大洋ボート

三輪・巻向(2)

  三輪から一駅奈良方面へ北上したところに巻向がある。ここも万葉集に登場する場所。残念ながら歌を覚えていない。無人駅から一キロあまり離れたところに卑弥呼の墓との説もある箸墓古墳がある。訪れる人はちらほら。手前に豊かに水をたたえた池があり、じつにゆったりした眺めだ。田舎とも郊外とも言葉としては少しちがうのか、人ごみから遠ざかったことを素直に実感できる。手前の池は人造ではないだろうか。その土を利用して古墳を造築したのではないだろうか。わたしは何もしらないが、そんなことを空想してみた。左向こうにみえるのが三輪山。




  三輪も巻向も大阪への通勤圏内ではないらしく、駅の周辺は人家はあるものの閑散としている。とはいうものの、箸墓古墳の近くには幹線道路があって車の往来は頻繁だ。レストランはじめ大型の店舗も間隔をおいて並ぶ。そのなかでみつけた自動車販売店のショウルーム。


  ところで、ひとつの記事に複数枚の写真を載せることが、何故かなかなかできなかった。以前と同じ方法ではかなわず、いろいろやってみたが、結局は以前と同じ方法を再々度試してみると、今度はすんなりとはいわないが、できた。アクセスが集中する時間帯だったからか。疎いわたしにはわからない。
スポンサーサイト
Genre : 日記 日記
    10:02 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top

三輪・巻向

  連休を利用して、奈良盆地東南部の三輪方面へ出かけた。大正で大和路線に乗って王寺と高田で乗り換え。奈良まで行ったほうが乗り換えが一回ですむのだが、未乗車の路線なので選んでみた。
  三輪は額田王の「三輪山をしかも隠すか雲だにも心あらなもかくすふべしや」の歌で知られる三輪山がある。大国主命が祀られている大神(おおみわ)神社がある場所でもある。
  駅名の看板の向こうに見えるのが三輪山。

DSCN0018 - コピー
神社からの帰り道に少し離れた場所をえらんで撮った。それほど高さはないが、左右の山並みから手前へ突出した印象がある。樹木の色合いにもちがいがあるように見える。



 時間が前後するが、大神神社。鳥居をくぐると緑深い参道。やがて神社の建物。

DSCN0012 - コピー


Genre : 日記 日記
    09:38 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

旅行の写真

  日記とはいいながら約二週間前の旅行の写真をアップ。西伊豆の堂ヶ島温泉というところに一泊 で行ってきた。新幹線とバスを乗り継いで、清水港から土肥港までフェリーで駿河湾を横断。快適だったが、初めは富士の姿が雲に隠れて残念だった。

CIMG0024
CIMG0024 posted by (C)ikasuma
  しかし待っていた甲斐あってようやく雲間からうすぼんやりした輪郭をあらわした。

CIMG0027
CIMG0027 posted by (C)ikasuma
 ズームアップ

SEHA - CIMG0028 - コピー - コピー - コピー (2)
SEHA - CIMG0028 - posted by (C)ikasuma

やはり富士は雄姿だな。毎日のように眺められる環境にある人にとっても思いは同じではないだろうか。つづいては蛇足。

CIMG0030
CIMG0030 posted by (C)ikasuma

  一転して、翌朝のホテルの前の入江。岩が三っつ並んでいるのもいいもんだ。

CIMG0047
CIMG0047 posted by (C)ikasuma
Genre : 日記 日記
    01:15 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

退院

   一昨日11月26日、無事退院した。13日に入院、翌14日に13時間に及ぶ顔の内部の腫瘍除去の手術を終えてから2週間余り経過した。画像検査で把握したよりも腫瘍が大きく、予定していた手術の時間を大幅に超過したそうだ。それでも神経を切断せずに済んで、こちらとしてはホッとすべきかもしれない。もっとも手術以前とまったく同じ状態かというと、そうではない。医療器具が神経に触れざるをえず、神経表面の細胞が損傷を受けて、当面は顔右半分の神経が以前と同じようには働かなくなっている。
  食事がしづらい。口の右半分が完璧に閉じることができず、食べ物や飲み物が口から漏れて唇の周りを汚す。右目が閉じられずにその分左目にも負担がかかって、目が乾きやすく、痒い。右耳が部分麻酔されたような触感の鈍さがある、等々の症状がつづいている。しかし、手術直後の同じ症状とくらべるとだいぶ改善されてきたようでもある。神経の自己回復力が亀の歩みではたらいているようだ。
  手術以前の感覚に戻るのは、最低1ヶ月ほどはかかるというが、違和感が払拭されるのにはもっとかかるのかもしれない。
Genre : 日記 日記
    07:29 | Trackback : 0 | Comment : 2 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク