大洋ボート

宇宙飛行士

  宇宙飛行士が母船の外で作業をしていて命綱が切れて宇宙空間に投げ出されたとする。どうなるのか、いろいろ空想してみる。
  もし母船との通信手段をもちあわせていず、しかも母船が救助に駆けつけてくれなければ、彼は母船からとおざかるばかりで酸素ボンベのなかの酸素が尽きれば死ぬことは必定である。酸素ボンベの量ともし携帯食糧を何日分かもちあわせていればその分だけは生きることができるが、以後は絶体絶命であることは変わりない。彼は錯乱するのだろうか、それとも一時的な錯乱状態から回復して落着きをとりもどすのだろうか。彼になり代わって、わたしがその立場にあるとして空想してみる。やはり死ぬことは怖い。これは逃れられない。地上でやりのこしてきたことがあったならば痛恨の思いも噴き出すであろう。
  だが、とわたしは考えてみる。死が恐ければそれを忘れることはできないか。眠れば忘れることが少なくともその間はできるのだ。眠っている間に死に就くことがあるかもしれず、それを怖れて可能なかぎり眠気をとおざけようとするのだろうか。それほど生の残された一刻一刻が貴重だと思わせられるのだろうか。身体を上下左右からとりかこむ星々の輝きに生の充実の反照を幻想することができるだろうか。空想であるから、わたしがその場にいてどんな心的状態になるのか、実際になってみないとわからないのだが、やはりと言うべきか、わたしは眠ることを志向する。眠りとは忘れることであり、中途で投げ出すことであり、誤魔化すことである。眠りから覚めれば記憶はよみがえり、やりのこしたことがあればまたそれに従事しなければならないのだが、眠りの間に死に至ることができれば幸福だと思いたい。

  だれでも一度は死ぬ。これは避けられない。死の向こうにあるのは「天国」やら「極楽」やらと呼ばれるが、実際のところはわからない。人が動物であった時代においては死体は野原に放置され、獣に食われるかそのまま腐敗にまかされるかしかなかったのかもしれないが、これが死の実相だ。つまり丁重に火葬され、墓に納められたとしても死が死であることは等価なのだから。しかし屍を放置することはあまりにも悲痛であり残酷であるという感情も人のなかにはあるのだ。死の世界が「天国」「極楽」でほんとうにあるのかはわからないが、そう見なすことで不安はいくぶんかは和らぐ。死に「やすらかな眠り」と形容することも同じ意味が含まれるだろう。眠りと死は別個のものだが。

  さらに空想。宇宙飛行士が携行する酸素ボンベやら食糧やらが無限の量と仮定したらどうだろうか。彼は寿命が尽きるまで生きるので、その点については地上の通常の生と変わりがない。だが他人との交信は永続に途絶えたままで、ここは通常の生とは著しくかけはなれている。死ぬまで監獄で暮らす囚人でも看守との言葉のやり取りはあるであろうから、想像を絶する生にちがいない。蛇足まで。
スポンサーサイト
    12:55 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

国民・軍・政治

  戦争や侵略によって領土や経済権益の拡張、一国による他国の属国化等が正当性をもつものとして国際的に容認されていたのは第一次世界大戦までであった。そののち不戦条約の締結や国際連盟が創立されたことによって戦争忌避の方向が、充分な強制力をともなわないながら世界的に形作られた。イギリスやフランスはその潮流の形成に積極的だったと思われるが、日本においては一部の政治家をのぞいては特に軍部はこうした世界的傾向には無頓着だったようだ。一般国民もそうであったように思われる。日清、日露、第一次大戦と連戦連勝だった日本はその間に国力を増大してきので、国民の多くはその歩みを総じて肯定的にとらえたのではないか。つまりは軍部にたいする信頼が底流としてあった。
  国民は軍事の専門家ではない。某国との戦を仮定した場合、勝つのか負けるのか、獲得しうる利益や逆に損耗をこうむる人命や経済がどの程度になるのか、国民にはわからない。国民には専門性はなくまして情報はかぎられている。国民はそれまでの経験を土台としての軍への信頼にもとづいて軍に結集するしかないのだ。だが、軍はこうした場合の国民の「好戦性」を梃にしてはならない。あくまで冷静で客観的な軍事的判断によって和戦を判断しなければならないのだし、それに和戦を決定するのは最終的には政治の最高レベルにおいてなされなければならない。軍は専門的判断を政治に提供するにとどまるべきだ。軍には外交や、国内外における国民・他国民との協調や妥協を推進する専門性はない。逆にいえば、軍の専門性は政治の多くの専門分野のひとつに過ぎない。政治の分業システムのなかの部分に過ぎない。軍はなるほど戦争の準備をしなければならないのは理解できるが、その実行と適用を焦ってはならない。まして自画自賛であっても情緒的であってもならない。
  国民大衆は自力で政治思想を形成することはできない。政府機関や与野党や知識人らが喧伝するいくつもの政治思想から選択し追随することしかできない。沈黙するにしても、法律化されたことには従わざるをえない。あとは法律執行の事前事後においてその可否や結果について議会で議論・検証することが残されているのみだ。それすら行われないとき、つまり複数あるべき政治思想が一つを残して他が絶滅状態に陥れば、雪崩を打って一つの政治方向に国民全般が巻き込まれることになる。ファシズムや独裁の事態が到来する。
    11:57 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

観念と現実

  特定の観念にもとづく実践から離脱した場合、そこにあった高揚感やリズムがなつかしく、さらにそれだけを取りだして引き継ごうとしても不可能だ。なぜなら、たとえ高揚感やリズムのみを目的としたとしても、最初に目的とした観念に付随した高揚感やリズムであるからで、それを後景にしりぞかせたつもりであったとしてもそれを手段や梃としなければ、高揚感やリズムは再現できないからだ。
  つまり、特定の観念は自らの世界観と相反する現実とたたかっているので、その現場における緊張感が付随的に高揚感やリズムをもたらすことになるのだから、現場から離脱するとそれにともなって緊張感も衰退し、消滅する。くだんの観念に疑問を抱いたのか、それとも疲れたのか怯えたのか、離脱の理由はさまざまであろうが、現実にたいしての反抗する姿勢は消滅し、自己意識は衰弱を自覚せざるを得ない。そういう自己を奮い立たせるための嘗ての観念の運動下における高揚感やリズムへの追想なのだが、そこにはくだんの観念を俎上にあげて検討をくわえるという論理作業はまだない。その手前であろう。観念をもって相対した現実と観念から離脱したうえでの周囲の現実は、環境が変わろうとも本質的には同じである。そういう纏わり着くような現実に鬱陶しさをおぼえての高揚感やリズムへの懐かしさが自然に起こってくるのだが。
  またとりわけくだんの観念に虚偽意識がまつわりつく場合は、リズムや高揚感は腰折れたものに堕し、追想や感傷にとどまる。ただ、忘れまいと決意することは必然であり、許される。そこにしか生の充実感が無かったという自覚があるならば、それを追想によって繰り返すのも一興だからだ。さらには観念にたいする再検討においても「充実感」は付随してくる。

  現実世界はどこまでも纏わりついてくる。そこに鬱陶しさを感覚するのは、生来の資質にもよると思われるが、少なくともわたしにとっては運命的なのかもしれない。その鬱陶しさにたいして嘗て携えていた観念運動下の高揚感を持ち出して来て追想することによって慰めとすることも一興であろうが、一時しのぎに過ぎない。高揚感を十全にしようとするならば、別の観念に依拠しその運動下に自己を置いて、現実ときびしく対峙することによってしか実現されえないのだ。だがそれは現実にたいする激しい批判や憎しみが土台としてなければ成立しない。高揚感をふたたび獲得することそれ自体が目的ではないのだ。
    11:01 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

近代天皇制・メモ

  江戸末期以前では、庶民が天皇の姿に触れることはほとんどなかったと思われる。また意識することもそれほどなかったのであろう。庶民にとっては支配者は徳川将軍であり、地元の藩主であった。それが明治になって忽然と天皇が姿を顕したのみならず、国家体制とともに同時的に畏敬しなければならない存在として庶民の前に大きく顕在化した。単に伝統の継承者でもなく祭祀でもなくなった。普段は御所の奥に引きこもった縁遠い存在ではなくなった。明治新体制の「統帥者」としてその中心に天皇は置き換えられたのだ。
  明治新体制は西欧諸国と対等の地位を確立するために国家的法体制を整備しなければならなかった。外交交渉ひとつとっても外国から見たとき国家の法的構図を明らかにしなければならなかった。そのために天皇を担ぎ出さなければならなかったが、天皇に無制限の権力を委ねたのではない。「絶対君主」ではなく「立憲君主」としてだ。徳川体制を打倒した以上、天皇以外にはこの役割を担いうる存在は無かったと思われる。天皇が絶対君主ではないということは、国家と法に従属しそのもとで制限を加えられる存在であるということだ。一方、天皇の宗教性は神話や神道にもとづいて無視しえないものだったので、国民(庶民)の前にその宗教性、宗教的権威を江戸末期よりもより鮮明にし喧伝しなければならなかった。仏教はじめ「八百万の神」が併存するという日本国において国家神道の優越性の定着が図られた。これは宗教界からのみならず、国民の側からも運動として澎湃として沸き起こった。「下からのファシズム」と呼んで差しつかえない性質のものだ。
  特に1930年代半ば以降の天皇機関説批判や国体明徴運動の席巻は、国民の多くの賛同がなければ成立しえないもので、アジア太平洋戦争にいたるイデオロギー的基盤が形成された。日清、日露戦争、第一次大戦、満州事変と日本は敗北したことが無かったので、国民意識としては奮闘努力を傾注すれば勝利をもたらされるという確信が勢いづいた。国民としてはかかる見通しをもっても仕方がないのではないかとわたしは思うが、それは軍部が彼我の正確な戦力分析を怠ったから、また間違ったからだ。戦を煽る軍を国民は信頼していた。
    10:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク