいに「好き」という気持ちがあればつきあうことが可能だし、そうなるとより多く深く相手のことを知りたい、理解したいという欲求も湧いてくる。だが何か予測しない事態が両者の間に起こると、またしても他者はわからないという嘆きに逆戻りさせられる。しかしそれでつきあいが終わるわけではない。別れたり出会ったりしながら、何度でも他者との交わりを試みる。他者はわからない、だが「好き」という感情は本能のように尽きることがなくみえる。その感情にたとえ相手が応えてくれないにせよ。そしてまた「好き」という自分の感情でさえどれほど確かなものなのか、惰性なのか、疑ってしまうことも少なくない。できることを、信じたことを信じた分だけやってみるしかない。この世界とはそういうものだ。そしてこの映画の主人公松山ケンイチはそれを知っている。知っていて、疲れ、無力感にもとりつかれ、距離をもとうともするが、その世界で生きるしかないことを認めてあきらめるように戻らざるをえない。
  主人公松山ケンイチの静かな語り口がよい。高校時代に友人が自殺したことが滑り出しで、彼にとっては不可解そのものの事件で、そのことが最後まで重要なモチーフとして持続するのでふさわしい。幼いのではない、訥々としているのでもない、沈みそうになりながら冷静に前を見つめて正確に語ろうとするのだ。多弁で明るく装うように見えるのは自殺した友人の恋人でかつ幼なじみの菊池凛子で、私には太陽のようにもみえることもあったがショックは計り知れないようで療養所暮らしの身。女優として裏表の二つの感情を表現するのが巧みだ。彼女が東京に彼を訪ねて来ることがあったが、多くは年に何回か彼が療養所を訪ねて合う。勿論ふたりは仲良しで肉体関係もできる。だが菊池には死んだ恋人の面影も忘れられない。松山にとっては菊池はたいへん危うい、彼自身の力では健康を取り戻させることのできない存在だ。また松山には東京の大学で知り合った同期のガールフレンド水原希子もいる。水原は松山に「好きな人」(菊池)がいることを知っていて、作り話であろうか、自分にも恋人がいることをうちあけてそのつきあいのありさまを語る。水原にとっては彼は二番目の男性といいたげだ。この水原希子という女優は若さに輝いていて、菊池凛子に老いの影が少し入っているのと対照的で、学生の松山が惹かれるのもさもありなんと思わせる。肌がすべすべだ。だが水原も天真爛漫ではなく、目の前の松山だけではなくとおくを眺めながらのような語り口をする。自分の思う世界をなぞるように。これは水原だけではなく松山や菊池にも(それ以外の人たちにも)共通する語り口だ。水原もまた具体的には不明だが、人間関係で傷を負った空気を漂わせる。
  この三人には(それ以外の人たちにも)性にたいするコンプレックスがある。恋愛へつうじる呼び水でもあるし、性そのものへの俗物的興味もある。松山は道徳家ではないから、機会があたえられれば応じてしまう。後腐れのないセックスもセックス、菊池とあってするのもセックスということだ。松山にはセックスは数少ない確からしい欲望であるようだ。やりたいという欲に抗しきれない。だがそれだけで人間関係が円滑になるものでもない、自分としても一時の満足でしかないことも知っている。さらに松山ではなく、セックスがうまくいかない場合、障害意識として根強く残ってしまうことも描かれる。これは菊池と死んだ恋人とのあいだでのことで、ここから松山には友人の自殺の原因がおぼろげに見えてくる。だが全てを理解できるにはほどとおく、友人と菊池の「他者の闇」はさらに濃密になる。それと関連する菊池の悲劇的な結末。一番手応えがあるところだが、ここへ持っていくために映画全体があるのではなく、はじめから薄墨色の寂しげな空気感がただよっていて、それがこの映画の狙いで見事に成功している。若い人が性愛と人間関係にどっぷりとつかった世界からみた恒常的な寂しさというのか。
  名カメラマン、リー・ピンビンの腕がここでも冴えわたる。日本の緑深い山や草原の風景が目に染みる。外国のようではないが、スケールの大きさが感じられる。日本人カメラマンが撮ると印象のちがったものになるのかもしれない。映画のテーマに響き合うような寂しさ、かすかな痛みさえにじみだしてくる気がした。
  ★★★★
ノルウェイの森 (松山ケンイチ 出演) [DVD]ノルウェイの森 (松山ケンイチ 出演) [DVD]
()
不明

商品詳細を見る
    02:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

真夏のオリオン(2009/日本)

真夏のオリオン [DVD]真夏のオリオン [DVD]
(2010/03/21)
玉木宏、北川景子 他

商品詳細を見る

  太平洋戦争末期の日本軍潜水艦の活躍を描くが、艦長の玉木宏が考えられないほどの生命尊重を追求する。この頃だから特攻兵器の人間魚雷「回転」が搭載されているが、玉木はその出撃を命がもったいないからということで、命じようとしない。さらにくわしいいきさつは忘れたが、アメリカ軍の地上艦の艦長も歩調を合わせたように、眼前に浮上してくる玉木の潜水艦を安全だからという理由で攻撃しようとしない。こういうことがあったのか、もしかしたら万が一あったのかもしれないが、あまりにも通俗的ではないだろうか。別に生命尊重を旨とする軍人がいてもかまわないが、時代とのせめぎ合いがまったく描かれないことがいかにも現実離れして、コミック的世界にしか受け取れない。
  生意気を言うのかもしれないが、あの頃は総力戦だった。民間人でさえも死を覚悟した時代で、本心では自分一人でも最後まで生きのびたかったであろうが、それをおおっぴらに叫ぶことははばかられた。軍人なら死と引き替えに戦果をあげることが賞揚されたのだ。生命尊重は正当であるが、時代のそういう空気との格闘なしには存在しえない思想であり姿勢であったことは忘れてはならないと思う。そういことがこの映画には描かれていない。
  玉木宏は妙にやさしい。滑舌がよく声の響きもよく俳優としては素質十分だが、アット・ホーム過ぎて戦争にはふさわしくない。玉木一人のせいではないことは承知の上で書くのだが。
  かといって、あの時代をそのままに描いたとしても違和感がぬぐえない。これは『零戦燃ゆ』という映画をDVDでみて感じたところだ。若い俳優が普段使いそうにない「貴様」という言い方を友人に連発していてぞっとした。いい悪いの問題ではなく、今の言葉遣いとあまりにもかけ離れていたからだ。それだけあの時代の戦争がとおくなってしまったのだ。今の時代の空気をそのままに戦争期に運ぶ、また戦争期の特徴をそのままに描く、この方法ではうまくいかないのではないか。戦争期をとおして今の時代を考える、逆に今の時代のなかに戦争期(とはかぎらずとも)の残照を見る、それができればよいのだが、それにはなんらかの工夫や手続きが必要そうだ。両作品を見て感じた。
  ★★

零戦燃ゆ [DVD]零戦燃ゆ [DVD]
(2003/12/25)
加山雄三、堤大二郎 他

商品詳細を見る
    22:52 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

半藤一利他『あの戦争になぜ負けたのか』

あの戦争になぜ負けたのか (文春新書)あの戦争になぜ負けたのか (文春新書)
(2006/05)
半藤 一利、中西 輝政 他

商品詳細を見る

  六人の識者、戦史研究家による座談会形式で、第二次世界大戦前から大戦までにいたる日本の政治と軍事の姿勢を追求している。
  日本には世界戦略がなかった。中西輝政によるとイギリスははやくも1910年前後には「対米戦争不可」の大方針を決定していたという。アメリカのいちじるしい国力の興隆を眼にして戦ってもとても勝ち目はないと諦めたのだろう。それに比べると日本はどうだったのか。アメリカの生産力の大きさを認めつつも、また対米戦争絶対回避の論をもった政治家や軍人がいたにはちがいないが、ついにそれが国論にまでのぼりつめるにはいたらなかった。日本政府は東アジアの軍事勢力地図への関心がもっぱらだった。つまり朝鮮半島や満州国など日本の確保した地域を守るためには中華民国の勢力範囲である「北支」方面を支配しなければならず、そのための日中戦争であった。そして蒋介石の中華民国を援助してやまないアメリカと最終的には激突することになるが、最初から覚悟して対米戦をはじめたのではない。どちらかというと日本は東アジアの戦争に専念したかった、アメリカやイギリスにはできれば東アジアを放置しておいてもらいたいという願望に支配されていた。だからアジアをどれほど侵略すればアメリカが日本に強硬な態度で臨んでくるのか、そういう願望をからめながら読みを入れていたから、読みが甘くなった。できれば対米戦を回避したい、だが日中戦争はやめられないというジレンマに日本政府は支配されていたようだ。そんなさなかでアメリカの「在米日本資産凍結」と「対日石油禁輸」の処置がとられた。ときに1941年(昭和16年)6月、日本軍の南部仏印進駐にたいする対抗処置であるが、日本にしてみれば予想を超えたきびしさであった。
  対米戦争回避は一部政治家や軍人の持論であったが、ついに国論にはならなかった。アメリカという、他の先進国が束になってかかっても勝てそうにない国にたいして戦うや否やという根本方針を決定せずにずるずる先延ばししたのである。またアメリカが日本をかねてから標的にしていることも読めないままに日中戦争を継続したのであり、その泥沼のさなかでの行き当たりばったりの日米開戦であった。廬溝橋事件以来の日本国民に蔓延していた好戦的気分が政治家と軍人の背中を押したということもあるのかもしれない。「八紘一宇」というスローガンが戦前戦中期においてしきりに使われたそうで、これは四つの方向と四つの隅、つまり世界であり、世界は一つというほどの意味だそうだが、皇室と日本民族の優越性も籠められているという。この言葉のなかに当時の日本人の高揚感が表現されていたのか。
  米英との戦いに一歩近づく日独伊三国同盟の締結は1940年9月27日である。かねてより松岡洋右(1933年の国際連盟脱退当時の全権、1940、7、22~1941、7、18までの第二次近衛内閣の外相)はソ連をふくめた四国同盟を構想していた。三国のみでは頼りない、ソ連を味方にすれば米英により強く対抗できると踏んだのだろう、その構想は日本政府内部にも一定の影響力はあったようだ。だがドイツにはそんな気はほとんどなかったようで、それでも日本を同盟に引きずりこむために松岡の言をあからさまに否定しなかったという。つまり日本を表面的には丁重に扱っていた。さらに前年の独ソ不可侵条約締結とそれに連続する第二次世界大戦におけるドイツの快進撃が日本政府中枢の目をくらませた。四国同盟の実現可能性が大きくなるとともにドイツの勝利が視野に入ったと見えたのだ。「バスに乗り遅れるな」と誰かが言ったそうな。三国同盟の締結の翌年の1941年4月には、松岡の手によって日ソ中立条約が締結されたので四国同盟の実現がさらに近づいたと日本政府が考えても不思議ではない。だがその年の6月には、ドイツは独ソ不可侵条約を破棄してソ連への侵略を開始する。この間の、1939年から41年までの国際関係の推移はまことにめまぐるしいものがある。ドイツは対英仏戦に専念するために、またソ連は対独戦の準備期間を設けるための不可侵条約であり、一時的に過ぎなかったのであり、日ソ中立条約もまたソ連にとっては対独戦に戦力を注ぎこむためであった。四国同盟という構想はドイツにもソ連にもはじめから無かったようだ。日本には世界戦略がなかったが、それ以前に国際情勢の分析力がなかった。あれよあれよという間にていよく利用されたことにも気づかずに世界戦争に巻き込まれた。そういう感を抱かざるをえない。アメリカ、ドイツ、ソ連、それら諸外国にたいする見方が自分本位で甘かったのだ。(半藤一利『昭和史』によると、ドイツのソ連侵攻を知った松岡洋右は近衛秀麿をはじめとする諸大臣の前で、ドイツと一緒にソ連を攻めようとまくしたて、自説を180°転換させて驚かせた。)
 
  コミンテルンの日本政府への浸透も議論されている。ゾルゲ・尾崎秀美ラインは摘発されたスパイ網として有名だが、それ以外にもスパイ網が存在したのではないかとの推測がなされている。またこちらのほうがより重要かもしれないが、日本の政治軍事方針がソ連の有利になるように工作が仕掛けられ、歪められたのではないか、ともいう。情報漏洩にかぎらずとも共産主義思想に影響を受けた政治家・軍人たちがそういう方向に日本を導いたのではないか。中川八洋の本ほど断定的ではないが可能性が指摘されている。2.26事件の青年将校がソ連大使館員と接触を繰りかえしていたという「噂」も根強くあるという。陸軍省軍務局長の武藤章(東京裁判におけるA級戦犯で絞首刑)という人は、東条英機に親ソの疑いをもたれてスマトラに左遷させられた。ときに昭和17年5月、前年に摘発されたゾルゲ関連の捜査資料に東条が眼をとおした結果、武藤とその周辺の人物があやしまれたという。中西輝政と保阪正康の発言だ。保阪はまた国民党の指導者の一人陳立夫という人に1992年頃に取材しているが、陳がいうには日中戦争はソ連の演出の元にその指示にしたがった陸軍の共産主義者が遂行したという。蒋介石派と日本がたたかってたがいに消耗すれば毛沢東派を利することになり、ソ連の利益にもなる。現に戦後毛沢東政権が樹立された。ただそれが陸軍内の誰なのかは陳氏は言わなかった。知らなかったのかもしれないが、ソ連謀略論には確信がこめられていたようだ。中西輝政によるとイギリスのMI6も1937年ころから陸軍内部に親ソ的人物が複数存在するとの情報を得て、在日イギリス大使館からの情報報告を命じたという。ただ証拠といいうるほどの確定的な情報は、ゾルゲ・尾崎ライン以外にはいまだえられていない。旧ソ連、中国、イギリス、アメリカ、ドイツ等の当時の秘密文書の公開が待たれる。今後の研究課題だという。
  しかし私は前回の読書感想文でも書いたが、コミンテルンの工作活動がいくら活発であろうとも、それでもってすべての日本の政治方針が決定づけられたとは思えない。軍部の好戦性は今日的視点で見ると異常だが、明治以来アジアに獲得してきた領土を手放したくないという目先の欲求に縛られたのだろう。世界戦略はなかったが地域主義が頑としてあった。それに軍人とはたたかって勝つことによって地位を高からしめるものという偏狭な姿勢も災いしたようだ。たたかわないこと、妥協することも軍人の姿勢として併せ持つことが肝要であるはずだが、それがいちじるしく少なかったのではないか。また、敗走をかさねると「必勝」という信念が逆に肥大化する、物理的な戦力差を冷静に分析することよりも、自己の戦力をいかにして最大限にひきだすかということに関心がそそがれる。死へのおそれを戦術的により軽視する傾向がもたげてくる。「必勝」の観念とひきかえにして。さらに、勝利からとおざかったとしても「戦果」をあげることを重要視する。なにかしら自己破壊に傾斜していくこういう傾向が軍指導部に抜きがたくあったように思え、それはコミンテルンの工作・影響としてかたづけることをできないものと私は思う。また、こういう自己破壊的傾向はなにも戦争の局面にかぎってあらわれるものではなく、私たちが陥る可能性のあるものでもあるだろう。

  問題の指摘は多岐にわたっているが、もうひとつ神風特別攻撃隊等の自爆攻撃にふれてみたい。絶望的な特攻攻撃であったが、これが戦後における日本の抑止力として働いたという。特攻攻撃はアメリカをはじめ連合国の心肝を寒からしめ、その記憶は恐怖を植え付けた。武装解体された日本だが「寝た子を起こすな」式の警戒心を占領国アメリカに抱かせた。安易にいじめるようなことをすると手ひどい反撃が待っている。「抑止力」の所以であるが、こういう指摘はこの本ではじめてえられたが、なるほどと腑に落ちた。たとえば天皇だが、戦後当初はその処遇をどうするか決められてはいなかった。連合国にはなんらかの処分を求める声が多かったことはもとより、死刑を要求する声も根強くあったのだが、結局は死刑どころか裁判にもかけられずにその地位は安泰となった。日本人を統合・支配するために天皇は便利な存在とみなされたからだが、他面、天皇に触れることのおそろしさをこの「抑止力」が想起させたとも考えられる。

昭和史 1926-1945昭和史 1926-1945
(2004/02/11)
半藤 一利

商品詳細を見る
    07:13 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク