大洋ボート

透光の樹(2004/日本)

透光の樹 透光の樹
日野皓正、秋吉久美子 他 (2005/07/22)
東宝

この商品の詳細を見る

 大人の「不倫」の話。小さなテレビ番組制作会社の社長である永島俊行は、二十五年ぶりに北陸のとある町を訪れる。取材で刀匠に会うためだったが、彼は寝たきりになっていて意識も朦朧状態だった。また永島に忘れがたい好感を残した娘の秋吉久美子もいて、父を看病する毎日だった。秋吉は離婚して一人娘がいる。貧乏生活だ。永島は決意して秋吉に大金を渡し、それを機に二人の肉体関係がはじまる。

 見ている最中は、恋愛の生々しさがあまりにも不足しているのではないかと苛立った。大部分は、永島が機会を作って北陸に赴くのだから、その都度つらい別れがある。走り出したタクシーを追いかける秋吉、あるいは駅での別れが耐えられなくて発車間際に電車に乗ってしまう秋吉。こういうところでは怒りの感情が爆発してもよさそうだと思ったが、秋吉はもっぱら泣いてすがるという風情だ。永島俊行も女優としての秋吉久美子に遠慮があるのではないか。むしゃぶりつく姿勢がない。

 だが見方を変えて、現実のわずらわしさや息苦しさからはなれた、かぼそい夢幻や理想の時間として「不倫」を二人がとらえ、大事にしようとするならばそれは伝わってくる。重要な舞台である杉の大木が、夢幻的な雰囲気をかもしだしてよく撮られている。町や田舎の風景が、日常の視線に沿って撮られることと好対照になっている。

 旅館で海老の刺身を食べながら、永島がそれを秋吉の肉体にたとえる言葉を吐くと「すけべ」と秋吉が言い返す。だがちっとも「すけべ」ではない。現在進行形のセックスが、まるで遠い昔のことのように懐かしがられ、大事にされる姿勢がむしろつたわってくるのだ。透明感というのか。すくなくとも壮年期の津川雅彦が同じせりふを口にすると、こういう雰囲気は出ないだろう。
スポンサーサイト
    01:44 | Trackback : 1 | Comment : 0 | Top

嵐を呼ぶ男(1957/日本)

嵐を呼ぶ男 嵐を呼ぶ男
石原裕次郎、北原三枝 他 (2002/09/27)
日活

この商品の詳細を見る

 石原裕次郎がドラム奏者として売り出す。その人気と挫折の話。バンドのマネージャーが北原三枝で、人気を誇っていたが、有力メンバーであるドラマーの笈田敏夫が高給で引き抜かれた。そこで、喧嘩好きでドラムの腕も荒いが将来性の見込める石原を新メンバーにする。石原の弟でクラシック作曲家の青山恭二の売り込みもあった。

 石原と笈田のドラム合戦のシーンはテレビで何回も紹介されて、有名になっている。笈田の肩を持つ暴漢に襲われて右腕を負傷した石原が、ドラムを弾けないと観念するや、マイクを片手に持って「おいらはドラマー、ヤクザなドラマー」と歌いだすのである。観衆はやんやの喝采で、今見てもジーンとくるものがある。それにうまい伏線が引かれていることに今回気づいた。冒頭近くで、平尾昌晃がバンドをしたがえてクラブで歌う箇所。平尾の歌唱力もあって、これが枕として効いている。石原が釈放された直後の留置所をはじめ、寸暇を見つけては、ところかまわずドラムの練習をやりまくるのも勿論、くだんのシーンにつながっている。それらばかりか、オープニングタイトルを最初にして、全編が歌とドラムの音で満ちていて、その中心的シーンがドラム合戦なのだ。

 母の小夜福子と石原、青山の長男、次男の関係もおもしろい。勉強ができて品行方正で母から将来を期待されているのが青山。それに比べて、石原は喧嘩ばかり繰り返す不良で、ドラムのようなえたいの知れない音楽に夢中になっていて、それにとどまらず、青山をその世界に引きずり込もうするかのように見える。銀行マンのような堅い仕事に青山をつかせようとの願いも、クラシックという分野のちがいはあれ、青山がそこに希望を見出したことで小夜をがっかりさせてしまう。それも長男の石原のせいに思えてしまう。石原は青山の進路と行動を、身を挺して守ろうとしたことは視聴者にはよくわかるし、青山の音楽志望も石原にそそのかされた結果でないこともわかる。小夜は石原と音楽全般に対する偏見と誤解を持っている。にもかかわらず井上梅次監督は、そういう母の小夜福子を念入りに描いている。私にはちょっと興味のあるところだ。

 石原裕次郎はデビュー以来1950年代に絶大な人気を誇ったらしいが、保守階層の一部からは「不良」として危険視されたともいう。そういう層を映画において象徴させたのが小夜福子であったと思う。そして青山恭二がクラシック音楽の作曲家として成功すると、涙を溢れさせて喜ぶのが小夜で、石原にも侘びを入れるのだ。石原はすでに暴漢連中に二回目の襲撃を受けて右手は使えなくなっていたが、もしそういうことがなく、石原がドラマーとして社会的に成効していたなら、小夜は青山に対すると同じ反応を見せただろうか、たぶんちがう。この辺、私には作り手が、社会に対して石原裕次郎や日活映画をその挑戦的な部分をけずって、まるく収めようというポーズをとったのではないかと勘ぐってみたくなるのだ。

 蛇足だが、安部徹という俳優がここでも、前回に紹介した「蘇る金狼」と同様の悪徳社長の役柄で出ている。二十年の時をまたいで達者なものだ。
    00:53 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

蘇る金狼(1979/日本)

蘇える金狼 蘇える金狼
松田優作、風吹ジュン 他 (2000/12/22)
PI,ASM/角川書店

この商品の詳細を見る

 松田優作は平凡なサラリーマンを装っている。黒縁の眼鏡で、陰気でおとなしい印象だ。だが実際は犯罪者。現金輸送車を襲撃して一億円を強奪した。さらにその紙幣が、ナンバーがすべて控えられていると知ると、その資金でヘロインを買おうとしてヤクザに接近する。また、このこととは別に、彼の勤める会社は社長以下幹部連中の横領の噂が絶えない。そこで会社幹部の成田三樹夫の愛人である風吹ジュンに接近し、肉体関係を作ったうえで情報を探る。

 つまり、松田は金と権力と女に眼がない。それを手に入れるためには手段を選ばない悪漢である。不都合だと思えば、ホールドアップした男でさえも、あっさりと射殺してしまう。女でも麻薬漬けにしたうえで、セックスで篭絡してしまう。なんだか嘘っぽい痛快さがある。成田三樹夫、小池朝雄、佐藤慶などが、松田のあまりの強さに腰を抜かそうかというくらいに狼狽してしまうところも、この映画独特の味わいがあって面白い。

 望みのすべてを手に入れて、スーパーカーに乗りながら哄笑する松田を見て、植木等の無責任シリーズの悪徳版かとも思ったが、まだ展開が残されていた。男女間の情愛の問題だ。高飛びしようとしたところへ風吹ジュンがやってくる……。

 ここまで書いてきて別のことを言うのもおかしいが、映画の内容はともかくとして、一番印象に残るのは、松田優作という俳優の不思議さだ。役になりきろうとして、終始無表情で押し通すが、それがみずからの役柄全般に対する「否」を示す表情に見えてしまう。演技の未成熟とばかりはいえない部分が感じられた。強さの裏にある弱さとナイーヴさとでも言おうか。映画は、最終的には俳優の表情で決まってしまうというところがある。魅力的とまでは私には言い切れないが、引っかかってくるものがあった。
    00:23 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ボルベール<帰郷>

 ペネロペ・クルス(ライムンダ)は主婦。ある日、用事で長時間留守にして帰宅してみると、娘が表でずぶ濡れになって彼女の帰宅を待っていた。父(夫)が関係を迫ってきたのでナイフで刺し殺してしまったというのだ。「私がやったことにするのよ。」と娘に言い聞かせ、うろたえる様子をまったく見せないペネロペ・クルス。話はここから始まる。

 憤然とした様子をおしかくしながら娘に「あなたのやったことは間違っていない。」と言外に主張するかのようで、ペネロペ・クルスは落ち着きを見せて死体処理の行動にさっそくとりかかる。彼女自身も昔、同じ目にあったのだ。娘は実は実父との間にできた子供で、現在の夫は無関係である。娘も「父」にそれを死の直前に告げられた。そしてその昔、ペネロペは父と母を放火によって殺してしまったらしいのだ……。
 
 ペネロペは強い強いヒロイン像を見せてくれる。あまりにあっさりとしているので、その強さに鑑賞者はぼんやりとしてしまいがちであるが。

 床にひろがった血を拭いとらなければならない。トイレットペーパーを何枚も死体の周囲に重ねていく。毛管現象というのか、たちまち大量の血が紙に吸い寄せられて赤く染まっていく。血が白い紙に広がっていく様が映像的になんともうつくしいところだ。さらにモップでの拭き取り。死体は毛布にくるんで、休業中のレストランの冷凍庫まで運び込む。そこの経営者が休業することになって、鍵を近所のペネロペに預けていったのだ。

 それだけでは終わらない。映画のロケ隊の男が訪ねてきて三十人分の食事を依頼される。これもペネロペは引き受けてしまい、にわかに持ち主には無断でレストランを開業して、成功して大繁盛してしまう。ギター伴奏でスペイン民謡まで客に披露するくらいで、静かな興奮を鑑賞者に生じさせる。勝利の凱歌である。殺人や死体隠匿が法律的に違反であろうと、ペネロペには後ろめたさがまったくなく、娘も信頼してついていく。「落ち込んだときには仕事に打ち込め!」と人生相談の解答者が言っていたのを思い出したが、それ以上の強さを発揮するペネロペだ。落ち着きがあるうえにはなやかだ。

 このペネロペの強さに姉や友人ばかりか、隣近所の女性も引き寄せられるように集ってくる。そして死んだはずの実母まで亡霊のように出現してくる。母の姉妹と父との関係までが語られ、母とペネロペの和解にまで進展するが、このあたりはセリフ(字幕)に依存するきらいがあって煩雑である。姉の家に隠れている母を、そのおならの匂いで思い出すあたりは、ちょっと憎いエピソードだが。

 死体処理とレストラン経営という現在の二つの課題に、過去の忌まわしい事件にからむ人間関係の修復という課題が重なる。この三つの課題(他にもあるが)をそつなく、しかも前向きにかたづけていくペネロペ・クルスは女性の園のリーダーである。
    00:33 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ジャスミンの花開く(2004/中国)

ジャスミンの花開く ジャスミンの花開く
チャン・ツィイー (2006/12/22)
バンダイビジュアル

この商品の詳細を見る

 中国のある一家の女性の三代記で、1930年代から現代にまでいたる祖母、母、娘の若き日をチャン・ツィイーが一人三役で熱演している。いずれも恋愛や結婚が失敗や不調に終わり、祖母と娘は身ごもってしまった子の出産にこだわる。また母にあたる代のチャン・ツィイーは、いつまでたっても妊娠できないことに悩み、養子(女の子)を貰い受けることになる。

 女性が妊娠・出産しなければ、直系の子孫はそこで途絶える。寂しいことにはちがいないが、この映画からはそれ以上の何かしらもっと大きなこだわりを持って、主人公が出産を待望する様子がうかがえる。中国の今昔の事情は知らないが、堕胎をあっせんするブラックマーケットが、ほとんどの国と同じように同国でも存在するのではないか。だが主人公には「テテ無し子」を生むという困惑はあっても、堕胎を選択肢に入れる様子はない。少なくとも、言葉としてそれを口に出す場面はない。主人公の思想以外に、そこに現代中国のタブー(「公共的」なものとして)の反映があるのかないのか、わからないところだが。

 子供を生んでしまえば「母子家庭」という名の家族が形成される。たんに逃げ去った男への復讐ではない。観賞者としてはその内実がわかりにくいが、主人公にとってはそれは、是が非でも獲得しなければならない成果なのだ。ラストの雨中での出産シーンは、三代にわたる女性のそういう執念の集大成であり、ダメ押しである。

 チャン・ツィイーは最後まで緊張の糸が切れない。主人公の役柄からくる執念とともに、女優としての執念もまた伝わってくる。
    00:39 | Trackback : 1 | Comment : 2 | Top

007は二度死ぬ(1966/イギリス)

007は二度死ぬ (デジタルリマスター・バージョン) 007は二度死ぬ (デジタルリマスター・バージョン)
ショーン・コネリー (2007/08/25)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る

 ジェームズ・ボンド(ショーン・コネリー)が死んだふりをするところから始まるが、この工夫が生かされていない。つまりスペクターであろう数人に襲われたとき死んだことにして、軍艦の上で仰々しく葬式までやって、「ボンド氏死亡」の記事を新聞紙上に出すのだが、敵を油断させる目論見であろうか。だが、スペクター一味に捕縛されたとき「ボンド?死んだはずだ」と敵に言わせるだけだ。それだけで終わってしまう。

 ヘリコプター同士の空中戦がおもしろいか。ボンドのほうは、イギリスから船便で運搬してきた組み立て式の機で、ちょっとちゃちな印象がある。この機でボンドはスペクター配下の正規のヘリコプター数機と一戦を交える。ボンドの機にはロケット砲まで搭載されていて、あんなものを発射すると反動で機がのけぞるだろうに、と思うが、そこは映画、なんともない。つっこみを入れてみたくなった。

 女優では若林映子がうつくしかった。東宝映画のランクでは浜美枝が上だったが、本作にかぎってはまったく逆の印象だ。あと、ドナルド・プレゼンスという俳優がブロフェルドの役をしているが、私にはこの人は善人に見えて、向いていないと思った。
    00:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

減量

  体重が減っているようだ。ベルトが緩くなって、もうひとつ錐で穴をあけなければならなくなった。減量のために特別に何かやっているわけではない。食事の量と質は以前と同じ。運動を心がけているのでもない。50代半ばを過ぎて体重が自然減というのは好ましいことにはちがいない。測定はしていないが、2,3キロは減っているのではないか。以前は65キロであった。(身長163センチ)
   
  だいぶ前に、今回とちがって急激に、同量の2,3キロ減を体験したことがある。喧嘩をしてパンチを浴びて倒され、そこへ腹部への蹴りが加わった。パンチのためではなく、路上に顔を擦りつけたおかげで顔に赤い痣が残ってしまった。だが、それは本題ではない。蹴りを入れられたおかげで、腹部に重い鈍痛が生じて、その間、わずかの食物しか喉を通らなかった。わずかの米飯と冷奴で2日ほどをつないだ。休むほどのことではなかったので仕事はつづけたが、今ふりかえるとその短期日での減量は爽快な印象さえある。たいへん有効なダイエットであった。もっとも、体調と食事量が通常にもどると体重もすぐに元通りになってしまったが。それから、恥ずかしいが、喧嘩のほうは惨敗に終わった。
   
  何日か前から、昨秋以来口にしなかったビールを飲んでいる。暑い季節にはこれがないとダメなようだ。「スーパードライ」ではありません。「第三のビール」です。
Genre : 日記 日記
    00:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

サイドカーに犬

 母よりも少し若い女性へのあこがれを子供が抱く。その純粋さ、ぼんやりしてはいるが、やがて切々とした感情に結晶する。その女の子(薫)の内面の変化と成長がたいへんうつくしく、じんわりと描かれている。若い女性の竹内結子も女の子と仲良くなろうとして一生懸命だ。だが打算的なところはない。見てくれを気にしないざっくばらんさで、つとめて明るくふるまう。しかし最後まで、よそゆきの気分を脱ぎ捨てられない。そんな竹内もうつくしい。

 夫婦関係がこじれて母が家出をする。その直前、スーツ姿でその身支度を整えた母が、あわただしくせっせとコンロを磨いて几帳面さを見せる。やがて何日も経ないうちに、家事の世話を父に頼まれた竹内結子が自転車で毎日通ってくるようになる。パンツからシャツを出して、ロングヘアーもあまり整えないというラフさ。この母と竹内の対照的な外見を短く表現するところが、子供の視線とも重なって引き寄せられる。竹内(洋子)は父の愛人らしく、父との結婚も視野にある。だが子供にとっては、はじめからそんなことがわかるわけもない。

 子供は家庭内のゴタゴタを処理することができない。現実を選び取ることができない存在だ。父母という大人が選んだ現実を受け入れるしかない。そして変化してしまった現実になじもうとする。できるだけ大人の言いつけに忠実になろうとする。寂しいかもしれないが、当面はそうするしかない。こういう子供の内面を子役の松本花奈が、さもありなんという具合にうまく表現している。笑顔をほとんど見せない、だがすねる風でもなく、目の前の大人をおかっぱ頭からのぞく瞳でまっすぐに見つめる。巧みというよりもハマッタというべきだろう。そして幸福なことに、女の子は竹内結子に快適についていく。自転車の操縦を教えてもらったり、一緒に旅行もする。遊びながら仲良くなる。お互いに長く一緒にいても決して苦痛ではない、むしろそうありたいと思うようにまでなる。だがそのときには既に竹内結子は別れをひそかに決断している。「好きな人を嫌いになるって、むつかしいことね。」と竹内は女の子に言う。「好きな人」とは目の前の女の子のことだ。また父もふくまれるのかもしれない。間接話法だが、女の子に通じたのだろうか。

 父は脱サラをして自動車売買の仕事を始めたのだが、なかなかうまく行かない。それがトラブルの因となって母は家出したようだ。だが、どうなりこうなり商売が軌道に乗り出したとき、母が帰ってくる。夫婦間で、父と竹内との間で話し合われたのだろうが、映画はそこはハショる。あくまで子供の視線から描くということで、根岸吉太郎監督はまったく当然の処理をしている。母の家出も戻りも子供にとっては「突然」なのだ。

 女の子の前で母と竹内は激突する。平手を食らわす母。竹内はこれに頭突きで応戦する。「やったあ!」と私は痛快に思った。だが悲しいことに、その場所を去らねばならないのは、当然ながら竹内結子のほうだ。そしてこの場面は直後の場面に引きずられる。女の子と弟と父と従業員が仕事場の広場で遊ぶとき、女の子はなんと父に何回も頭突きを食らわして、父を狼狽させるのだ。じゃれるのではない。女の子はちゃんと見ていた、そうして竹内の意思を引き継ぐのだ。「なぜ洋子さんを引き止めなかったの?」という子供の父への非難、その万感の思いが頭突きには込められている。なんともやるせない。女の子は涙なんか見せない。むしろ視聴者のほうが、じわーっとした涙にからみとられる。

 もうひとつ、ダメ押しするように心が動かされる場面がある。20年経って弟と彼の結婚式の打ち合わせをしていたとき、竹内結子についてのある事実を弟から知らされる。それを知って薫(ミムラ=成人した女の子)は、さっそく行動をとる。詳述しないが、ここもいい。「洋子さん」は薫の心に確実に刻まれていた。
    01:39 | Trackback : 1 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
06 ≪│2007/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク