大洋ボート

第三の男(1949/イギリス)

  DVDで以前に見たことがあるが、映画館で接するといくぶんかはちがった印象をえた。古い時代の映画だけあってモノクロ・スタンダードであるが、スタンダードサイズなるもの、わたしのイメージしていたものよりも横幅がかなり狭く、全体がほぼ正方形だ。現在の同じ名称の画面ならもう少し横幅があるのだろう。そのせいか、主題と密接に関連するウィーンの街並みがなんだか「室内」のように見えた。また俳優陣も観客により近い位置ににじり寄ってくるように思えた。
  アメリカ人の作家ジョセフ・コットン(役名ホリー)が旧友のオーソン・ウェルズ(同ハリー)に呼ばれて第二次大戦終結後まもないウィーンに旅行するが、直前にウェルズは死んで、葬儀も行われていた。だがふっ切れない思いを抱いたコットンはウェルズの恋人だったアリダ・ヴァリとともにウェルズの死についてより深く知ろうとして行動する。これが前半のストーリである。結局はウェルズは生存していて、死は偽装だったことがわかる。疲弊した当時のウィーンでは闇経済が横行していて、その関連でウェルズは重大犯罪に関わっていた、というもの。ウェルズがコットンを呼んだのはその犯罪を彼に引き継がせようとするためだったことがわかる。
 歴史の勉強になるが、当時のウィーンはアメリカ、イギリス、フランス、ソ連の分割支配下にあった。それぞれの管轄区域が決まっていたらしく、了解がないと他所の管轄区にたとえば警察の捜査が及ぶことはなかったと思われる。ジープに4カ国の警察官が仲良く搭乗する眺めはおもしろい。また古色蒼然としたウィーンの街並みにも目をひきつけられる。石造りのビルが立ち並ぶ。爆撃の影響だろう、半壊のビルや瓦礫の山が見られる。またいくつかのビルには他のヨーロッパの国にも見られる彫刻像(ビーナス)が併置されて豪華である。一般人が住む普通のアパート(マンション)も頑丈なつくりで階段など必要以上に広い。それにクライマックスに登場する下水道も立派というしかなく、総じてこれらオーストリアという国のかつての繁栄ぶりがしのばれるというもの。 
  俳優でいちばん目立ったのはアリダ・ヴァリで、二番目がオーソン・ウェルズ。一番目立たないというべきなのが主役格で出ずっぱりのジョセフ・コットンである。これはコットンの視線が観客の視線に溶け込んでいるからで、彼がしだいにアリダ・ヴァリを好きになっていくのが彼の肉体の存在を省略して直にヴァリに観客の視線が届くからである。他の映画を例にとれば、デヴィッド・リーン監督の「戦場にかける橋」では主役格のアレック・ギネスよりもウィリアム・ホールデンのほうが目立った。また逆にリーン監督「アラビアのロレンス」では主役のピーター・オトールが終始目立つ。いずれも配役布陣の妙ではないか。
  ジョセフ・コットンが目立つのは最後あたりか。ウェルズの犯罪の重大さを念を押されるように見せつけられて「公憤」をうながされる場面。さらにアリダ・ヴァリに未練たらたらの場面。かつての恋人を警察に売った男を相手にすることはさすがにできないか。女性の矜持というものか。そういえばヴァリは「ホリー」と「ハリー」をよく間違えていた。似た名前ならば普段呼びなれた名を口にするのだ。
   ★★★★
スポンサーサイト
    10:44 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

冒険者たち(1967/フランス)

  冒頭の場面、ジョアンナ・シムカスがうず高く積まれた自動車のスクラップの間の道をゆっくりと歩いている。スクラップに興味ありげの様子だ。観客は両者にどういう関係があるのかすぐにはわからないがやはり興味をもたされる。これだけでも引き込まれるというものだ。やがて建物にたどりついてシムカスは「店主」らしいリノ・バンチュラに会い、スクラップを売って欲しいと頼むが、バンチュラは売り物ではないとにべもなく断る。急ぎの用があるらしく、トラックに乗り込んで立ち去ろうとするバンチュラ、そこをなおも売却を依頼するシムカス。バンチュラは受け付けないが、シムカスは美人だ。シムカスに惹かれたのか、以後の作業の手伝いをシムカスに依頼し、シムカスも引き受けてトラックに同情する。やがてトラックは広場に到着すると、二人はポールでゲートらしきものを組み立てる。そこへ複葉飛行機が飛来してきて、組み立てられた狭い面積のゲートをすれすれに潜り抜ける。後にわかるが、飛行機はパリの凱旋門を潜り抜ける練習を繰り返すのだ。バンチュラはその手伝い。
  長く書いてしまったが、バンチュラは廃車になった車の部品を選択してレース用のエンジンを開発している。ジョアンナ・シムカスは同じく廃車の部品を使って溶接でアートをつくる芸術家。また複葉機を操るのはアラン・ドロンで、腕自慢のパイロットだ。こういう3人の立場をセリフで説明するのではなく、映像のつながりで少しずつ観客にわからせる、ここがこの映画のたいへん心憎いところのひとつだと思う。題名は「冒険者たち」だが野心家と言い換えてもいい。アラン・ドロンの曲芸飛行にしても危険で、シムカスのアートもよい値段がつくかわからない。バンチュラのエンジン開発もうまくいく保証はなく、確実性はいずれも少ないと見えるが、これが当人たちがいかにも楽しそうで、やりたいことを夢中でやっているようで、その空気がほんとうによく表現されている。娯楽映画としての面目躍如だ。飛行訓練の後、その余韻を楽しむかのように、走行するトラックすれすれに飛行を繰り返すドロン。観客をひやりとさせるのがまた心憎いのだ。
  詳述は避けるが、三人の目論見はいずれも頓挫する。ルーレット賭博にも手を出すがこれも失敗。さてどうするかというと、アフリカコンゴ沖の海底に財宝が眠るという噂をあてにしての現地へ飛んでの探索がはじまる。金はまだあるのかなどという疑問に対する説明はなく、省略されている。なくてもいい、そこがまた娯楽映画の小気味よさだ。そして、ここでも楽しくて仕方がないという空気は持続する、というよりもさらに拡大する。舟をチャーターしての潜水の日々だが、釣で食糧を確保して宴会さながらである。三人が水をかけあってじゃれる場面など印象に刻まれる。ああ、こういう短い日々が自分の人生にもあったらなあと、羨ましさを喚起させられずにはいられないのではないか。野心家同士の友情。それに美人のジョアンナ・シムカスが間に居るということで、男二人は別天地の気分ではないだろうか。財宝など見つからなくてもいいやとも観客に思わせるに十分だ。
  だが財宝の噂はあまねく知れ渡っているらしく、彼等三人をつけねらい強奪しようとする一味があらわれる。ここから殺し合いがはじまり、人間関係も少し複雑になるが、前半部の面白さの勢いでどんどん押していける。ドロンとバンチュラのそれぞれの情の厚さも頷ける。海底のシーンもふんだんに出てくるが、これまたうつくしいとしか言えない。この映画、レンタル店にも置いてあったが、スクリーンで見たいという思いがあって長く保留していたが、今回それがかなって満足した。
   ★★★★★

冒険者たち [DVD]冒険者たち [DVD]
(2011/12/09)
アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ 他

商品詳細を見る
    12:36 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

白夜(1971/フランス他)

  ロベール・ブレッソン監督作品をみるのは初めてだが、もっとも正統的な映画作りをする人ではないかと思った。言葉による説明が最小限にきりつめられて、もっぱら映像によってそれを理解させ、そのうえでさらに人物への感情移入へと観客をゆったりと引き込んでいく。人は見て、感じて、動く。そしてまた予期せぬものを見て、感じて、判断して、動く。こういう私たち誰でもがするであろう日常にある営為を思い出させて、人物の行動の全体を、ああそうだなあと無理なく納得させてくれる。若い男女二人にたいして、それはそうだなあとか、無理もないなあとか、こいつちょっと変だなあとかを、映像と人物の動きによって見事にわからせてくれる。気持ちがいいのだ。夾雑物が観客と登場人物の間から取り払われて、じかに接するかのような感覚にさそわれる。
  物語は、夜のパリで偶然であった若い男女が数日のうちに恋愛関係にまで発展しそうになって、さらに意外な出来事があって終わってしまうという、言ってみればありふれたもので、そこからえられる感興としては少ないのかもしれない。恋人との一年後の再開を約束して当の場所で待つ女性イザウェル・ベンガルテンだが、男はやってこずに悲嘆にくれる。そこへ画家の青年ギヨーム・デ・フォレがやってきて不審に思い、事情を聴いてなぐさめ知り合いになる。これがはじまりだ。翌日も翌々日も二人は同じ場所で会い、親密さを増していく。女は恋人だった男をあきらめなければならないのではないか、目の前の男に乗り換えるべきではないか、悪い男には見えない、そういう想いを背負う。一方、男は恋人が欲しくて仕方がなかった、画業にも身が入らず、町できれいな女性を見ればおもわずついて行きそうになるくらいだ。この巡ってきたチャンスをものにしたいという想いが充満する。見てくれは善良そうに見えても異性への飢えはかなりなもの、といった二人である。
  パリの夜の川を観光客を乗せた遊覧船がゆっくりすべっていく。明かりが幸福そうにきらきらする。青年画家がそれを見る視線そのままにカメラが船を追う。遊覧船から流れてくる生演奏の音楽。やがて橋をくぐる船。青年の幸福への羨望が手に取れる。ああ、こんな風に人の幸せをうらやましく眺めたこともあったなあと思い出させるのだ。だがまもなく幸福の感覚は青年に訪れる。人々がくりだし明かりがさんざめく夜の歓楽街でデートするからである。男女が肩を組んで行き交い、自分たちも同じようにする。幸福感が画面からほんとうに滑らかに伝わってくる。幸せに見える人々とまったく同じことをする、これ以上幸せを実感できることはないのだろう。
  だが青年は嘘をついている、乃至は女性に隠し事をしているのだ。女性は恋人の住所を知っているが、何故か自分からは会いに行こうとはせずに、青年に手紙を届けてくれるように依頼し、青年はそのとおりするのだが、一回目には女性がその部屋にいることがわかる。はてはかつての女性の恋人の「新恋人」かなと観客に思わせる。二回目にはその女性とともに別の男も顔を見せる。あれれっ、住所を青年が故意に間違えたのか、それともかつての恋人が転居した後なのか、観客には不明だ。(私が字幕を見逃したのかもしれないが)だがそういう事情を青年は女性にいっさい打ち明けないのだ。なるべく早く恋人を忘れさせようとの思惑があるからなのか、このあたりの説明はないが、説明を省くことで余韻を深くのこす効果が絶大だと思う。もしかすると女性は青年の胡散臭さを少しくらいは嗅ぎ取っていたのではないかとさえ思わせる。
  この映画、見てよかった。正統的な映画作りによって映画の長所が如何なく発揮されている。また洒脱で上品である。
    ★★★★★
    14:04 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

ノスタルジア(1983/イタリア・ソ連)

  物語がよく把握できなかった。科白に文学的、詩的な要素があって私にとっては難解であったことと、うとうとしてしまったことが理由である。またアンドレイ・タルコフスキー監督といえば必ずや評価される映像の美しさが前半部においては小出しであったことも私を弛緩させた。だが中盤以降になるとさすがに映像の美しさには目を見張るものがあって貴重な映画体験となった。それにこの映画の映像はDVDで見た『ストーカー』とかなり重なり合うところがある。つまりは廃屋や廃墟であり、その床や地面が水びたしになっていることである。物語としては『ストーカー』は立ち入り禁止区域となっている「ゾーン」への男三人の探検と帰還が骨格であり、『ノスタルジア』は主人公の詩人がロシアから女性を連れてイタリアへ移住もしくは亡命するところから始まり、そのあとも話としては『ストーカー』と共通するところは皆無である。にもかかわらず、映像が類似しているということは、そこにこそタルコフスキーが作品別の物語内容を越えて芸術的に彫琢したかった最たる部分があるのではないかと思われ、そこを中心にして感想を書いていってもさしつかえないのではないかと思えたからだ。
  少し触れた廃屋はイタリアに来て知り合った男の住居である。この男見るからにうらぶれた印象があり、また精神的な衰弱をきたしているようでもある。過去の映像がモノクロ(純粋なそれではなく微かに色彩があるように見える)で表現されるが、男の家の前にパトカーが停まっていて近所まわりで騒ぎになっている様子で、家族に異変があったのかもしれず、この「事件」が男を衰弱させたようだ。勿論男が住むかぎりは廃屋とはいえないのだが、印象は廃屋そのものである。壁はいまにも崩れかからんばかりで、ぼろぼろでぎざぎざになっている。しかも雨降りでもないのに雨漏り(水漏れともとれる)がはげしくて水が勢いよく床をたたきつける。床は書いたように当然水びたし。それでいてそこには壷やら花を生けた花瓶が画面の下部に目立つように置かれている。あきらかにタルコフスキーが意図して室内セットを造形したのだ。
  この映像に私は触発されるものがあった。これは「世界のどんづまり」を表現しているのだなと直感した。飛躍するが書いてしまいたい。人生にたいして誰でも希望を持つが、ある人にとってはそれは青春時代に頓挫する。希望は言葉としては残っていても忠実になれなくなり、堪えられなくなってもはやそれ以上は進むことができない、引き返さざるをえない。そういう固有の時間と場所がある人にとっては必ずあり、またそれを忘れる人もいるが、のちのちまでもそれに固執する人もいて観念的に培養される。廃屋が「世界のどんづまり」の固有性そのものではなくて、思索者=表現者のなかで廃屋として結実した造形的映像がその観念を喚起させるのだ。「どんづまり」だからこそ、もう一度そこへひきかえしてやり直してみたくもなる、思索したくなる、観念としてそういう作業をその人に何回も、あるいは生きるかぎり試みさせる。希望の頓挫したところを見据えてふたたび希望を見いだそうとするのだから、絶望にいろどられてはいてもこれは美しいし力強さもある。私の「勝って読み」と思われても仕方がないかもしれないが、この廃屋(じみた)の住居の映像はそこまで迫真性を内包していることだけはわかってもらいたい。また廃屋ではないが、主人公の幻想としてせまい岩場に囲まれた水の流れもある。彼はそこで寝そべりながら分厚い詩集に火をつけて、燃えるままに放置する。
  過去がモノクロ映像となってたびたび挿入される。主人公は故郷を捨てた。彼を愛し引き止める家族がいるにもかかわらず妻以外の女性(通訳だが愛人でもあるようだ)を連れてイタリアにやってきた。そのロシアに置いてきた妻や子供のまなざしも主人公をじんわりと見つめて少し悲しげでこれまた美しいし、美しいとしか言いようがないが、故郷を流れる川の水の澄み切ったさま、青々とした川底の水草さえくっきりと映し出す。のちにこの映像がカラーに変換されるのがまた心憎い。この川の水の映像は廃屋のそれとちがって観念的に彫琢されたものではなく、自然が野放図に露わにする美そのものであり、観念を超え観念からとおい、何かしらふっくらとした豊かさが表現されている。いとしくて身体ごとひたしてみたい欲求にかられるのではないか。だが故郷といい家族といい澄んだ水といい、そこには戻れそうもないという主人公の諦念の表現でもあるのだろう。
  主人公は例のイタリア人から教わったとおりのことをする。つまり干上がった池を、蝋燭の火をともして消えないようにして横断すればよいことがあるというので、実行する。まじないか宗教的な祈りなのか。だが主人公はいっこうそういうことを信じないようで、あるとすればイタリア人への敬意だろう。また自嘲的、自己憐憫的にみえる。外観は「祈り」であっても内面はそうではないのだ。冒頭に近く、教会で聖母像の前におびただしい蝋燭がともされている様子があったが、これはふりかえれば主人公のともすたった一本の蝋燭との対蹠的効果をも果たしている。
  最後には故郷の家が何回目かとして映されるが、カメラがしだいにとおざかると、驚いたことに周囲が石造りの巨大な廃墟の風景になってしまっている。すっかり小さくなる故郷の家。かつてしっかりした現実であり、うつくしい川もそばにあり主人公にとって美の源泉であった故郷や家族さえ「世界のどんづまり」の観念の枠に閉じ込められるということか。ここまでくれば「どんづまり」どころか「世界の崩壊」にさえつながりかねない大胆な映像の構図だ。これには意表をつかれた。イタリア人やら主人公の愛人やらの行動にはさして驚かなかったが。……映画を見る時間があまりとれないが、またこういううっとりさせる名画に出合いたいものだ。
★★★★★
  
ノスタルジア [DVD]ノスタルジア [DVD]
(2002/11/22)
オレーグ・ヤンコフスキー、エルランド・ヨセフソン 他

商品詳細を見る
    02:43 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク