大洋ボート

シェイクスピア『ハムレット』

シェイクスピア全集 (〔23〕) (白水Uブックス (23))シェイクスピア全集 (〔23〕) (白水Uブックス (23))
(1983/01)
ウィリアム・シェイクスピア

商品詳細を見る
  
  ハムレットにとっては残された時間があまりにも短い。父の先王が実の弟クローディアスによって謀殺されたという疑いを、彼は払拭することができない。クローディアスが父に替わって王位に就いたばかりか母のガートルードをも奪い、王妃にしてしまったことは消しがたい屈辱だ。そしてまたハムレットは自分もまたクローディアスによって亡き者にされるのではないかという疑念と怖れも抱いている。だが疑念はあくまでも疑念であり、はたしてそれが正真正銘の真実であるかどうか、わからない。感覚として九分九厘真実であっても動かぬ証拠が欲しい。しからばその証拠を得たとしてどうするのか、王に反逆するのか、挙兵するのか、クローディアスがやったかもしれないような謀略をもちいて王クローディアスを殺すのか。しかしハムレットにはそこまでの構想はない。真実究明に忙殺される時間がほとんどである。その先のことも考えに考え、想像力をめぐらせるハムレットであるが、おそらく彼は暴力的な資質の持ち主ではなく出世欲にもとぼしく、平和的で心やさしい人である。疑念が仮に真実であったとしても、正々堂々と理由を述べた後での王クローディアスとの一対一の対決くらいが彼に思い浮かべられるほどのイメージかもしれない。だがそのことについても決断ができるのではない。迷いに迷うのだ。
  人を殺すことは自分もまた死に近づく、それどころか死を決定付けられる。ハムレットを絞めつける観念である。人殺しをして自分はだんまりを決めて生き延びることは決してできないことではないが、ハムレットにはなぜかその想像と欲望が抜けおちている。人を殺すことは自分も罪を背負うことになる。罪は当然死に値する、その覚悟がなければならない……。ハムレットはこのように肉親を殺され略奪されたことから来る怒りに支配されるだけではない。倫理的だ。クローディアスを、王位を簒奪することを目的にして謀略を用いて殺戮するというその行動を人としてはたして看過できるのか、という義憤といえるものだ。個人的な怨みつらみにとどまらず公共性に踏みこもうとする。無論ハムレットにも臆病風もあり、死にたいする恐怖もある。恭順の意を王にひたすら示せば将来は王の地位につけるのかもしれない。だがそうして生きのびようとすることが自分にとってふさわしいことか、自分のみならず人として正しいことか、遡って「正しさ」とは何か、生きるとは何か、という問いかけがハムレットを責める。
  ここまではハムレットの時間であり、せいぜい友人といわれるホレーシオを巻き込むのみだ。だが時間というものは特異な環境にないかぎりは孤独裡にはつむぎだせないものだ。多くの人の交わりのなかで時間は形成される。ハムレットも例外ではなく、ハムレットの時間はこのことによって歪まされ、また加速させられる。
  戯曲は主人公以外の人物の動きも同時並行的に描き出す。ハムレット周辺の人物群が、ハムレットが知らないところで何を考え画策しようとするのかが読者(観客)にとってわかる。クローディアスは口先では次期王位をハムレットに約束していながら、ほんとうは亡き者にしたくてうずうずしている。それをためらわせるのは王妃ガートルードの息子ハムレットにたいする愛情であり、王への懇願である。王はハムレットが何をしでかすか、警戒心と怖れを抱いていて監視をおこたらない。廷臣ポローニアスはそんな王の心配を知悉していて、ハムレットにたいしてスパイもどきの動きをする。忠誠心ともいえるが、ポローニアスの根底にあるのは、なにがなんでも生き延びてやろう、自分や一族の生き残りが最優先であり、そのためにはどんなこともやってしまおうとする身にしみこんだ処世術である。クローディアスの治世がながくつづくとにらんでいて、王クローディアスの意志を率先代行し援助することが、自分の地位の安定をもたらすとの思惑だ。自分のためには他人のことなどどうなってもいいという冷酷漢で、ハムレットは排除すべき重大な危険人物に過ぎない。そんなポローニアスをシェイクスピアはハムレットと対極的な人物像として描き出す。もしハムレットがポローニアスのような生き方をえらべば、生きながらえることができるのかもしれないが、ハムレットにはそれが迷いに迷ったとしても、結局は金輪際できないという意味で。
  ハムレットは自らの死を射程に入れている。父の亡霊に出会い、クローディアスへの復讐を依頼される。恋人でポローニアスの娘でもあるオフィーリアにつらい別れを告げる。オフィーリアはかねてから父にハムレットとの別離をうながされているので二重苦だ。さらにハムレットは役者を雇い、想像した先王の死の真相を描いた劇をクローディアスにみせつけ、その反応で王の腹中を読み取る。さらに母ガートルードを非難する場面がある。重大な場面がつづくなかで、私にとってここが峠だった。真相を知りながら先夫の弟と結婚し王妃でありつづける母へのハムレットの最大限の罵倒と失望が口酸っぱく語られ、並べられる。だがどうもそれだけではないようだと、私は思った。女性の貞操のいい加減さ、無力をなじるハムレットであるが、またそれはオフィーリアへの非難と同質であるが、これだけは自分の口から言っておかなければならないという痛切の思いも共感できるものの、その裏側では正反対といえる思いが流れているのではないか。ハムレットはやはりというべきか、女性の男性や戦乱にたいする圧倒的な無力をも知悉せざるをえないと受け取った。母への同情と愛情にそれはつながり一体となる。またかつて仲睦ましく父母と過ごした時代への懐旧にも重なる。言葉の表側のきびしさとは裏腹の愛惜をしっとりと想像させられた。この場面はハムレットを演じる俳優にとってはやりがいがあるはずだ。
  この場面のもうひとつの重要事。その語りの途中でポローニアスが帯剣したハムレットに斬殺される。壁掛けのうしろにかくれて盗み聞きしていたポローニアスであるが、ガートルードが助けを呼んだためにとびだしたところをハムレットに一撃される。「ネズミ」と呼んで歯牙にもかけないハムレット。ハムレットの語りはまだ途中で、是非とも言い終わってしまわなければならないという切迫した思いにハムレットは心を奪われている最中だからだ。母は唯一の残された家族で、つらい別れを告げることがこの時点では最重要事だとの思いにハムレットは圧倒されている。他人の命よりも家族なのだ。うならざるをえない。また私のこの場合は「読む戯曲」であるから俳優の動作は最小限の説明ですまされるからポローニアス殺害の衝撃は小さくなるのかもしれない。「観る戯曲」だとより生々しいのかもしれない。ともあれ、これによって殺人者の仲間入りをし、ポローニアスの家族にとっては「仇」となってしまったハムレットであるが、そのことに気づき自覚するのは、二人にくわえて先王の亡霊も登場するこの場面の終わり近くである。
  やがてハムレットは王クローディアスに勧められて、ポローニアスの息子レアティーズとの剣による対決を受け入れる。ここが大団円だ。レアティーズの剣には致死性の毒が塗ってある。さらには勝負の合間で喉を潤すための酒にも毒が混入されていて、この謀略はクローディアスの手になるものであり、レアティーズも了解済みだが、一方ハムレットは知らないように見える。読者(観客)は二人の共謀を先に知らされるのだから、ハムレットが絶体絶命の運命にあることも明瞭にわかる。ところが、読者(観客)は、ハムレットが謀略に感づいているのかもしれないとなぜか思わずにはいられないのだ。読者と主人公とのあいだに共鳴性がはたらくのではないか。主人公ハムレットへの同情そのものである。すぐれた戯曲がもつ効果の不可思議さだ。しかし、ハムレットが謀略に無知であったとしても、レアティーズにとっては親の仇になってしまったハムレットであるから、紳士を自負するのであればハムレットは受け入れざるをえない。また表面上は制限のある勝負で、どちらかが死ぬまでつづける決まりではないから負傷で済ませられる可能性も残されている。とはいえ、ハムレットは思ってもみない時間と条件に遭遇させられてしまった。クローディアスとの対決がかなわないままに……。やるせない。
  レアティーズは直情径行の人物で、最初は父殺しの疑惑をクローディアスに向けて、いまにも反乱を組織せんとばかりに民衆を引き連れてクローディアスの居城に押しかける。ハムレットにも同じ行動を選択する余地があったことを作者は示している。つまりレアティーズはハムレットの陰画的な人物像にちがいない。父ポローニアスがハムレットの対極的な人物像であるように。
  ハムレットは暴力的志向を身に付けようとして自己叱咤するが、闇雲ではなく、冷静さもやさしさももっている。おとなしくして生きのびようとする欲望に無縁ではない部分もある。私がはっとしたのは、クローディアスが兄殺しを告白しながら神に祈るちょうどそのときにハムレットが遭遇する場面。ハムレットは深く共感し、対決し殺害しようと決めた方針にためらいを見せる。フィクションとはいえ、こういう心の働きが自然にできる人間はざらにはいないと思わせられた。弱さではない。振幅がおおきくて、しかも中心軸を見失わない人がハムレットである。多くの人がこの作品に共感し、語り、文学芸術の標準のひとつとなったことに頷ける。

このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。
どちらが立派な生き方か、このまま心のうちに
暴虐な矢弾をじっと耐えしのぶことか、
それとも寄せくる怒濤の苦難に敢然と立ちむかい、
闘ってそれに終止符をうつことか。(p110)

スポンサーサイト
    01:20 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

シェイクスピア『マクベス』

シェイクスピア全集 (〔29〕) (白水Uブックス (29))シェイクスピア全集 (〔29〕) (白水Uブックス (29))
(1983/01)
ウィリアム・シェイクスピア

商品詳細を見る

  戯曲『マクベス』の舞台は、戦乱のうちつづく世である。国王が小競り合いを演じ、領土争いをする。あわよくば隣国を攻め滅ぼしたいという下心がある。また地方領主や有力な軍人は下克上の誘惑に抗しきれなくなるときがある。主人公マクベスもそれら一群の中の一人で、スコットランド王ダンカン麾下の勇猛な軍人だ。今まさに獅子奮迅の活躍をして反乱を平定し、ダンカンに謁見しようとするときだ。魔女三人が彼と同僚バンクォーの前にあらわれてマクベスの将来の王の地位を予言する。マクベスに動揺と興奮が走る。だが彼は気の弱い男であり、自らが言うように善人としての性向を持ち合わせないでもない。
  軍人としてのマクベスは腕が立ち、戦うことと忠誠心、出世欲が彼のなかで見事に統一されていた。戦い、勝利することをかさねることで、彼は出世の階段を登りつめてきた。それがここへきて分裂する。下克上はさらなる出世への欲望をいたく刺激するものだ。だがはたして自分が心底それを望んでいるのか、自信が無い。ダンカンを亡き者にする公的な口実も思い浮かばない。マクベスの背中を押すものがあるとすれば、彼に絶えず出世をせきたてる夫人の存在であり、またいうなれば下克上は「誰でもやっていることだ」「俺一人が特別に悪いのではない」という群れへの埋没志向だ。それに彼は勢いに乗っている真っ最中で、その流れに乗りつづけて行き着くところまで行ってしまいたいという自然な意識もある。それは同時に群れのなかでの競争意識でもあり、夫人と同様だ。「誰でもやれること」をもしやれないとなれば、なんとも情けない男に成り下がる。さらには「魔女」といういわば異教への接近だ。
  チャンスはマクベスが望むよりも何層倍も早くやってくる。マクベスがダンカンに謁見したその日、間髪を置かずにダンカンがマクベスの居城に訪れてくるのだ。王が臣下の城を訪れることは、おそらく臣への格別の顕彰を意味するのであろう。マクベスは大急ぎでの接待を終えた後、夫人にせきたてられたこともあって眠りに入った王ダンカンを殺害してしまう。同時に付き人二人を殺害し、彼らに犯行を押し付ける工作をする、さらには同行していた王子二人が逃亡したため、犯行が王子二人の差し金であることを世間に想像させることにもあっさり成功する。まもなくマクベスはスコットランド王の位に就き、望みはいともあっさり成就する。王から報奨として反乱した領主の領地を与えられることになっていて、さらに版図を広げた領主としてのその居心地をしばらくは味わってみようとの想いも強くあったマクベスであるが。
  王の位を簒奪したあとにマクベスを支配するのは、いつか自分が復讐されるであろうという恐怖心である。そのためにさらなる謀殺をかさねるが、貴族が列席する酒宴のさなか彼はその亡霊の出現に苦しめられる。このあたりからマクベスに対する周囲の信頼が失われてきて、悪政が蔓延するのであろう、やがて「暴君」と呼ばれるようになる。もっともマクベスは人身掌握の真底からの努力をほとんど怠っているようで、知らん顔をして作り笑顔を浮かべるのが精一杯、そんな人物像が浮かび上がってくる。あっという間に王になり、あっという間に滅ぼされる運命のマクベスである。同じ運命が、最初は彼に幸運をもたらし最後は死をもって閉じる。マクベスはそういう運命の見せかけに逆らわなかった人であり、そのためかハムレットとちがって言葉を積み重ねることによって自らの手で運命を構築するという営為はない。表現意欲がとぼしい。戯曲は小説とちがい作者による客観描写がないために、俳優が説明役を担わなければならないことがあるが、その部分が『マクベス』にはやや多い。
  私が興味を引かれたのは魔女である。作者シェイクスピアは魔女三人を勢一杯薄気味悪くつくりあげている。「ひびわれた指」を「しなびた唇」にあてたり「髭」が生えていたりする。またマクベスを待ち受ける場面では、大釜をしつらえてそこに動物の死体やらその部分を放り込んで煮え立たせる。三人は「苦労も苦悩も火にくべろ、燃えろよ燃えろ、煮えたぎれ。」と歌うように声をそろえて語る。薄気味悪く卑猥であればあるほどマクベスは惹かれるのではないかと、私は思う。キリスト教のことが別のところで少し出てくるが、己を低くして神の恵みを祈願する姿勢が表現される。マクベスもそういう姿勢にまったく無縁の人ではないが、傲慢とうぬぼれを自己肯定する異端教が欲しいので、そこに魔女がうってつけのように出現したのだと私は見る。その裏側にある心細さをもおおいかくしたいのでもある。妄想と切り捨てることもできるが、勢いに乗っている最中の人間はそれを歓喜する。卑猥であればあるほど刺激をおおいに呼び込む。卑猥さとは卑猥さを見つめつづけ、うぬぼれに酔い、判断を停止させることだ。魔女三人はイエス・キリストのような高貴さの対極にあるが、とおくはなく、マクベスの身近にあり孤独を癒す役割を見せかけではあるが担ってくれる。
  魔女は人間界になぞらえれば煽動家である。人をそそのかし動かし、世の中を引っかきまわすことにこのうえない喜びをもつ。あとは動かされた当人がどうなろうとどうでもよい、それどころか『マクベス』の魔女はマクベス本人を滅ぼすことも目的だ。マクベスは魔女の「託宣」をつまみ食いした。魔女はマクベスの王位を約束したが、そののち同僚バンクォーの子孫がやがて王位につくことも予言した。マクベスは前半の部分に小躍りするものの後半の部分は聞いたときは耳に入らない、あわて者であり後になってそれを気に病むことになる。魔女はまた、マクベスが死ぬことをマクベスが理解できない言葉で予言する。また女の腹から生まれてきた者はマクベスを滅ぼすことができないとの「頼もしい」ご託宣もしてくれる。だが小理屈でそれを否定する相手が現れるとうろたえるマクベスである。
  城を包囲されて自身の運命が絶望視されたとき、マクベスは以前の軍人時代よりもより一層の闘争心をかきたてる。魔女の「二枚舌」ともあっさり訣別し、恐怖心も洗い流され、自由の境地をはじめて獲得したかにみえる。私の想像力がにわかには追いつけない個所で、マクベスを演じる俳優の力が試されるところだろうか。もう一つ、俳優がどういう演技を見せてくれるか、注目すべきところがある。王ダンカンを殺害する直前、マクベスが知らぬ間に剣を手もっている、しかもそれには血がべっとりとついている。幻想と現実、現在と卑近の未来が交錯し、マクベスがうろたえる場面。

マクベス
(略)
おお、短剣ではないか、おれの目の前に見えるのは?
柄をおれの手に向けているな。よし、つかまえるぞ。
つかめぬか、目にはまだ見えておるのに。
ええい、呪わしい幻め、姿は見せても
手にはさわらせぬというのか? それとも
きさまは心が描き出す短剣、熱にうかされた
顔が作り出す幻覚にすぎぬというのか?
まだ見える、手にとれそうなその形、それ、
抜き放ったこれと同じではないか。
おれを案内する気か、おれの行こうとするところへ、
おれが使おうとしていた得物の姿を借りて。
おれの目はどうかしたのか、それとも目だけたしかで
ほかの感覚がおかしいのか。まだきさまが見える、
おお、刃にも柄にも血のりがついているではないか、
いままではついてなかったぞ。まさかこんなものが
あるはずはない、血なまぐさいたくらみが形をとり、
目をたぶらかすのだ。(以下略)(p49~50)

  剣を使おうか使うまいか、迷っていながらもすでに剣をとりだして握りしめている。さらにはいまだ行為に及んでいない王の殺害にともなう血がべっとりと剣についている。うろたえ、錯乱の一歩手前にありながらもなんとか行為をなしとげてしまうマクベスが生き生きと描かれる。
    07:51 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク