FC2ブログ

大洋ボート

黒岩重吾『飛田ホテル』(2)

  黒岩重伍は若い頃、天王寺・釜ヶ崎地域に棲んだことがあるそうで、そこでの体験や見聞が作品に生かされている。下層の人々の生態が、こんなことが本当にあるのかという具合に読者をあきれさせ、同時に、そこで精一杯に生きて、脱出願望を実現させようとする特に若い女性の執念が、通俗性をまじえて描かれる。
  「隠花の露」は典型的な篇。子供は親を選べない。周囲の環境もふくめてそうだから親の影響を好かれ悪しかれ被る。成長するにつれて親への反発心が芽生えてくるものの、子供ならどうしても親の庇護を受けなければ生きていけない。そこがジレンマだ。縁子は、母・清美の愛人であるタクシー運転手の佐村が昼間アパートを訪ねてくると、隣室へ移動しなければならない。清美が肉体を売ることによって一家の生活がかろうじて成り立っていることを縁子は知っている。そこは安アパートの一室で、アパートの住民が清美のあからさまな声によって集まってくるので、縁子はトランジスタラジオのボリュームを上げさるをえず、廊下を見張ることもする。縁子には恵美子という姉がいて、中学を出ると男をつくって家を離れるが、男と別れたときには家に戻ってきて、男ができればまた出ていくという繰り返し。そんな姉妹と関わるのがアパートの大家の種村で、なんとコールガール組織の元締めをかねていて、姉妹に声をかけて客を紹介するのだ。こんなことが実際にあるのか、と疑いたくなるが、やくざ組織がしきる売春よりも比較的自由でいられるという。
  縁子は工場や喫茶店勤めもするが、家に金を入れなければならないので足りず、種村の誘いに乗ってしまう。売春に抵抗感がないことが姉妹の特徴のようだが、縁子は男やセックスが格別好きということもなく、どうやら結婚資金をためるための身近な手段でもあるらしい。恵美子のほうが先に堅気の工員との結婚を実現するのだが……。
  「虹の十字架」は前半が「隠花の露」と類似していて、ヒロイン浅香の継母の康江は「隠花」の清美とまったく同じく男狂いで、アパートに男を頻繁に引き摺りこむ。しかも夏の盛りには浅香に「五百匁(1875グラム)の氷」を買わせてきて、セックスの最中も部屋に居させ、ことが終わった後氷水にひたしたタオルで二人の身体をすみずみまで拭かせる。このときにかぎって康江は浅香に異常なまでに暴力的になって、浅香を従わせる。康江は浅香が二人から目を離すことをさせない。「何時か浅香は、汗が眼に入っても、まばたきをしないようになっていた。放心したような霞んだ眼を一点に据えている。」これも本当かいなと疑わせなくもないが、迫真性はある。浅香にたいしては直接の心理描写ではなく、こうした外側からの印象で描かれ、以後も黒岩は主にこの手法で浅香を追う。浅香は他人とのつながりをもとめることにかけては一途で、その分、成長するにつれて失意も味あわされる。浅香は浮浪児で継父の印刷工・弥吉に拾われた。弥吉は真面目で勤勉一辺倒で浅香を可愛がったが、その反面康江の行動を勘付いてはいたものの別れることはなく過ぎる。その理由はわからないが、康江が急死してから浅香の風景はがらり変わる。弥吉との関係は良好で、読者からみればツキがまわってきたとみえるが浅香にとっては虚ろさを引きずることに変わりは無かったようにもみえる。結婚にもまして、人からの愛情に飢えた女性の像が浮かびあがる。
  「女蛭」は唯一下層民の話ではない。女性の一人の男性に対する薄気味悪い執念が描かれる。百貨店部長の国本は同社会長の娘と結婚しており、順調にいけばさらに出世しそうな勢いだ。だが、愛人の君子が殺害されたことで身辺があわただしくなる。
  堂本しのぶという女性が怖ろしい。国本が独身時代に愛人であった同社の女で、彼の結婚を期にして別れることになった。しのぶは別れには同意したが、以後愛人をつくらないこととと、自身が会社に務めつづけることを国本に約束させた。十五年前のことで、いまだにしのぶは会社に居て、以後男関係は無く独身の身で国本を監視しつづける。社員数が多く、同じ部署ではないが情報収集くらいはできるだろう。わたしからすれば、そんな約束なんてどうでもよく、さっさと結婚するならして自らの幸せを掴むべきではないかと突っ込みを入れたくなる。だがこの女は国本を監視することが、「正しい道」を国本が歩むのを見届けることが生きがいとまで云うのだ。かなわないな、こういう人居るんだ。理解できない。いびつ化した愛情というべきか。読者の予想どおりに彼女は君子殺害の件に噛んでくる。




スポンサーサイト
    12:54 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

黒岩重吾『飛田ホテル』(1)

  1958年から64年にかけて発表された短編6篇が収められている。黒岩重伍は何冊か読んだことがあるが、これは今回がはじめて。
  高度成長の時代で、貧乏から人々が脱出しようとして忙しい思いをしていたであろうわたしにとっても懐かしい頃だ。下層民、あるいは「どん底」とよばれる階層の人々が多く登場するが、その位置に諦め半分に停滞する人も居て個性的に描かれるものの、むしろ若い女性のはげしい脱出・上昇志向に焦点がしぼられて、一見その謎めいた行動が軸となって話が展開する。ミステリーだからいずれの篇も犯罪に行きつくが、一方では、中心にいる女性にたいしてその周辺にいる疎遠とはいえない人がからんでくる。その人固有の身近にいる人々への関心や興味や嫉妬、それが高じた抑えられない憎しみが因となって行動が惹起され、悲劇が起る。だれもが心当たりがあるであろう、特定の芸能人に対しての異常なまでの関心を示す人(女性に多い)がいるが、そういうタイプの人を思いだしてもらいたい。重要人物として不可欠な存在となっている。わたしにはその異常さは理解不能だが、だからこれは貧乏脱出にかぎったことではなく、犯罪にかぎったことでもなく、わたしたちの日常の周辺に嗅ぐことのできる要素が含まれている。女性の上昇志向はいにしえからつづく古典的心性というべきか。またその上昇志向には、鬼畜のような親と同居しなければならなかった子供時代のいびつな家庭環境への積もり積もった復讐の念が梃になる篇もある。
  「飛田ホテル」の舞台は大阪市天王寺付近の飛田というところに立つボロアパート。4畳半一間の部屋でおそらくトイレは共同で風呂などない。饐えた匂いがして入り口の履物入れには窃盗予防のため何も置いていないという按配。(こういうアパートは今でも探せばあるだろう、絶滅はしていない)堅気の人も居れば、娼婦、ポン引き、博打打などいかがわしい「どん底」の人も棲んでいる。家賃は安く、「飛田ホテル」は人々がつけた通称。そこへ傷害事件を起こして服役していた有池一が帰ってくる。だが彼を待っているはずの浪江がいない。数日前に失踪したことを有池と親しい人々から知らされる。やくざから足を洗って彼女と新生活をおくるつもりだった有池は落胆する暇も無く、独自で浪江の探索を開始する……。
  アパートには娼婦の仙子や律子がいる。仙子は有池にちんぴらから守ってもらったことがあり、律子は有池と肉体関係を持ったこともあって二人とも有池に好意を抱いており、できれば有池と浪江の仲をひき裂いて有池を奪いたいという野心がないでもない。またアルサロ勤めをしていた浪江にしつこくつきまとう香本という若い男がいる。一方的に現金を送り付けてついに浪江と関係をもち、さらにそのあとも浪江の尾行をつづけ、「飛田ホテル」をつきとめる。浪江は個人的にひそかに売春もやっていたのだ。香本が浪江を誘拐、あるいは殺害したのかという疑いをもって有池は香本と対面する。だが浪江の尾行をしていたのは香本一人ではないことがわかる。浪江のあらさがしを躍起になってしていた人物がいるのだ。
その人物の浪江の「不正」を憎む心は普通ではない。香本の浪江がいかに好きか、素晴らしい女かというあけすけで下品な告白、金で情報をあっさり売ってしまうポン引きの哀れさなども印象にのこる。
  「港町神戸に、唖の売春婦たちが集る、或る中華飯店があった。」これが「くちなしの女たち」の書き出しである。実際にそんな店が当時あったかどうかは、無論わたしにはわからない。密輸など国際犯罪が跋扈する、警察も容易に全容がつかめない地域のなかにその店があるといい、不良外国人や邦人のちんぴらや愚連隊(今や死語?)が多く出入りする。唖者の女は自由恋愛をたてまえとするため客の立場でカウンターに座って男性客と筆談!で交渉する。美人が多い。保険外交員の古多木がそこを訪ねる。長男で障害者(足が不自由)の良男がその店の横の路地で何者かに撲殺されたからである。警察によると、良男は何度かその店に行ったことが判明しており、進まない警察の捜査に業を煮やして古多木自らにわか探偵となって、実際に買春もして情報収集をこころみる。
  ここにも世の「落伍者」を自認せざるをえない唖者の女たちの上昇志向がある。唖だってちぢこまることはない、恋愛だってセックスだって奔放に実行して伸び伸び生きようというような。だが彼女たちも「もっと上」の幸福があることを知って、地団太を踏み、嫉妬の炎を燃やす。古多木の捜査は良男の下宿先を訪ねて遺されたノートを手に入れ、聾唖学校の教師へ、さらに良男と仲の良かった唖者の女性へとたどり着く。だがその女は例の店の「客」ではなかった。
  古多木と売春する女の性的描写がねちっこく、作者にとっては大事と見なされる通俗志向がいかんなく発揮されるが、今日ほどの露骨さはないというべきか。


  




    14:41 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

菊池寛「蘭学事始」「入れ札」

  組織のなかならば同僚、組織の外にまたがるならば仕事仲間といえる人がいて、毎日のように顔をあわせる存在である。彼等と比較して自分がどれほどの能力を持ち合わせているか、また彼等に自分がどう思われているか、評価されているか、気になるところである。また、自分が彼等の一人一人をどんな風にみているか、も意識するところだろう。意識しようとしまいと組織と仕事の流れには乗っていかなければならない。うまくしないととり残される恐れがあり、つまりは将来の出世にもかかわる問題であるが、そんな広い範囲に思考を広げなくても、もっと手前にも問題がある。他人との日常的な付き合いだ。優秀であるもののなんとなく打ち解けられそうにない人が傍に居ると、居心地の悪さを感じざるをえない。意識からふりはらおうとしても纏わりついてくる。みみっちいことかもしれないが、本人にとってはおろそかにはできず、延いては出世にも関わってくる。
  「蘭学事始」の蘭方医・杉田玄白にとっての蘭学者・前野良沢がそういう存在である。その碩学は評判で、玄白も認めるところであったが、いつも冷然として威圧感がある。加比丹(カピタン=オランダ商館長)の江戸逗留中の旅籠に医者をはじめ、オランダの学問や風物に興味のある者があつまってくるさいにも、良沢だけは一同が冗談でにぎやかになって打ち解けあうときでも、輪に加わろうとはせず、微笑を浮かべるのみである。玄白は良沢に、ライバル意識というよりも引け目を先に感じてしまい、学問上の疑問を通訳に気軽にすることすら、良沢はとっくに知っているのかもしれないと思うと、硬くなって言い出せないということもある。だがそういう自分を一方で、玄白は恥じてもいて、二つの感情の整理ができない状態だ。玄白は妥協的で、権威主義的にみえる。別のとき、通訳にオランダ語の翻訳は可能かと尋ねると、通訳は不可能と答える。通訳は幼少時から五十歳になるまでオランダ語を学んだので、その答えには玄白は納得してしまうが、同席していた良沢は肯んじない。漢語漢籍も先祖の刻苦によって少しずつ翻訳され積み上げられて理解のもとになり、われらは余沢に潤うている。オランダ語もその例外ではなく、長い時間をかければ翻訳は可能だと正論をぶつ。玄白は良沢の「雄渾な志」に感動し、恥ずかしい思いをしたものの、同時に「挨拶旁々(かたがた)」云ったことに「真剣に向ってきた」良沢に不快を感ぜずにはいられなかった。良沢は弛緩の時間をもたない人であろう。
    玄白は蘭書「ターヘルアナトミア」を購入する。人体内部の内臓や骨格を精緻に描いた図説で、たいへん高額なため、藩の家老に懇願して借金してまでのことだった。本を開いて、それまでの漢籍による曖昧な知識や推測では到底およばなかった人体の実相がダイレクトに描かれていることに玄白は感動し、喜ぶ。それは神秘的でさえある。だがそれは玄白の向学心が基盤にあるものの、良沢を出し抜いてやろうとする下心がないのでもなかった。彼がその本を所持していないならばだ。
  まもなく腑分けの知らせがもたらされる。死刑にされた人が玄白はじめ医師たちへの知識に資するため、目の当たりで解剖を施されるのだ。以前からの医師連の要請があったのだろうが、内臓の見取り図をまったくしらない医師というありようも、今日の感覚からすると奇異なのだが。無論、玄白らの喜びと興奮は、永年の壁がとりはらわれるので、尋常ならざるものがあった。ただ、知らせがあった現場には良沢は居あわせなかった。腑分けは明日であり初更(午後7時~9時頃)を過ぎている。知らせの手紙を出すか出すまいか、またその便はあるか。少しの議論ののち手紙は出されるが、ここでも玄白は良沢を出し抜きたい気持ちが湧き上がらなくはなかったのだが、玄白は悪人ではないことがここで明らかになる。彼は良沢を尊敬してもいて、その自身の気持にしたがわざるをえない。手紙はとどき、良沢は腑分けの現場の刑場に駆けつけてくる。「ターヘルアナトミア」を携行しながら。
  腑分けに立ち会っての滅多にない感動は医師連に共通のもので、以後の「ターヘルアナトミア」の共同による翻訳作業でも彼等の一心同体と挫けぬ意欲がつづく。玄白の良沢にたいする複雑な思いも消え去ったかにみえる。だが今度は学問にたいする両者の姿勢のちがいが鮮明になる。翻訳が不完全でも上梓すべきとする玄白と、あくまで完璧を期する良沢との対立だ。ここへきて、玄白は良沢への引け目やときとしてあった憎しみの感情はほとんど拭い去られている。後進に資すべきとする上梓の方針に、玄白なりに自信を抱いたとわたしはみる。
  「入れ札」は侠客国定忠治の逃亡劇の一場面が描かれる。代官を斬殺した忠治は乾児(こぶん)とともにさらに関所を破り、信州の知り合いの侠客のもとに身を寄せようとしていた。五十人ほどいた乾児もそのときは十一人に減っている。追っ手に捕縛されたり逃亡したりの結果だった。だが十一人でも逃亡をつづけるには人目について多すぎる。といって身一つで知り合いに転がり込むのは<沽券にかかわる>ので、二,三人は連れて行きたい。その人選の腹積もりも忠治にはあるが、命がけでついて来てくれた乾児に感謝こそすれ、好悪や優劣をつけて選別することに踏み切れない。残った乾児全員が親分忠治に同行したいと希望している。忠治はやむなく、全員に残り金を分けての解散を提案するが、乾児たちは納得せず、議論が湧き上がる。はじめは籤引きによる同行者三人の人選がもちあがるが、反対意見がつよく、「入れ札」(乾児による互選)によって決めることになる。乾児の一人一人ははたして自分が選ばれるのか、自信と不安に見舞われるのだろう。以後は忠治から乾児の最年輩の九郎助に視点が移される。
  九郎助は近年働きが鈍くなり、後輩に追い越されたことを自覚していた。<阿兄(あにい)!阿兄!>と立てられても表面的なもので人望が落ちたこと、親分にも軽んじられてきたことをひしひしと感じていた。だがどうしても親分に付いていきたい気持ちは抑えられず、禁じ手を使うことになる。自分の名前を書くのだ。もう一人、九郎助の名前を書いてくれれば二票となり、選に潜り込める可能性がひらける。だが開けてみた結果は九郎助には自分の一票しかなく、選ばれた三人は忠治からも乾児連中からも信頼が厚く、順当だった。さらにおまけがある。仲間の弥助という人が事後、九郎助と同行したさい「お前の名を書いた」と慰めるように語るので、九郎助は憤慨することやりきれないが、自分の卑怯さもあらためて責めさせられる……。
  組織の中で自分がどう思われているか、それほどの評価はされていないのかもしれない。だが結果が明らかになるまでは諦めたくはない、何としてでも這い上がりたいという九郎助の野望である。切羽つまれば、こういうことをやってしまいかねないのが人だと菊池寛は言いたげだ。しかし落ち着くところに落ち着くのだ。それでいいではないかと、わたしは思う。九郎助は入れ札の大きな山を越えて寂しさに暫し浸されたようだが、そこに解放感も自然に付いてくるのではないか。前半は複数の人のなかにある単独の人の秘密めいた心理劇、後半は転換点たる出来事をともに通過しての後のその心理の変化と解放感。そうした過程を巧みに描いた二篇である。

    15:58 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top

菊池寛「藤十郎の恋」「ある恋の話」

  恋愛ともいえない恋愛、恋愛感情の形成やあるいはその持続のみを目的として相手に接するが、それ以上には意図的に進展させない、つまり、性交や同居、結婚などには至らない、そういう特異な男女の恋愛関係が描かれるのが「藤十郎の恋」「ある恋の話」の二篇。恋愛だから対の二人は同時的にその感情を上昇させるものの、二人のうちの一人はその感情の完成だけに満足してしまい、そこに留まる。拒絶するのに等しい。相手にたいしては冷酷このうえない仕打ちで、相手はせっかく燃え上がらせた感情の行き場をうしない、悲嘆に暮れる。
  「藤十郎の恋」は元禄時代を代表する上方の歌舞伎役者といわれる坂田藤十郎(1647~1709年〔正保四~宝永六〕)に題材をとっている。京都や大阪で第一人者としての人気を保っていた藤十郎だが、江戸からやってきた中村七三郎の舞台が好評で、その地位を脅かされる。かねがね自分の芝居に飽き足らなさを抱いていた藤十郎でもあったので、新しい演目を近松門左衛門に依頼する。だが出来上がった本は不義密通を主題とするもので、藤十郎は密夫(みそかお=間男)を演じなければならず、それまで演じたことのない役柄であった。女性を相手にした芝居は「傾城(けいせい)買」と呼ばれる遊女が登場するものが主で、「密夫」のヒントにはなりえない。また藤十郎は女性関係は豊富であったが、不義密通の体験はなく、むしろその品行を自慢のたねにするくらいであった。屈託に沈む藤十郎であったが、不意にその演技開眼の機会に逢着する。 
  宗清(むねせい)という茶屋で舞台の一座で宴会を開いていたときのこと。呑み疲れた藤十郎は宗清の広い敷地のなか離れ座敷にたどりつき休息しようとする。そこへ宗清の主人の女房であるお梶が偶然に入ってくる。お梶は十代の独身の頃「歌妓(うたいめ)」で、評判の美人で、芸能仲間の藤十郎とも交流があり、茶屋の女将であるため今もそれはつづいている。また容色の衰えもない。愛想よく二言三言声を掛け、藤十郎に夜着をかけて立ち去ろうとするお梶を藤十郎は呼び止める。密夫の演技プランに悩んでいた彼にとってお梶の「人妻」というそれまで抑制していた類いの女性が、たいへんな魅力をともなってみえてきて藤十郎に迫ってくる。彼はにわかに恋心を抱こうとするのか。だがここで藤十郎にさらに転換が起る。密夫の芝居をお梶に向って本気でなすのだ。 

その刹那である。藤十郎の心にある悪魔的な思付きがムラムラと湧いてきた。それは恋ではなかった。それは烈しい慾情ではなかった。それは、恐ろしいほど冷たい理性の思付きであった。恋の場合にはかなり臆病であった藤十郎は、あたかも別人のように、先刻の興奮は、丸きり嘘であったかのように、冷静に、
「お梶どの、ちと待たせられい」と、呼び止めた。


  藤十郎は二十年来秘めていたお梶への恋心を必死の形相で一気にまくたて、吐露する。だがそれは虚偽であり芝居に過ぎないのだが、芝居という土台のうえで真実にかぎりなく近づこうとするのが役者の業である。藤十郎はお梶に告白しながら芝居の出来が手ごたえがどれほどのものか、自分を冷静に点検するのだろう。また芝居がお梶の深部にまでとどくものか、お梶の反応をも観察するのだ。したがって芝居の完成度に藤十郎が満足すれば、それ以上に踏みこむ必要はない。芝居のための芝居であって、実際の不義密通をあえてなすこともない、ということになる。藤十郎の告白を真実として受け取ったお梶は衝撃的な最期をとげる。
  藤十郎の新作舞台は、お梶にまつわるスキャンダルもあって大当たりする。また藤十郎はお梶の最期に深手を負ったことで、その芸に<罪深い男の苦悩を、ありありと刻んで>ますます磨きがかけられたとある。
  解説によれば、」菊池寛は坂田藤十郎の言行録に刺激を受けてこれを執筆したとある。藤十郎の冷酷さを憎み、相手の女性に同情したようだ。それに反論するのではないが、恋愛における行き違いは小さな事象なら誰でも思い当たるのではないか。ただ取材に刺激されただけではなく、菊池自身の恋愛体験のいくばくかが反映されているのではないかと、わたしは思うところである。
  「ある恋の話」も真の恋愛にはつながらない恋愛感情を主題とする。だまされる側とだます側として二者をわければ、前者があきらかに気の毒である。だが後者がわたしは最初からそのつもりだった、嘘はつかなかったと言われれば引き下がらざるをえないのかもしれない。藤十郎は言葉でもって明確に嘘を語ったが、この篇の主人公はそうではなく、ただ相手がやむなく誤解したという以上ではない。この主人公の「恋愛ではない恋愛」のほうが、どっしりして安定感がある。
  語り手の妻の祖母が彼に昔話を打ち明けるという形式になっている。分限者の商人の家で育った祖母は「蔵前小町」と評判されるほどの美貌の持ち主であったが、家運が傾き、莫大な借金を背負った親による「政略結婚」によって、後妻をさがしていた同じく分限者の商人に嫁がされる。彼は三十歳の年上であり、祖母よりも年長の子供もいて馴染めない。だが一年後に夫は死去し、祖母は生まれたての娘を連れて離縁する。以後、祖母は再婚話をことごとく退けて生涯独身をとおす。
    祖母の唯一の楽しみは芝居見物。染之助という歌舞伎役者にぞっこんになる。彼は家柄もなく人気もない役者で、表情や所作が「質素」で「普通の人」と変わらないが、そこがかえって祖母の恋心に火を着けた。幼い娘の手をひいて毎日のように小屋通いをする。しかし日常の染之助を偶然目にしたとき、たちまち恋心は冷めてしまう。浅草仲見世の「水茶屋」に入る彼をみたときの印象は<役者らしい伊達なところは少しもな>く、美しく凛々しい<舞台の上の染之助とは、似ても似つかぬほど、卑しくて下品で、見ていられないのですよ。>という痛いほどの落胆を抱かされるものだった。そのときの染之助は、遊び人に誘われて賭場に行こうとしていたのでもある。今でもかまびすしく報じられることがあるが、俳優の発散するイメージとプライベートにおける品行との落差の問題だ。不祥事を起こさないまでも、その落差を知ってファンから降りる人も多いだろう。祖母なる女性も最初はそのつもりだったが、やがて祖母は染之助の像を二分して、役者としての染之助に以後も入れあげつづけるという処し方に落ち着く。祖母の語りによる彼のこの「落差」はそれほど鮮明に描かれてはいないが、祖母の選択はきわめて自然に映る。
  祖母はそのころまだ二十代半ばであり、小町と謳われただけに十分うつくしく、毎日のように小屋に通ってくる祖母に、染之助のほうが恋してしまい面会を申し込むが、祖母はにべもなく断る。ただ一度だけ、江戸を離れることになったさい染之介はやっとのことで祖母に会うことができるが、祖母の気持は動かない。その直前、未練たらたらの手紙を祖母に送る染之助。ふられる≒だまされるほうの反応は「藤十郎の恋」の女性とあまりにも対照的である。
  この女性にあてはめるつもりはないが、禁欲を前提とする恋愛や憧れは、男性よりも女性のほうがより長く安定して持続するものなのかもしれない。


    12:40 | Trackback : 0 | Comment : 0 | Top
プロフィール

seha

Author:seha
FC2ブログへようこそ!

カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
全ての記事を表示する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
リンク