FC2ブログ

吉村昭『ポーツマスの旗』

>吉村昭
03 /29 2020
  日露戦争終結後、外相小村寿太郎は全権となって講和条約締結のためにアメリカのポーツマスにおもむきロシア全権のウィッテとの交渉に臨んだ。その一部始終を中心とした小村の苦闘が描かれる。
  条約の中身についてはネット上にWikipediaその他で解説されているのでここでは全てをくりかえさないが、日本の要求する十二項目のうち大部分はロシア側に受け入れられた。韓国をロシアの影響を排して日本の保護下に置くことや、ロシアの清国内租借地の遼東半島旅順やロシア所有の東清鉄道南満州支線のおよそ南半分の日本への譲渡という重要要求がかちとられた。これによって朝鮮半島と満州地域でのロシアの支配と影響を排除することができた。上々の戦果であろう。のこった二項目が賠償金支払いとすでに日本の占領下にあった樺太(現サハリン)全土の日本への譲渡であったが、ロシア側は皇帝ニコライ二世や戦争継続派の強固な姿勢のため頑なに拒否しつづけた。もはや交渉を打ち切って戦を再開するしかないかと小村は想定し、闘志をふたたび奮い立たせつつ、本土の桂首相以下の決定を仰いだが、本土ではさらなる財政負担や戦況判断などによって、以降の戦争継続にたいへん悲観的で、二項目要求をとりさげてでも締結するよう小村に指示した。小村も残念ながらそうするよりないとあきらめていたところ、皇帝の方針変換によってロシア側から樺太南半分を譲渡する旨の回答があった。ロシアの悲観派の意見や大衆の広範な反政府デモによる国内政治情勢の不安定、さらにはアメリカ大統領やドイツ皇帝による意見具申がロシア皇帝に影響したものとされる。交渉のはじまりから結末までの過程に息詰まるものがある。
  小村寿太郎はロシアの譲歩によって条約締結にこぎつけることができた。胸を撫でおろしたのだろうか。だがあらたな苦難が本土日本で待ち受けていたのである。二項目要求を貫徹できなかった小村を新聞ははげしく非難し、その影響もあってか「東京騒擾事件」と本書で呼ばれる大衆による大規模な暴動が起こった。日比谷公園での条約締結反対派の集会にはじまり、派出所や警察署が襲撃され放火される個所もあった。警官だけでは押さえきれずに軍隊まで出動するありさまだった。小村の留守をあずかる家族の住む外相官邸も例外ではなく襲撃の憂き目に遭い、小村は国賊呼ばわりされた。
  小村の活躍ぶりは以後も記される。一気に大国にのしあがった日本を警戒するアメリカとの親善に注力する一方では、伊藤博文などと連携して韓国、清国への圧力を着実に強化していく……。
  先にも記したが、わたしが知らないだけで、ほとんどはこれまで知られていることだろう。特色といえば小村と随行団の一行の横浜出航にはじまって十二日後のアメリカ到着、シアトル、ワシントン、それに最終目的地のポーツマスなどの町の風景や交通手段の描写が結構念入りにされていることだ。戦争終結を願うのだろう市民の日本の外交団へ歓迎ぶりも見落とせない。そこかしこで日の丸旗がふられ、読んでいて思わずうれしくなる。交渉会場となったアメリカ海軍工廠や宿泊ホテルでの小村以外の人物の動きも事細かに追われる。やや退屈ではあるが、また百年以上前の出来事でありながら臨場感をあたえてくれる。小村一行とともに旅をしているような。
  満州事変以降の日本の歩みとはちがって桂や小村以下、このときの政・軍中央は戦の行く末について冷静な判断を下すことができ一致団結できた。やみくもに戦争継続を主張する陸軍を政治家がもてあますという体ではなく、吉村昭も当時のこうした国家中央のありように好感を抱きながら書き進めたのではないか。

スポンサーサイト



吉村昭「海軍甲事件」「八人の戦犯」「シンデモラッパヲ」

>吉村昭
09 /18 2016
  昭和十八年四月十八日、連合艦隊司令長官山本五十六大将ら幕僚の搭乗した飛行機が米軍機に襲撃され、山本らは戦死した。場所はブーゲンビル島上空で、前線の将兵を激励するためにラバウルを出発した後のことで、これが「甲事件」とのちに呼ばれることになった。前に紹介した「乙事件」と偶然にも一致する点がある。幕僚が二機にわかれて搭乗しながら、長官の機は島に墜落して全員死亡するものの、参謀長宇垣纏(まとめ)中将の乗った機は海上に不時着し、うち三名が島に泳ぎ着いて生き延びた。長官が死亡し、参謀長が生存を保持したということが両事件で共通するのだ。だがこれはよく知られた話であるらしい。吉村昭の書きたいことは次の二点。
  山本らの二機と護衛の零式戦闘機六機は十六機のP38という戦闘機に襲撃されたが、それほどの機数のアメリカ軍機が飛行することは直近の日々では無かった。そこで長官一行の飛行を関係各方面に伝える暗号電文が解読されたのではないかとの疑念が中央(本土)や現地司令部に生じた。いやそうではなく偶然に過ぎないとの反対意見もあり、同じ形式の暗号電文を放ち、そこに書かれたとおりの飛行隊を編成して島嶼間を飛行した。だがアメリカ軍機の襲撃はなかった。その結果から暗号は見破られてはいないと判断したのだが、アメリカ軍のほうが上手で、暗号解読を終えたもののそれを察知されないために故意に襲撃を見送ったということである。「乙事件」における作戦文書の盗難も併せると、日本軍の情報保持の甘さを思わずにはいられない。もう一点は零式戦闘機の飛行士六人の長官を護れなかったという重い沈鬱の気分。こちらのほうが重要だろう。<かれらは、連日のように出撃に参加した。眼前で長官機の撃墜される光景をみたかれらは敵機と交戦して一機でも多く撃墜し、長官の後を追って死ぬことを願うような空気が濃く広がっていた。>と吉村は記す。
  この短編は当の零戦パイロットのたったひとりの生き残りの柳谷某氏への取材が中心になっている。右手の義手を操って車を運転するさまが最初に描写される。飛行記録のノートは保持していたが、戦争期のことを語り始めたのは昭和四〇年頃という。それまでは黙っていた。<「余り名誉なことでもないし、自分からすすんで表面に出るのもいやですから……」>淡々とした口吻がかえって、読者のうかがい知れない暗部を覗かせられた気になる。
  「八人の戦犯」は終戦直後、陸軍の軍法会議にかけられて判決がくだされ、連合国側に引き渡された人々の話。BC級戦犯といわれる人々はすべてが連合国によって拘束され、裁判されたのではなかったという意外性がある。<(略)吾等ノ俘虜ヲ虐待セルモノヲ含ム一切ノ戦争犯罪人ニ対シテハ厳重ナル処罰ヲ加ヘラルベシ>と記されたポツダム宣言第十項だが、裁判の運営主体が日米いずれかは明記されていない。そこで日本側は大急ぎで自分たちでこれをやってしまって、あわよくば既成事実化してしまおうとしたようだ。連合軍側は日本側の申し出を却下したが、それまでの一か月ほどの短い期間に日本軍が独自に軍法会議をひらいて判決をくだしていた。吉村昭が目をとおした資料によると八名の被告のうち五名が死刑、三名が有期刑となっている。吉村の配慮で実名は伏せられている。
  くわしく取り上げられるのはA氏とC氏。A氏は昭和十九年十月当時台湾軍司令部情報班長という身分で大尉。捕虜のアメリカ人パイロットを部下二人とともに取り調べに当った際、拷問に相当する行為があったとして禁錮十カ月の判決を受けた。C氏が訴追された事件は終戦後の八月二十二日仏印(フランス領インドシナ)で起きている。抗日ゲリラに加担したとしてフランス人神父と獄中にあった囚人計二人を処刑したとされた。C氏の当時の身分は「信一三〇三部隊第七中隊長」で且つ「クラチェ地区警備隊長」で階級は中尉だった。ところが、その日の早朝転属命令によってC氏はプノンペンに移動した後、夜になってC氏の部下の補助憲兵N軍曹が二人を射殺してしまう。上官の指示があるまでは処分保留のままにしておくように後任の指揮官に引き継いだにもかかわらずだ。C氏は現地の軍法会議で殺人罪に問われ、懲役十三年の判決を受ける。だが、裁判における一事不再理の原則もものかわ、戦犯裁判が連合軍側によって開始されると同じ事件がふたたび蒸し返されて、A氏には重労働三十年、C氏には終身刑の判決がくだる。軍法会議の判決よりもきびしく、A氏における落差には驚かざるをえない。二人はともに巣鴨プリズンに収容されたのち減刑や特赦によってA氏は昭和三十一年、C氏は二十八年、それぞれ出所となる。
  立派な先人をもったものだとわたしが感心したのは、二人がともに部下の罪を引き受けたことだ。これに類する軍人・兵の自己犠牲的行為はめずらしくもなかったのではないか。A氏が「死亡した」として虚偽の供述によって逃亡が可能になった二人の部下のうちの一人とは戦後も交流がある。また同じ台湾の軍事法廷で裁かれたB氏とも同様で、うつくしいと思った。不可解だったのは、仏印においては終戦による停戦がすみやかに行われなかったことで、台湾と対蹠的だ。すでにポツダム宣言受諾の海外放送に接していた仏印の司令部は、大本営に問い合わせたところ、参謀総長名で「デマ」との返電があった。八月十五日直前の日付で、当時の参謀総長は秘密主義者といわれた梅津美治郎であったから、そういう返答だったのか。国策の杓子定規によって仏印の戦闘行為はつづけられたのであり、幾多の犠牲者を生み出した。
  「シンデモラッパヲ」は日清戦争の時代の話。明治二十七年(1984)朝鮮半島成歓の戦闘において、銃弾を胸に受け血まみれになりながらも文字通りラッパを吹きつづけたという兵士がいた。名は白神源次郎で、英雄として全国的に有名になり、歌や詩がつくられた。出身地の岡山県の村では顕彰のため数年後に記念碑がつくられもした。だが翌年の戦争終結後まもなくして、この壮絶な最期を遂げたラッパ卒(一等卒)は白神ではなく木口小平という別人であることが公的に明らかになった。二人とも岡山県出身で、かつラッパ卒で同じ戦場で戦死したので誤認されたようだ。だが、白神の村の人は顕彰の行事を止めることはしなかった。木口の出身村でも同じように顕彰を行い、記念碑も建立された。
  顕彰ということだが、追悼という気持ちの姿勢でもいいのだ。人々のそういう行為は自分たちにとっては誠実さがこめられたものとして刻み込まれたのであり、それを大切にするならば中止することもないのだろう。白神氏が村でたった一人の戦死者であることは変わりがないのだから。死を悼むという営為は繰りかえすならばしだいに心は穏やかさを定着させ、やがては忘れ去られる日も訪れるかもしれないが、それでいいのだ。だが時代の進行は生々しい。以後の日露、日中、太平洋戦争において、白神源次郎の村の戦死者は激増したということである。
……
  「海軍乙事件」「海軍甲事件」「シンデモラッパヲ」が収録された単行本『海軍乙事件』は1976年7月」発表(文芸春秋社)「八人の戦犯」の初出は「文芸春秋」1979年6月号。巻末メモによる。


吉村昭「海軍乙事件」

>吉村昭
09 /07 2016
  「海軍乙事件」は太平洋戦争中、海軍の高級将校の一行が親米フィリピン人ゲリラに一時的に捕えられたという話。後に解放されたが、軍人にとっては捕虜になってはならないとう軍律があり、それに相当すると見做されても仕方のない出来事であった。戦後一般に明らかになったという。
  昭和十九年三月三十一日午後九時頃、二機の飛行艇がパラオ島湾内に着水した。連合艦隊司令長官古賀峯一大将、連合艦隊参謀長福留繁中将以下の四十人前後?の幕僚と兵が二手に分かれて搭乗し、ミンダナオ島ダバオを中継し、サイパンに向かうためだった。西カロリン諸島パラオには、東カロリン諸島トラック島から避難してきた連合艦隊司令部があり、さらに司令部をサイパン島に移す方針が決定されたゆえだった。アメリカ軍の激しい攻勢に対処するため海軍の作戦体制を立て直さなければならなかった。だが、おりしもパラオも空襲に見舞われていた。燃料補給の余裕もなく、二機はあわただしく飛び立ったのだが、雲が多いうえ有視界飛行に近い不正確な観測だったので、福留参謀の機はミンダナオではなく、北方のセブ島付近に着水してしまった。古賀長官の機は後に判明するが、水没し全員が死亡した。
  福留参謀の一行生存者十三名(死亡八名)は機から脱出し島を目指して泳いだが、ゲリラのカヌーに救助され、捕縛されて山岳アジトに連行された。セブ島には陸海軍が駐屯していて、陸軍部隊は米匪軍と呼ばれるフィリピン人ゲリラ掃討作戦の実施中で、その間、ちょっと事情が複雑で省略するが、捕縛中の海軍兵の一人と連絡をとることができて、海軍の高級将校がそこにいることを知る。アジトを包囲した部隊はゲリラの首領と取引し、ゲリラの生存の保障と引き換えに日本人軍人九名全員を救出する。(漂流中に四名が死亡)ながながと経過を書いたが、ここまでで事件は一段落する。海軍にも飛行艇遭難の件は本土の首脳までとどいていて、セブ島の海軍部隊に捜索を命じたようだが、人数ではるかに多い陸軍部隊には最初連絡しなかった、つまり秘密主義だった。情報共有がなされないのは相変わらずだな、と思った。
  九名は四月十三日、セブ市の水交社(海軍の外郭団体)に到着。事件秘匿のため軟禁状態に置かれ、取り調べを受ける。捕虜になったという事実に今さらのように直面した飛行艇の搭乗員六名は自刃を決意し、短刀を用意するも福留中将に<日本海軍の損失だ、堪えがたきを忍んで思い直してほしい>と説得され、制止された。四月十八日福留以下三名は本土の海相官邸に移送され、そこでも捕虜問題が検討された。軍法会議にかけるべきという意見が強硬にあったが、ゲリラは「正規の敵」ではないという見方があり、また利敵行為が無かった、福留ら三人は捕虜の期間中に何度か自決をこころみたことなどが考慮され、未処分となった。だが、十八年の五月のアッツ島玉砕にはじまり、十一月にはタラワ、マキン(ギルバート諸島)の守備隊も玉砕した。この事実は取調官にも重くのしかかったようである。三名にたいする憎しみと軽蔑の念は払拭しがたく、あっさり放免することは受け入れにくかった。沢本海軍次官以下処分を決定した五名は、遅いものの、その時点でも福留らに自決してもらいたかったのである。残酷だな、という見方が当然ある。だが当時の軍人の信条としては捕虜の生還は許しがたかったという立場も、一方ではあっただろう。あるいは恥を雪ぐ機会をあたえるという心情も「同情」としてはたらいたのか、未処分が腹立たしいゆえの無言の圧力をかけたのか、貧しい想像力しかもちあわせないわたしは判然としない。ただ当時の「国是」からすれば、それほど異様さが際立つ対応ではないだろう。処分決定に同席した「某軍令部高級部員のメモ」として残されている文。

福留中将ノ心境並ニ自決ノ肚アルヤ否ヤニツキ観測ヲナシタルモ、意志アリトスルモノ、次官ハ無シト言ヒ、結論ハ今夜特ニ監視ヲ附セズ、若シ本人ガ自決セントスルナラバソノ欲スル道ヲ執ラシムベシト言フ意見ニ一致シテ、特ニ監視ヲ附セザルコトヲ決ス


  猜疑心がはたらくのか、福留は上官として真に尊敬に値する人か、それとも臆病者に過ぎないのか、という踏み絵みたいなものだ。自決するならば前者、そうでないならば後者、という決めつけだ、中間はないのだ。また自決可能な環境とはどういうものか、短刀を用意したのか、縊死に使用できそうな帯を没収しなかったのか、記されていないので詳細は不明だ。軍にかぎらず、官僚という人たちの組織保持の執念が背景にあるだろうが、やはり意地悪で残酷だと言い直そう。先に書いたように福留中将は兵士の集団自決を思いとどまらせたので、やさしく立派な人であろう。福留はまた漂流以来、衰弱しており、取り調べのさいも杖をついていた。日本人軍人と兵ならば、普段から自決は信念として用意しているのであろうが、それも心身の衰弱によっては後退するものなのかもしれない。
  海軍省人事局が「乙事件」に関して関係方面に伝えた文の終わりの部分。

3、処置
  (略)従来敵国ノ俘虜トナリタル者ニ対シテハ 其ノ理由ノ如何ヲ問ハズ極端ナル処置ヲ必要トスル如キ理外ノ信念的観念ヲ以テ対処シ来タレル事実アリ
  故ニ今次ノ処置ハ 右根本観念ヲ破壊セザルコト肝要(従来ノ観念ヲ変更セントセバ重大問題ヲ惹起スベク且変更スベキニ非ズト信ズ)ニシテ 之ガ解決ノ途ハ一ツナリ
  即チ海軍当局ノ方針ヲ明確ナラシムル点コレナリ


  「理外の信念的観念」「根本観念」とは、虜囚の辱めを受けて戻ってきた者にたいしての、理由の如何を問わず極刑を科すことの土台となる観念を指すのだろう。軍の士気そのもの、存在そのものに直結していると考えられている。不合理だろうが何だろうが貫くことをためらってはならない、頑として変更してはならない、ということだ。福留中将に下した処分は例外中の例外だと言わんばかりに、わたしには読みとれる。
  さらに小説として読むならば失笑を誘われる「オチ」があるが、これも事実としては重大で、書き漏らせない部分がつづく。福留中将の捕虜問題は知れわたりつつあったので、それを糊塗するために福留を「第二航空艦隊司令長官」に「栄転」させ、福留と行動をともにした作戦参謀山本祐二中佐を海軍大佐に昇級させた。またその少し前には、フィリピン方面に幕僚を派遣して、陸海軍の福留事件を知悉する現地高級幕僚にたいしてその未処分についての諒解をとりつけるということまで行っている。さらにさらに、福留らは「Z作戦」というフィリピン・南西太平洋方面全般にわたる統括的作戦の詳細を記した文書をゲリラに略奪された。福留らは、ゲリラは書類に関心を示さず海に捨てたと否定したが、文書はやがてゲリラからアメリカ軍の手にわたり、後のこの方面の戦いにおいて、日本軍の動きがアメリカ軍に読み取られたという。福留が否定したので、作戦は変更されなかったのだろう。

吉村昭『大本営が震えた日』

>吉村昭
08 /12 2016
  太平洋戦争がはじまったのは、日本時間の昭和16年12月8日。空母6隻を主要とする大規模編成の連合艦隊がハワイ近辺に到達し、オアフ島真珠湾に停泊中の戦艦群に航空機による攻撃をくわえ大損害をあたえた。またイギリス領マレー半島にも同時に上陸作戦が開始された。東と南西方面におよぶ、日本軍としては前代未聞の大掛かりな作戦であり、しかも望外ともいえるはなばなしい戦果をえられた。緒戦の大勝利である。だが吉村昭がこの小説で滲ませようとするのは、この大規模作戦の大ばくち的な無謀さであり、情報漏えいは大きい確率で避けられなかったということだ。にもかかわらず、アメリカ・イギリスは日本軍の動きを警戒しながらも、その動きを正確には把握することができず、結果的には効果的な迎撃態勢をとることができなかった。何故か、油断があっただろう。たとえば、真珠湾は水深が浅く、航空機による魚雷攻撃が不可能と決め込んでいたのだが、日本軍は訓練によってそれを可能にしたのは有名な話だ。またイギリスはドイツとの戦闘の真っ最中で、思い切った兵力投入をアジアに向けてできなかったということがある。だがそれらにもましてアメリカ(イギリスも同じと思われる)の戦争方針の大局である。小説のネタばらしになってしまうが、歴史的事実だから記しておかなければならない。
  「米国ハ日本側カラ先ニ軍事行動ヲ起コサセルコトヲ希望シテイル」末尾近くに紹介される、アメリカ軍のスターク作戦部長という人から、アジア、太平洋両艦隊司令長官宛てに発せられた電報の一節だ。「日本軍ノ侵略行為ガ数日内ニ予期サレル」とも記される。吉村昭は「アメリカが、戦争挑発者という汚名を避けようとしたと同時に、反戦気風のあるアメリカ国民に自発的に銃をとらせようと企てたからであった。」と解説する。攻撃の直前にアメリカに届けられるはずだった宣戦布告が遅れてしまったことも、アメリカ国民の反日感情をさらに増幅させたことも知られている。
  わたしたちは、このようなアメリカの戦争方針を今日仄聞することができるが、指導的立場にある日本人は果たして知悉していたのか。ましてや、末端の兵や民間人は知ることができなかっただろう。日本の不敗神話を信じ、ついていくことしか選択の余地がなかったのか。この小説では、12月8日の大作戦に向けての機密保持のためまた作戦実行のため文字通りの命がけの戦いを強いられる場面が、吉村昭らしく取材にもとづいた事実がつらねられて進行する。個人はその力では国家の方針を覆すことなんてできない。情報を幅広く手に入れられなければ批判することも思い及ばない。必死に国家方針に食らいついて責務に忠実であることを強いられる。読んでいるうちに悲痛さが少し湧き上がってくるのは、そういう「個人」が豆粒のように小さく見えてしまうことだ。未来や事実を個人単位では知ることができないが、国家全体がそれを知れば、個人にもやがてそれがもたらされるが、そういう時代ではなかった。
  冒頭からかなりの頁が割かれるのが、民間航空機「上海号」事件。広東到着予定の時刻を過ぎても機は姿をあらわさず、航空隊は探索にとりかかる。機には暗号ではなく、平文で作成された開戦に関する命令書を持参した某少佐が搭乗している。それが敵の手に渡れば作戦全体に重大な障害となることは明らかで、軍指導者をあわてさせる。機は中国軍支配地域の山岳地帯で不時着の状態で発見されるが、はたして機に生存者はいるか、書類はどうなっているのかは不明。そこで軍は機の爆砕命令を出したり、地上部隊を機に接近させたりする……。
  海南島の三津から出港した大規模な輸送船団のために航空機が哨戒と護衛にあたるが、航空距離の短い陸軍の一式戦闘機(隼)が基地に帰還できずに何機も墜落してしまう。また作戦決行を時間厳守のもと行うために、波浪の激しさにかかわらず上陸用舟艇を輸送船から海面に降ろす前後でも、戦車などを誤って沈めたりし、人身事故も多発する。本格的な戦いに遭遇する前に命を落としてしまうという例だ。さらに開戦前日にあたる7日には、航空隊が哨戒中のイギリス軍の飛行艇に遭遇し、撃墜してしまうということも起きる。マレー国境近くのタイ領に上陸するのも強引そのもの。開戦の数時間前にタイ首相にそれを告げて、タイ領内の移動をもとめるありさま。
  わたしが思いつくまま印象に残った場面をあげてみた。読む人によっては、当然のように別の場面を紹介するだろう。

seha

FC2ブログへようこそ!