大洋ボート

エル・トポ

  「伝説のカルト・ムービー」が四〇年ぶりにデジタル・リマスターでよみがえる。こんな宣伝文句に惹かれて足を運んだが、なかなか面白かった。ストーリーの骨格は、銃の名手の主人公が大活躍をしてヒーローになったかと思いきや、子供を捨てて、暴力集団のボスの愛人とともに逃亡する、つまり極悪人へと豹変する、さらに二〇年後身体障害者の集団のヒーローへとふたたび祭り上げられ期待にたがわぬ活躍ぶりを見せるが、かつて捨てた息子(成人)と再会するというもの。一人の人物のなかにヒーローと極悪人が両性具有のように存在するというところが話としてはめずらしい。だが実際の人間は、絵に描いたようなヒーローよりもこちらのほうにより近いのかもしれない。誤解をおそれずにいえば、見る人はそこに秘かに解放感さえも抱くのかもしれない。だが帳尻合わせは用意されている。主人公は後ろめたさはうしなっていないようで、その贖罪の行為が最後にはなばなしく実現することになる。
  それにストーリーも興味あるところだが、この映画の見所はなんといっても細部への異様なほどのこだわりだろう。とにかくてんこ盛り状態でいちいち覚えきれないくらい目を引く映像がちりばめられている。山羊や子牛の群れが人間のすぐ近くにいる。その一匹一匹の表情が可憐でかつ珍妙でうつくしい。砂漠の小さな町では、人々が無造作につぎつぎになぶり殺しにされるため、水たまりが血の色に染まる、白い壁にも血の赤がいたるところになすりつけられている。これが残酷さを一旦は喚起するものの、映像美として作者の創意工夫として立派に視聴者に受け入れられるのだ。若い修道僧が暴力者によって拉致され無抵抗のまま女装をさせられて強姦される場面があるが、その際口紅代わりに唇に血を塗られる。アレハンドロ・ホドロフスキー監督やるなあ、と思う。スローリーに無関係な映像もある。ボスの女と砂漠を逃亡中に岩を銃撃すると水があふれ出てくる。飲み水を得るためでありえないことだが、納得できる。視聴者は途中からこの映画は映像追求に力点が置かれていることを知って、それがどんどん成功するのでもっとやれという気にさせられるのだ。
  暴力者の群れもよく描かれている。無造作に人殺しをし、犯し、酩酊し、必要以上に笑う。人間を蹂躙するには正気を消さなければならない。悪を冗談に遊びにしようとする、同じ事を一緒にすることによって仲間意識を心地よくつくってあぐらをかく。派手さを、強がりを好む。どうにもとまらない。恥ずかしいが、私にも身に覚えがないわけではない。外部の大きい力によってしか、こういう連中は矯正できないことがよくわかる。
  映画が描く暴力としては、四〇年前ならこの映画は破格であったのだろうか。拒否反応もあったとも聞くが、今日的基準ではそれほどでもない気がする。現実のこちら側ではともかくも、映画のなかでは何をやってもいい、としだいに割り切られてきたのではないか。また、軍人くずれと強盗がタッグを組んだ暴力集団やその弱者虐待、あるいは白人のメキシカンや黒人や身体障害者にたいする差別は紋切り型で、喜劇っぽさに仕立てられているが、切実な現実を反映したものではないだろう。ヒーローが地方都市を舞台にするのも古いか。欲をいえばきりがないが。いやしかし、話の展開の面白さと映像美は賞賛に値する。
  ★★★★
エル・トポ HDリマスター版 [DVD]エル・トポ HDリマスター版 [DVD]
(2011/03/04)
アレハンドロ・ホドロフスキーブロンティス・ホドロフスキー

商品詳細を見る
スポンサーサイト
    03:37 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

我が闘争

  ナチス・ドイツの勃興から崩壊までを描いた記録映画で、一九六〇年の製作。今回はじめて見るが、部分的にはヒトラーの演説などテレビでいやというほど見せられているので、それほど新鮮味はない。もっともはじめて眼にした部分もあり、そこには印象に残るものはあった。
  作りものではない、実写ならではの迫力と凄惨さがある。ビルディングの群れが砲撃によるのか、積み木が崩れるようにたいへんあっけなくつぎつぎに倒壊する。敗色濃厚な時代のナチスがワルシャワのビル群をどんどん壊していく。まるであらたに建築物を建てるために更地にするみたいだ。住民はあらかじめ避難しているのだろうか。一方、ソ連がベルリンに進撃したときにはビル群の窓という窓からおびただしい白旗が突き出される。人間がそこしか逃げ場所がないかのように、お願いだから撃ってくれるなという悲痛な祈りが感じられる。人間の顔が見えなくても人間の感情が白い旗によって代弁される。しかし一方では、今日的視点によっては人間を代弁するはずの白い布地が、ただ単にモノとしての白い布地にしか見えない感覚も流入してくる。白旗にこめられた願いや意味に私(私たち)が、戦争の現場から遠いために鈍感になってしまっているからか。
  ワルシャワのユダヤ人は悲惨だ。収容所に送致される人をのぞいても狭いゲットーに押し込められ、栄養失調と不衛生のどん底の生活を強いられる。路上死する人もめずらしくない。三人の子供が路上で警察の取り調べを受け、ボロ服に忍ばせたにんじんやら芋やらの食料を没収される。彼等にしてみれば泣くしかないし、泣いても情けなさ、悲しさは晴れないだろう。可愛そうだ。自然にそう思えてくる。この三人の子供はなまなましい。彼等がその後どうなったか生き延びることができたか、だれにもわからないが、このフィルムのなかでは見る人の心の中で生きつづける。白旗よりも直線的に私たちに訴えてくるのではないか。また、こういう光景は昔でなくても、現在のアフリカや中南米の紛争国で起こっていそうだ。
  ヒトラーは最初は大衆の人気をおおいに集めて、第一次大戦の敗北で閉塞したドイツの気勢を盛り返した。だが彼は大衆が思う以上にやりすぎた。議会の正式な手続きにおいて、彼は大統領と首相を兼ねる総統という地位を手中にしてしまったが、それも大衆的な期待を利用してのことだ。だが期待することと独裁的権限を与えることは別でなければならなかった。後にヒトラーを引きずり下ろしたくなっても、そのときには制度的な保障(選挙)はなくなっていた。私たちが心しなければならないことだ。だがもはや先進国においては、ヒトラーのようなこわいおじさんが出現することはもはやないだろう。戦争の大規模な惨禍をを思い知ったからだし、領土拡張によるのではなく、自由貿易による経済的発展を身をもって知ったからからだ。ただ、オウムのようなカルト教団や少数のテロ集団が出現する可能性はある。
  ★★★

我が闘争 デジタル・リマスター版 [DVD]我が闘争 デジタル・リマスター版 [DVD]
(2010/12/24)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る
    07:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク