FC2ブログ
ユナイテッド93
2006 / 08 / 14 ( Mon )
 9,11テロで4番目に墜落した旅客機が舞台。複数の犯人によってハイジャックされたことを知った乗客たちは、携帯電話による地上との交信で、世界貿易センタービルや国防省に、同じくハイジャックされた飛行機が突入、炎上したことを知らされる。ここからが見どころだ。ひとにぎりの乗客たちが犯人に果敢かつ壮絶な戦いを挑む。

 まったく正しい疑いようのない理由が土台としてある。何処か巨大施設への突入目指して飛行する機を、何としてでも阻止しなければならない。自分たちの生命を救うためでもあるが、そんなことを忘れるくらい夢中になって乗客のグループは犯人に体当たりしていく。犯人が憎くて憎くてたまらない。だからこそ、あらかたの目算を立てて、体力と精魂のありったけを放出して戦うのだ。怒号が、絶叫がぶつかりあう。血が飛ぶ。生活とは、暴力行使へのためらいによって成り立っている一面があるが、彼らはここでこそ、それを見事に放棄する。

 この熱さ、この感覚は久しぶりだ。
           OS劇場
スポンサーサイト



テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

23 : 07 : 38 | 映画館で見た映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |