大洋ボート

松本清張『Dの複合』

  売れない作家伊勢忠隆が「草枕」という小さな雑誌の依頼を受けて、浦島・羽衣伝説にゆかりのある場所を訪ね行くエッセイを連載することになる。熱心に勧めたのは雑誌の編集係の浜中三夫で、民俗学の知識豊富なうえ仕事熱心で、旅行のコースも彼が企画して案内をかねて同行する。交通費も雑誌社もちで原稿料も悪くないから、伊瀬にとっては渡りに舟といったところだ。浜中は強引さをときどき見せ伊勢を閉口させることもあるが、そこはせっかく舞い込んできた仕事だから、ほとんど彼の方針どおりに動く。だが最初の訪問先から早くも不穏さが立ち上がってくる。殺人事件らしきものに遭遇するのだ。兵庫県北部の網野町というところにある網野神社近くの林に死体が埋まっているという投書があって、警察がちょうどそこを捜査する最中に出くわすことになる。結局死体はそのときは発見されなかったが、後日「第二海竜丸」という古い木札がそこから出てきたりして不可解さをつのらせ、白骨死体もやがて発見される。浜中はその出来事を連載文にも挿入するよう伊勢に要請し、伝説にまつわる辺鄙な場所をめぐる紀行文というコンセプトには不釣り合いと思って渋ったが、結局浜中の要請通りに原稿を書き上げる。そしてこれが結構読者の反響を呼ぶことになる。
  浦島・羽衣にくわえ補陀落国伝説というものも後半に出てきて、頁が随分と割かれる。それら古伝説にまつわる神社やゆかりの地が全国に存在しているというが、わたしには興味はともかくも応答するだけの知識がないので、例をあげて感想なりを書くことができない。ミステリーとしてしか読むことしかできないが、ただそれら伝説は、ロマンというよりも現実に起こりうる「淹留・抑留」として読み換えられて、ヒントとなってストーリーの中心に合流してくる。読者(この小説の)からすれば、伊勢は何者かに操られて雑誌連載をものにしているということが少しずつ見えてくる。はたしてそれが浜中なのか、それともその上司なのか、また別の人物なのかということだ。伊勢を操る人物が即網野神社にまつわる事件の犯人という可能性もある。また彼の周辺の人物がつぎつぎと被害に遭う第二、第三の殺人も起こるが、それが彼の雑誌掲載の記事の影響によるものらしいこと、犯人をあわてさせた、危機意識を植え付けさせた結果だということも朧気ながら見えてくる。勿論、伊勢自身もそういうことをうすうすは感じつづけるが、推理でもって鮮やかに解決まで自分の力でたどりつくということはない。読者に錯覚をあらかじめ与えたうえで、最後にそれをひっくり返すという類いの方法も採用されない。松本清張らしく、伊勢と浜中を全国の関連地に飛びまわらせる展開となる。つまりは、松本は随分と伊勢と読者を遠まわりさせる。読み物として長すぎるきらいがあると書いておこう。
    だが読者にとっては遠まわりさせられることに苦笑混じりに楽しみを抱かせられないこともない。最初の旅行コースがのちに北緯35度と東経135度の交差する地点付近に集中していることが明らかにされ、また関東、東海など、事件に関係する地が同じく北緯35度につらなることも発見される。ここから読者がただちに犯人にたどり着けることはないが、一種スケールの大きさは感じさせる。また中程に不意打ちのように登場する坂口みま子という「計算狂」の女性も印象的だ。伊勢のファンを自称して彼の宅に訪ねて来て、1回目と2回目の旅行距離が350キロでまったく同じだと指摘する。35という数字が前掲の経緯度の数字ともぴたり一致するのだが、坂口みま子自身はその経緯度の数字をどうやら知らないらしい。彼女の語ることが事件にどれほどの関係性をもつのか、伊勢はもとより、読者もわけのわからなさに誘われて戸惑いを抱くが、長い読み物にはこんな風に目先をにわかに変えることも効果的なのだろう。
  伊勢を操る人物(「重要参考人」としておこう、殺人犯の可能性もある)には多くの協力者がいて、これらの人々の乱れない行動が重要参考人の企みにとっては不可欠なのだが、はたして個人単位でここまで実現できるのかという疑問はのこる。



スポンサーサイト
    07:10 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

松本清張『ゼロの焦点』

  禎子(ていこ)は鵜原憲一と見合結婚するが、新婚旅行から帰途について、さあこれから新婚生活がはじまろうという矢先、数日後に鵜原は失踪してしまう。鵜原はA広告会社の金沢支店の勤務ながら、月のうち10日は東京の本店に席を移すという二重生活だった。それを、結婚を機に東京本社一つに勤務を固定する予定だったのだ。禎子には鵜原の失踪についてまったく心当たりがない。やむなく金沢に飛んで、地元の警察やら鵜原の後任の本多に相談し、また調査への協力を依頼する。義兄の宗太郎も禎子にやや遅れて金沢に飛んで、独自の調査にとりかかる。こちらは禎子には腹の裡は明かさないものの、弟憲一の金沢での暮らしぶりについては憲一から少し聞かされたらしく手がかりをつかんでいるようだ。だが、本多も宗太郎も何者かによってつぎつぎに殺害されてしまい、憲一の失踪に端を発した「謎」は凶悪な事件として広がっていき、禎子を呑みこんでいく。憲一の失踪は昭和33年12月の中旬で、それから正月をはさんで半月余りの女性主人公の推理にもとづく調査行動が描かれる。何回かの東京への新居や母の住む実家への帰宅をまじえて。
  本作をはじめとして、松本清張は「社会派推理」と呼ばれる長編を量産していった。『ゼロの焦点』の単行本発表は昭和34年12月と記されていて、なるほど時宜にかなったテーマをとりあげたものと思う。つまり、事件の背景には戦後の混乱期(≒占領期)がある。そのころアメリカ兵を相手に身体を提供して生活をしのぐ女性が基地周辺に多く存在して「パンパン」と呼ばれた。売春を苦にしない女性も多かったようだが、なかには没落した富裕層や由緒ある血筋の家庭の女性も混じっていた。彼女たちの多くは、占領期が過ぎてアメリカ兵が本国に帰還するにつれて足を洗い、しだいに安定をとり戻しつつあった社会に「堅気」として復帰した。彼女たちにとってはその前歴は知られたくはない忌まわしいものだった。わたしは子供のころ、父母が声を低くして「あの女はパンパンをしていた」と話していたのを思い出す。社会は落ち着いていったものの戦後の混乱期の記憶はまだ生々しかった頃、それが昭和33年前後だろう。わたしにとって少し新鮮だった記述は、くだんの女性たちがアメリカ兵に接して、日本人男性にはないやさしさを知ったこと、戦争に負けて自信喪失状態に陥っていた日本人男性を頼りがいがなく映って軽蔑せざるをえなかったこと、アメリカ兵から自由の息吹を受け取った、ということ等だ。一時期「パンパン」だった女性の人生を前向きにとらえようとするのだ。こういう見方もあるのだと思った。
  昭和33年だから旅行も盛んになりはじめたのだろう。だが金沢は東京から新幹線が開通した現在とちがいまだまだとおかったようだ。丸1日訪問地で仕事なり観光なりに費やすためには前日の夜行列車に乗らなければならなかった。そのためとはいえないかもしれないが、冬の金沢や能登半島が雪に閉ざされた「暗く、陰鬱な」景色という印象が全編にわたって記される。これは都会から見た地方の辺鄙さへの固定観念ではないかという気がした。現在その地を記述するならばちがった印象になるのではないか。
  文庫本の巻末の平野謙氏の解説は精緻だ。これに倣ってわたしも書いておこう。2番目に殺される本多は何ゆえに青酸カリ入りのウィスキーをやすやすと口に入れたのか。宗太郎が殺されたさいも同じ毒入りウィスキーを勧められて口にして死亡している。それは新聞記事に詳しく書かれていて本多もそれを読んでいるのにかかわらずだ。あまりにも警戒心がないのが不自然ではないのか。


    15:12 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

松本清張「面貌」「噂始末」「白梅の香」

  徳川家康の子に忠輝という人がいたそうで、概略的な歴史記述には登場しない人物だから、わたしは知らなかった。「面貌」はその忠輝が主人公で、この短編がどこまで事実にもとづくのかわからないが、美形の百姓の女性に眼をつけた家康が側室にとりたてて生ませたのが忠輝である。皮肉なもので、忠輝は母親には似たところのない醜悪な面貌をしていて、家康は他の子供と同じようには可愛がらず、遠ざけたままにしていた。作者記述によれば、忠輝は自分の容貌が家康はもとより他人からは好まれないことを少年期から身に染みて知っていたとある。家臣のだれ一人とも親しい関係を築けなかった。だが「面貌」そのものが彼を不幸にしたとも思えない。彼が強いコンプレックスを抱きつづけたとしても、絶頂期には越後高田で六十万石を領している。家康の子の秀康が越前七十七万石、忠吉の尾張五十七万石と比べてもつり合いはとれている。家康は配慮を怠らなかった。家臣が忠輝に親しみをもたなかったのは、忠輝にしてみれば自分の容貌のせいとの思いがあったのはわかるが、家臣にしてみれば、忠輝が家康から疎んじられていることを知悉していて、家康亡き後の彼の身分の不安定さも視野に入っていただろうから、家康と秀忠の意向を尊重しながら忠輝に警戒心を抱くことは不自然ではないのだ。容貌にコンプレックスを抱く人物を松本はよく書くようだが、このあたり拘泥していてゆきとどかない気がする。忠輝が失脚するのは大阪夏の陣における忠輝軍西下途中の事件である。江州森山付近において忠輝の軍勢を追い越して行った二騎の武者がいて、無礼と思った忠輝軍の有志が追跡して斬殺してしまった。後にこの二人が秀忠の旗本であったことが判明し、忠輝は他家預かりの身分となり、何回かの移動の後、最終的には信州上諏訪地方の諏訪頼水の地で九三歳にて没したとある。武家の盛衰のはなはだしさが思われる。しかし、最後の数行まで面貌について書き忘れないのが松本清張である。
  「噂始末」は徳川三代将軍家光の上洛が背景になっている。一行の通行途上にある藩では宿泊を引き受けなければならない場合が生じたが、小さな藩にとってはこれが一仕事である。大人数であるために城内に仮屋に敷設するうえに、それでもまかないきれずに藩士の家に宿泊させねばならない。掛川藩の島倉利助もその役に与り、一人の武士を引き受けた。家には「容色に秀で」た若い妻と利助の母の二名のみで、当の利助はその日、将軍家光警固のために城にとどまって「徹宵」しなければならない。留守にしなければならないのだ。妻による接待はつつがなく済んだのだが、直後に悪い噂を流布した者がいる。妻とその武士が懇ろになったという。噂というよりも誹謗中傷にあたる類いだが、それは藩上層部にも伝わって家光帰郷のさいの同様の宿泊引き受けの役目から利助らのみ外される。利助にとっては面目をつぶされた以上に侮辱このうえなく、噂を流した当人を探り当てて斬殺し、藩の追っ手をも家に籠って白刃で迎え撃つという展開になる。武家の名誉へのこだわりの凄まじさ・苛烈さを要領よくまとめた好短編だ。無論、利助のような人ばかりではなく泣き寝入りする人も多かったのではないかと想像するが。
  「白梅の香」は大名の参勤交代が背景。「各藩の家来には定府(じょうふ)(江戸詰め)の者と国詰めのものとがあるが、国詰めの家来には江戸を知らない者が多い。定府の者も己れの本国の様子を知らない。」そこで大名が参勤の度に国詰めの家来から選抜して江戸へ同行させ、大名の在府の期間のみ江戸に留まらせる慣わしがあった。江戸を知ってもらうことや、江戸在住の同藩の家来との交流をはかるためであったか。そういう慣例のもと亀井藩(現在の山口県津和野)からは領主の参勤のさいに白石兵馬という二一歳の若侍が選抜メンバーの一員となった。兵馬は「眉目すぐれた若者」で、女性にたいへんな人気ぶりで、それは江戸に行っても変わらない。一方、兵馬は芝居見物に病みつきになる。その華々しさは地元津和野にはありえない「夢幻の世界」で、足繁く通うことになる。そこで年増の女性に目をつけられて、これまた夢うつつのように誘惑に乗ってしまう。居住する屋敷の者には無断外泊にあたったが、兵馬は言いつくろうしかなく、隠しおおせることができるとたかをくくった。だがこれがたちまち露見して、藩を揺るがす事件にまで発展する。……詳述は避けるが、ミステリー作家らしい鮮やかな筆さばきである。

    14:42 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

松本清張「西郷札」「シュウシュウ吟」「戦国権謀」

  「西郷札」は松本清張らしい構成たくみな一編。語り手は九州の新聞社の社員で、九州地域の文化資料の展示の企画を受け持つことになる。収集された資料のなかに「西郷札」なるものがあった。西南戦争のさなか西郷軍側が独自に発行した紙幣で、戦に資する物品をそれによって地元から買い上げるためにつくられたという。だが思うようには紙幣は流通することにはならず、西郷軍の敗北とともに「西郷札」は無価値となった。文化資料や骨董品の類でしかなくなってしまったのである。また、送られてきた西郷札には「覚書」なるものが添えてあり、筆者は西南戦争に参加し、紙幣の印刷も手伝ったこともある元薩摩藩士の桶村雄吾という人である。語り手は一読してひどく興味をそそられた。以下はその全貌の要約という進行をとる。わかりやすいように文語文を口語分に書き直すという手続きを踏んで。またときどきは「地の文」が引用の形で顔を出す。文語文が挿入されると平坦さから適度な緊張感がかもし出されて効果的だ。
  雄吾は失意の底から東京へ出る。俥牽き(人力車夫)の職をえてようやく生活が安定しかかったころ消息不明だった義理の妹(継母の連れ子)の季乃(すえの)とばったり出会う。俥のお客だったからで、高級官吏の妻として裕福な暮らしぶりだ。季乃はうつくしい女性で、そのために雄吾は同じ屋根の下にいる時はわざと邪険にしていたのだが、殺伐とした戦や雄吾の暮らしぶりを読んでここへくると、ぽっと灯りが点ったような気分になれる。家族の仲を復活させ、あたためあう二人。だがそれも束の間。季乃の夫の塚村(身分は大蔵省の太政官権少書記とある)が二人を邪推、嫉妬し、雄吾はじめ俥屋の主人やその知り合いの紙問屋の主人を策謀をめぐらせて陥れようとするのだ。西郷札を政府が買い取る用意があるという偽情報を「秘密裡」に三人に流して、小躍りさせる。当然のごとく現地鹿児島にとんで西郷札を買いまくる三人。……本文にふれられていたので知ったが、三菱財閥の創始者岩崎弥太郎は、政府が旧藩札を買い取るという情報を得て当の藩札を買い占めて巨万の富を手にして財閥の基礎としたという。このことがフィクションであろう本編創作のヒントになったのかもしれない。
  松本清張は小心で嫉妬深いものの利巧で策謀には長けているという人物を描くのを得意とする人だ。雄吾や季乃のような善人よりも読者は自然とそういう人間像のほうにひっぱられる。もしかすると、松本自身の人柄も多分にそういう傾向を孕んでいるのではないかと邪推したくなるくらいだが、邪推であってもなくても感動に繋がることはない。巧妙な一編であることは確かにせよ。
  「シュウシュウ吟」の「シュウ」はワープロにはない。口へんに秋と書く。二文字つづけて記して虫や小鳥の鳴くか細い声を意味するそうだ。この短編も幕末から明治にかけての激変の時代が背景になっている。頭脳明晰でありながら、人として誰からも受け入れられず、毛嫌いされてとおざけられる、そんな呪われたような運命を変転する人物が描かれる。石内嘉門という御徒衆(軽輩)を親に持つ男で、同じ日に佐賀鍋島藩の息子・淳一郎、老中の息子・松枝慶一郎が生まれた。嘉門は十代のころであろう、儒学の講義を受けて並外れた理解を示し、若殿の家庭教師のような役目にも抜擢される。だが理由は読んでいてそれほど輪郭がはっきりしないが、若殿からきらわれ疎んじられる。儒学の師範もその才能を認めながらも「可愛気のない子」と切り捨てられる。そんな嘉門の唯一の友が語り手である慶一郎であるのだが、女性をめぐって二人のあいだで悶着があって嘉門は慶一郎の前から姿を消す。時すでに明治で、慶一郎も直大と改名した淳一郎も明治政府佐賀藩のなかで順調に出世をとげる。やがて慶一郎と嘉門は東京で二十年の月日を隔てて偶然の再開を果たす。「西郷札」の義理の兄妹とまったく同じだ。嘉門は変り果てている。板垣退助率いる自由党に所属して、政府批判の過激な記事を機関紙に書きまくり、慶一郎を名指ししての攻撃も厭わなかった。(当時、慶一郎は司法少丞という高位にあった)だがまたしても自由党の仲間からもうとまれて、なんと警察のスパイになってしまう。
  人物像が不鮮明で、受けを狙いすぎた書きぶりが不満だが、こういう人はいるかもしれないという感慨は残るか。自信過剰で出世欲が強く、相手かまわずどんどん押してきて閉口させる。家庭環境からくるのか、人との融和のすべと幸福を知らずに育ったと、あてずっぽうで補足してみたくなる。わたしもふくめてそういう傾向は大なり小なり持ちあわせているのだが。人間関係が苦手ならば、なるべくはそれを避けてひっそりと生活すればいいのにと思うが、欲望や復讐心が強すぎるとそうもいかないのか。
「戦国権謀」は徳川家康・秀忠の二代の父子の将軍に、同じく父子二代にわたって仕えた本田正信・正純の話。二人ともに同時に老職出頭人(複数居る老中のなかでの筆頭格ということか)という地位にあったことから、その権勢が頂点をきわめた時期があったようだが、最終的には、正純は秀忠によって改易(罷免)されたうえ、罪人として他家に預けられて幽閉の身におとしめられる。なぜか、正純は作者によって「シュウシュウ吟」の石内嘉門と共通点ある人物として描かれる。嘉門ほど極端ではないにしても、正純もまた頭脳明晰ながら人間関係における交情を形成することを怠ったからで、本人もそれに頓着しなくてもよい時代がながくつづいたからだ。正純も正信同様、家康につかえた経験があり、家康の政治や人事における志向をたいへん正確にしかも素早く理解して執行したことは父正信に負けず劣らずで、家康の信頼をうること十分であった。秀忠にたいしても正純は家康の意向を正確に反映させる助言を行い、瑕疵はなかった。だがそれは、秀忠にしてみれば父家康の権威を笠にきた押しつけとして、不快さをともなって受け取られる接し方であったようだ。平凡な器量に怜悧さをもって教え諭すという正純の自信が、秀忠にとっては息苦しく、憎々しい側面もあったのだ。だが正純はそういうことを軽視した。だから家康と正信があいついで死去した後、最高権力者となった秀忠が正純にたいして手のひらを返す態度をとりたくなるのは、読者にとっては容易に呑みこめる。
  一方の親の正信は「友人同士」と作者に記されるほどの信頼を家康からうることができた。一向一揆に味方して一度は家康に歯向かった身であるにもかかわらず、だ。また正信は出世欲においては恬淡であったことが記される。禄高の増量を家康から勧められても辞退して、家康を安心させたとある。それにたいして正純は秀忠からの同じ勧めを受け入れた。当然の報奨だと理解したのだろうが、権力者は自分の権力からの転落と臣下の反逆を、神経過敏なほどおそれるものかもしれない。それにしても武家の地位は不安定だ。「上」の恣意によってどうにでもされる存在だ。正信・正純父子もその権力によって多くの同僚や臣下の地位を剥奪した。
  松本清張は成功者よりも多く敗亡者に着目する。時代の激変という背景もさることながら、敗者となってしまった者の性格や資質にその因をもとめるようだが、そこには敗者への同情よりもむしろ隠された冷淡さをわたしは受け取ってしまい、いい読後感をえられないのは残念だ。博学の人ではあるのだが。


    13:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク